tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

切な過ぎる二人…<総優>  5.




其処に、あきらと類が、部屋に入って来た。
打ち合わせ通りに、話しを進めて行く桜子と滋だった。


「まあ、美作さんと花沢さんも起こしだったんですか?」
「ああ、司に誘われてな‼
 司が牧野を拉致ったんだろ?
 今から、カラオケにでも行くか?」
「うんうん、行く行く
 桜子も優紀も行くでしょ?」
「ええ、そうですね。
 優紀さんもご一緒しましょ‼」


其処に、総二郎が、顔を出してきた。


総二郎の顔を見た優紀は、驚愕して、皆と離れ様としていた。


「すみません。
 少し、酔ったらしいので、酔い覚ましに外の風を浴びて来ます。
 なので、先に向かってて下さい。」


そう言って、優紀は、総二郎の横を横切って、ドアを開けて廊下に出た。


総二郎は、優紀の後を追う為に、あきらに声を掛けた。


「あきら、悪ぃ‼
 俺、優紀ちゃんを追い掛けるわ‼」
「ああ、分かった。」


総二郎は、優紀の後を追い掛けた。


ふら付いて居る優紀に声を掛けたくなった総二郎だったが、取り敢えず、後を追うだけに留めていた。




優紀は、屋上に出ていた。


「ああ、やっぱり、この時期の夜は、肌寒いわ…。
 でも、酔い覚ましには丁度良いかも…。」


優紀は、自然と、涙を流していた。


「何で、私、涙を流しているんだろ?」


優紀は、涙を拭いながら、ベンチに腰掛けていた。


総二郎は、優紀にバレない様に、優紀の背後の物陰に隠れて、優紀の独り言をそっと聞いて居た。


「ああ、何で、私、今日、就いて来ちゃったんだろ?
 今日、来るんじゃ無かったな…。
 もしかしたら、取り返し付かないんじゃない⁉
 如何しよう…⁉
 パンドラの箱の蓋、空けちゃった⁉」


優紀は溢れて来る涙を如何する事も出来ずに、声を出さずに、俯いた状態で泣いていた。



総二郎は、居た堪れなかった。


総二郎は、心の中で、思いを語っていた。


“もしかして、それって、俺の事だよな、優紀??
 俺、如何したら良い?”


総二郎は、背後から、優紀に近付いていた。


そして、思わず、無意識に優紀の背後から、総二郎は、優紀を抱き締めていた。
そして、優紀の肩の上に総二郎の顎を乗せた状態で抱き締めていた。


「えっ??」


優紀は、抱き締めている人物が、背後から伝わる香りで誰だか分かって居た。
忘れられる筈等無いのだから…。


「西門さんっ??」
「優紀、このまま、居て良いか?」
「ダメです。
 誰に見られるか分からないですし、この状況を誤解されたら、西門さんが困られる事に
 成りますよ‼」


総二郎は、首を傾げて言って来た。


「何で、俺が困るんだよ?」
「だって、西門さん、婚約されているんですよね?」


総二郎は…。
“チェッ‼
 優紀は知って居たんかよ…⁉”と、ショックだった。


「それは、親が勝手に決めた相手で、俺は、誰だかも知らねぇし、顔も見た事ねぇ 
 し…。」
「だと、しても、婚約者の居る西門さんと、私が一緒に居る所を見られたら、誤解だけで
 は済まないと思います。」


優紀が言わんとしている意図が分からないと言いたい総二郎だった。


「俺は、誰からも誤解されても構わねぇ。
 しかも、誤解されて、困る事はねぇよ‼」
「私が、困るんです。」


総二郎は、怒り気味で優紀に聞いて来た。


「何でだよ⁉」
「私は、此処で、生活して居ます。
 私は、此処で生きて居るんです。
 もう、静かに生活したいんです。」
「俺とじゃ、それは出来ねぇって言うのかよ?」
「はい‼
 西門さん、いい加減、腕を外してもらえますか?」
「嫌だ、外せねぇよ‼」


優紀はもがいて、総二郎から離れ様としていた。


それに、気が付いた総二郎は、寄り一層、総二郎の腕の中に優紀を封じ込めていた。


「優紀、俺は、優紀が好きだ‼
 もう、優紀以外、俺は受け付けられねぇよ‼
 俺は、どんな婚約者だろうが、俺には、知ったこっちゃねぇ‼
 俺は、優紀以外、要らねぇよ‼」


総二郎は、懇願する様に、優紀に言って除けていた。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。