tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

記憶を失って…<つかつく>  番外編




<司side>


あの結婚式1年後につくしが妊娠した。


俺は心配だから、“仕事は産休にしろ‼”と、言うのに、返って来たつくしの言葉は、こうだ。


「妊娠は病気じゃないのよ。
 ある程度、動かなければ、出産する時、大変に成るの⤵。
 出産太りは良く無いの⤵。
 だから、動く事は悪い訳じゃないの⤴。」


と、つくしは言いやがった。


で、つくしは出産ギリギリまで、仕事しやがった。


で、生まれて来たのは、息子二人。
一卵性双子だった。
それが、また、俺に瓜二つの道明寺家のDMAを色濃く残した双子だった。


長男を・次男を』と、名付けた。


つくしは出産後、産休1年を経て、仕事に復帰しやがった。


しかも、俺には一切、相談せず、ババアに相談って、如何よ⤵。


そんなに俺は頼りないかよ⤵。


つくしに言わせれば、『女の気持ちは女でないと分からない』が、つくしの持論だ。


ふざけんな‼


俺はお前の身体が心配だから言うんだろうが…⤵。


まあ、でも、俺も焼きが回って来たのか、“仕事をしているつくしも好きだ。”って、思うんだから、仕方ねぇわな⤴。




つくしの失ってしまった記憶はあれ以来、一切、つくしは取り戻していない


だが、最近は、その方がつくしには幸せじゃねぇのかと、俺は思うように成って来た。


つくしの失ってしまった記憶の中には、実父母の牧野の親父さんとお袋さん、それに、弟の進の事も思い出す事に成る。


それに思い出したくない俺の汚点では有るが、俺の過去の政略結婚の事も思い出す事に成る。


成らば、このままの方が、つくしは幸せだろう⤴。


だが、ここ最近では、つくしは記憶を取り戻したんじゃねぇかと、錯覚するくらい、高校生の頃のつくしの面影を醸し出してきた。


真面目は元々だが、頑固で、正義感が強くて、こうと決めたら一筋縄ではいかない所とか…。


まあ、どんなつくしでも、俺はwelcomeだから、良いけどよ⤴。


つくしがつくし成らば…⤴。


つくしが幸せなら、俺も幸せだから…⤴。



つくし、俺を幸せにしてくれて、有難な‼



今、此処で誓っても良い‼



もっと、今以上につくしを幸せにして遣るよ‼


覚悟して於けよ、つくし‼



fin





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。