tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

bad love…<つかつく>  11.





【中学校からの親友の優紀と待ち合わせ場所のカフェにて】


<優紀は、つくしの現在の現状を知る数少ない友人(親友)の一人なのだ。>



優紀が、先にカフェに来ていた。


「優紀、ごめん。
 遅れちゃった?」
「ううん、そんな事無いよ。
 時間が有ったから、ちょっと、早目に来てただけだよ‼」
「そうだったんだ。
 良かった‼
 この間は、TELで遅くにごめんね?」


そうなのだ。
優紀には、進も含めて、大河原家の養子に成った事・道明寺HDの御曹司の司と付き合う事に成り、婚約せざる負えなく成って婚約した事を、TELで話しして居たのだった。


「良いよ。
 大変そうだね?」
「まあ、そうだね。
 毎日、TEL成り、LINE成り、入って来るから大変…。」


優紀は驚愕していた。


「………大変そう‼」
「TELに直ぐ出ないと、鬼TELが始まるし、LINEの既読が無いと、“如何した?”から始 
 まり、既読するまで、LINEが入り始めるから、携帯が手離せなく成って来て、業務に
 も支障を来たす様に成って来たんだ…。」


優紀は更に、驚愕していた。


「それって、大変じゃん。
 誰かに相談しないの?」
「相談したよ。
 パパにね…。
 パパ、何て言ったと思う?」


“お金持ちに養子…。”って良いなと思っていたけど…。
“お金持ちにも、大変な事は有るんだ…。”と、悟った優紀だった。


「何か聞かなくても分かった気がする?」
「でしょ?
 “良かったじゃないか?
  其処まで、惚れられれば、本望だろう。”だって…。」


優紀は、“やっぱり…。”と、思っていた。


「で、如何するの?
 もう、嫁ぐ事、決定?」
「取り敢えず、お付き合い段階だから、もう、無理って思えば、お断りしようかと、画策
 中。」
「でも、そんな事したら、支障を来たすんじゃないの?」
「う~ん、それは間違いないかも…。
 もう、今更な様な気がするよ。」


優紀は、つくしの将来を悲観していた。


「いい加減にして欲しいよ。
 私の気持ちは何処に有るんだっつーの‼」


優紀は、つくしが相当、貯めこんでいる気がしたので、飲みに行く事を誘ってみた。


「つくし、今日、この後、飲みに行く?
 久し振りだしさ。」
「うん、そうだね。
 そうしよう‼」


と、つくしと優紀の話しが決まった所で、司からTELが入った。


「ごめん、彼からだわ…。
 出て良い?」


優紀は頷いていた。



実は、自分(つくし)が大河原家の娘と成った事は、世間ではそれ程、知られて居ないので、優紀と居る時は、司と婚約して居る等、司の名は伏せて話ししていた。


つくしは司が付けているSPがつくしに付いて居る事を全く知らずに居たのだ。
勿論、本来は大河原家のSPも付いて居たのだが、司が、つくしが常に何処に居るか知る為に、司が手配する事を大河原家側に了承を得ていたのだ。


なので、司はつくしが、誰と一緒に居て、何処に居るかは分かっていて、司はつくしにTELを掛けていた。




<一部、訂正を掛けています。
 申し訳ありません。
                       2018.11.03>





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。