tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

慕情そして恋情…<つかつく>  18.




つくしが女の子を出産した。


名前を『蘭』と、名付けた。


喜んだのは、司だった。


何故なら、容姿がつくしそっくりだったのだ。


お見舞いに来ていた椿が、つくしと蘭にデレデレの弟の司を見て、翼に嘆いて居た。


「翼、ちょっと、見なさいよ?
 あなたのお父さん、如何成ってるの?」
「椿伯母さん、諦めて…。
 蘭は、母さんにそっくり何だし、父さんを攻めても、多分、攻めた方が疲れるだけだ
 よ。」
「翼は、司にそっくりだから、何か、話しのテンポが崩れるのよね。
 馬鹿な司に対して、容姿は同じなのに、賢くて、物分かりの良い甥っ子の翼。
 翼は、司の賢い版ね。
 ほんと、中身はつくしちゃん似で良かったわ。」
「買い被り過ぎだよ。」


病室で、椿と翼がこんな話しをして居るなど、司とつくしは気付かずに居た。



其処に、F3&T3がお見舞いに来た。


「先輩、身体の具合は如何ですか?」
「有難う‼
 久々だったから、ちょっと、疲れたかな。」


優紀も声を掛けた。


「つくし、顔色は良さそうだね。」
「心配掛けたね、優紀。
 有難う‼」


F3は、絶対、病室に、司は居るだろうと、踏んでいた。


「おお、やっぱり、司、居るのかよ。」
「如何いう意味だ‼
 此処に居るのは、俺の妻に、俺の娘なんだ。
 此処に居て、悪ぃのかよ⁉」
「って、言うか、現在、此処が父さんの住まい…⁉
 はぁ~。」


翼は、溜息を此れ見よがしに、見せながら付いていた。


「翼、ヤキモチを焼くな‼
 父さんはお前も大事だぞ‼」


司は翼の肩を抱き締め乍ら、言っていた。


「父さん、俺は、もう、高校生なの‼
 いい加減にしてくれる?」


此れが、現在の翼に対する司の愛情表現で有る。


翼は、そろそろ、鬱陶しくなって来ていた。


F3は、翼を、憐れ見る様に言っていた。


「「「翼、大変だな‼」」」


翼は大きい溜息を付いた。


はぁ~⤵。



皆が帰り、つくしの夕食も済んだ頃、楓が病室に入って来た。


「つくしさん、お疲れ様。
 そして、つくしさん、有難う‼」


楓は泣きながら、つくしに話ししていた。


「つくしさん、貴女が、司を男にしてくれたのね。
 本当に、有難う‼」
「いいえ、私は、何もしていません。
 寧ろ、傍に居ただけです。」
「ええ、それで良いの。
 これからも、司の傍に居てやってね。」


楓は、蘭のベビーベッドの傍に行き、蘭の顔を見た。


「良かったわ、つくしさん似で…。
 司みたいな子だったら、如何しようと思って居たの。
 苦労するのは、私だけで充分ですからね。
 抱かせてもらって良いかしら?」
「はい、抱いて遣って下さい。」


楓は、更に、泣きながら、蘭を抱き上げた。



楓は、こんな日が来るとは思わずに居たのだから…。


仕方無い事なのかも知れなかった…。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。