tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

bad love…<つかつく>  9.




類は、確信を付こうとしていた。


「で、あんたは如何したい訳?」
「えっ??」


つくしは、次は自分に降り掛かって来るとは思わずにいた。


何せ、つくしは、ずーっと、俯いたままの状態で居たのだから…。


「これからの事だよ?
 司の事は嫌い?」
「えっ??
 そんな事は…。」
「そうだろうね‼
 あんたの性格なら、嫌いな男性とパーティーの様な人目に触れる所で、パートナーをし
 たいとは思わないよね。
 だったら、司の事は好き何だ?」


つくしは、“この人、何なの?”と、武者震いを起こしていた。
つくしは、何もかも、見透かされて居る様で、怖かったのだ。


「それも分からなくて…。
 今回のパートナーの件は、父親から言われた事だから…。」


つくしは、俯いたまま、類の質問に答えていた。


「それは、お姉さんを見捨てられないって事?」
「私は姉を見捨てる気は毛頭有りません。」
「ふ~ん、それじゃあさあ、道明寺HDとの提携話も断るんだ?」
「それは、出来ないと認識しています。」
「それって、狡くない?
 結局、何方も、有耶無耶にしようとしてるじゃん?」
「そんな事は…。」


司は居た堪れなくなり、類の言葉を制止し始めた。


「類、もう良いから、止めてくれ‼
 つくしが悪ぃ訳じゃねぇだろ?
 俺がつくしを好きに成らなければ、こんな騒動を起こさなくても良かったんだろ?」
「じゃあさあ、司はあの子を諦められるの?」


司は、無理に決まってるだろと、言わんばかりに、類を睨み出した。


「ほら、司のその俺を睨め付けてる目付き、あの子を諦め切れないんだろ?」
「当然だろ‼」
「だったら、如何していくか、揉める前に決めて於いた方が良くない?
 本人は、お姉さんも見捨てられない。
 司の事も、道明寺HDとの提携上、断る事も出来ない。
 しかも、司の事も嫌いじゃない。」


つくしは驚愕していた。
今までの自分自身の人生は、全てが曖昧だった。
他人(ひと)と競う事』・『他人(ひと)を傷付ける事』、全てから避けて来た人生だった。


それが一番、楽だったから…。


でも、今は、何方かを選べと言われている。
何方かを選ぶ事はつくしには出来ない。
そんな、選択を今までして来た事が無いのだ。
つくしには出来る筈が無かったのだ。


しかし、類には分かっていた。
今まで、選択肢と言うハードルの中で生きて来なかったで有ろうつくしに、“何方かに選択をしろ‼”と、言われたからと言って、そう易々と、選べる事は出来ないだろうと…。


他人(ひと)に傷付けられる事は有っても、他人(ひと)を
 傷付ける事を嫌う人種何だ。』と、類はつくしを分析したのだった。


反対に、滋は、
他人(ひと)を傷付ける事は有っても、他人(ひと)から傷
 付ける事を嫌う人種何だ。』と、悟ったのだった。


だから、『滋はつくしと居る方が居心地が良いのだ。』とも、悟ったのだ。


だったら、司にも同じ事が言えるのかと…。



類は、つくしの事を、“『猛獣使い』決定だな‼”と、認識したので有った。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。