tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

切な過ぎる二人…<総優>  14.




『F4&T4LINE』に、司からLINEが入って来た。


『よっ、総二郎、何時(いつ)の間に、お前等、入籍を済ましてんだよ‼』
『つい、この前。
 …って、何で、司が知ってんだよ?』
『親父が、総二郎の父ちゃんから、聞いたらしくてよ…。
 俺等も、入籍を速める事に成ったんだわ‼』
『ああ、そう言う事か⁉
 じゃあ、良かったじゃねぇか?』
『まあ…な。』
『俺等のお陰だろ⁉
 不服そうだな。
 何が不服なんだよ⁉』
『何で、先に婚約して居る俺等より、お前等の方が先に入籍してんだよ⁉』
『はぁ~??
 そんなの自由だろ⁉
 何時(いつ)入籍しようが…⁉』
『………』(×6)


滋が呆れて、異を唱えて来た。


『あのさぁ、あんた達、二人…。
 未熟過ぎやしませんか?
 あんた達のお相手のつくしと優紀が、可哀想でしょ?
 どっちが先でも良いでしょうが…⁉』
『俺は、拘るんだよ‼』
『流石、司っ‼』
『おいおい、類、其処かよ⁉』
『でも、一歩、譲ったとしても、本当に、似たり寄ったりですわ…。
 道明寺さんと西門さんって⁉』
『はぁ~??』(×2)
『だって、そうですわよね?
 先輩、優紀さん?』
『えっ⁉』(×2)
『だって、道明寺さんと西門さんのお二人の野獣振り…⁉
 だから、順位に拘られるんですよね?』
『………』(×2)
『先輩も優紀さんも、そう思われていますよね?』
『………』(×2)
『如何なんだ、つくし?』
『応えろよ、優紀?』


応えられずに居た、つくしと優紀だった。


つくしと優紀は、後で、責められて居たのは、言うまでも無さそうだったけど…。



<優紀side>


私は、心の中で、“桜子さん、もう、止めてぇ~‼”と、叫んでいた。


だって、直ぐ横には、総二郎さん(あれから、呼び名を訂正させられた。)が、居るんだもの…。


総二郎さんの顔付きが怖い…きゃあ~


LINEだけじゃなく、真横で、聞かれていた私だった。


「優紀、お前もそう思ってるのか?」
「えっ??」


キョトンとした顔付きに、私の顔が成って居たんだろう…。
総二郎さんが、むすっとした顔に成り、私を見詰めながら言って来た。


「桜子が言う、『野獣振り』…。
 司だけじゃなく、優紀は、俺もそうだと思ってんのか?」
「いいえ、滅相も御座いません。」
「そうだよな、優紀っ‼
 優紀がそう思ってねぇなら、誰に何と思われ様が、全然、良いわな(笑)‼
 今日も、可愛がって遣るから…な‼」


“だから、それが、“野獣だ‼”って、言われる所以なのよぅ~‼”


私は、声に出して言えない分、心の中で、思いっ切り、叫んでいた。




そして、世間では、総二郎さんと私の例のTwitterの件が、未だに言われていた。


実は、ほとぼりが冷めるまで、そのままにしていたのだ。


そしたら、世論が煩く成って来て、お義父様が、総二郎さんと話ししていた。


総二郎さんは仕方なく、対応する事に了承していた様子だったが…。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。