tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく> 18.


【花沢つくし 編  18.】


総二郎×優紀 と あきら×桜子 は、久し振りに4人会を開催した。


「4人で会うのは久し振りだな。」
「ああ、ここ最近は忙しかったからな、桜子とも、時間を会わせるのが大変だしな。」


「こっちも、そうだよ。」
「何、言ってんですか、西門さん?」


「ああ??」
「しっかり、優紀さんを内弟子に取り込んで於いて…。
 聞いた時はびっくりしましたよ。」


(良くまぁ~、そんな事、しらっと、言えましたね?
 私が知らないとでも思っていたんですか?   by 桜子)


「………」


(桜子にバレてやがる…。
 何故、桜子に知られてんだ…。   by 総二郎)


「偶には、優紀さんを私に貸して下さいよ。」
「ああ??  
 優紀は物じゃないんだよ‼」


「総二郎、マジか?
 お前、本気モードだよな。」


(総二郎、気持ちを解禁させた途端、これかよ~。   by あきら)


「良いんだよ、俺らはそれで…、なぁ~、優紀。」


優紀の肩に腕を回しながら、総二郎は優紀に目配せをして見せた。


「お前なあ、自分の彼女を惚気させて、どうするんだよ~。」
「西門さん、エロ過ぎ~。」
「うるせ~、お前ら二人‼」


あきらが雰囲気を変える為、話題を変えた。


「それはそうと、もうすぐ、司がご帰還らしいな。」
「道明寺さん、やっとですか?」


「先輩、大丈夫ですかね?」
「つくし、まだ、記憶、戻ってないんですよね?
 道明寺さんが帰って来て、一波乱起きなきゃ良いんですが…。」
「優紀、変な事、言うなよ。
 本当になりそうで怖いわ。」


「猛獣使いは、卒業させてくれぇ~‼」


あきらの切実な遠吠えが響いた。


「ところで、花沢さんはまだ帰って来られないんですよね?」
「そう言えば、3年はフランス支社って、言ってたよな?」
「という事は、司に取っちゃあ、鬼の居ぬ間に…って、やつだよな。」


「もし、滋までドバイからご帰還って、事になりゃあ、大変な事になるぞ。」


全員、武者震いが起きた。


「猛獣使いだけでは、済まなくなるぞ~。」
「今の平和を帰してくれ~‼」


一体、この平和は何時まで持つ事やら…。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。