tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

Xmas party【もしも類とつくしが兄妹だったら(家族編)】…<つかつく>  番外編②




<『番外編①』の『…<つかつく>』が、抜けておりました事をお詫びします。
 訂正致して折ります。    2018.12.23>



【道明寺つくし 編】


あれから、子供達は、NYに渡米出来る事を興奮状態にある様で、夜は、寝かし付けるも、中々、寝てくれなくて…。
つくしは、困っていた。


つくしは、早く言い過ぎた事を後悔していた。


何せ、16日に司から連絡が有り、その日のうちに、つくしから子供達に伝えていた。


つくしは、“早まったか?”と、心の中で、項垂れていた。



しかし、タマは、予想が付いていた。


子供達は、ママの事が、一番好きだが…。
パパの事も大好き‼


父親が仕事で、日本に居ない事は、子供達は、幼少成りにも理解しているが…。
やはり、寂しさは、拭えて居なかったのだ。


夜も、子供達が寝てから司が帰宅する事も度々あり、朝食時には、既に、司が出勤して居ない事も度々ある。


それでも、子供達にとって、父親が、日本に仕事で居ないという事は、寂しさが有ったのだ。


特に、子供達にとって、一年で2番目に大きい年間行事に、毎年、父親が不在という事は、寂しさを隠せないで居たのだ。


そんな時のNYへの渡米の話しが、母親からされたのだ。


子供達に、“興奮するな‼”と、言う方が酷な話だと、思うタマだった。



そして、つくしにとっては、漸く、渡米の日が来た。


朝食時に、子供達に、つくしから、今日のコトの説明がされていた。


「今日は、夕方には邸を出て、飛行機に乗って、NYに行くからね。
 ママも、15時には帰って来るからね。
 翼、頼んだわね。」
「うん、分かってるよ。
 僕が、しっかりしないといけないんでしょ?」
「そうよ。
 翼は、男の子だし、一番上のお兄ちゃん何だから、蘭と翔とすみれを頼んだわよ。」
「うん、任して‼」


つくしは、頼もしい翼を、微笑んで見ていた。


翼も、一番上のお兄ちゃんとして、つくしから頼られる事を誇りに思って居た。


ドヤ顔の翼が其処には居たのだった。



こうして、出発当日の夕方に成り、つくしと子供達は、NYに渡米する為、飛行機に乗り込んでいた。


司には、日本のSPから、離陸した事を伝えられていた。


司は、リムジンで、JFK空港に迎えに行く事を計画し、西田にも、スケジュール調整をする様に伝えていた。


なので、時間計算して、いつもの3倍速で、仕事を熟す司が、執務室に居たのだった。


西田は、密かに、“いつもこうなら、遣り易いのですが…?”と、心の中で悪態を付いていた。


面と向かって司に言えば、遣る気を失い兼ねないので…。
面と向かって言えない西田が其処には居たのだった。


“やれやれ…。”の西田だった。



そして、つくし達一行は、日本を21日19時に離陸し、JFK空港に21日5時に着陸予定だった。


司は、仕事終わりのまま、直接、リムジンに乗り込み、JFK空港に向かった。


21日の司のスケジュールは、お昼過ぎ頃までは休んで、夕方からの会食だけにした。


その為、スケジュールを前倒しして、頑張ったのだ。



一方、つくし達は…。
空港に着いた時は、既に、子供達は、皆、眠ってしまって居たらしく、SPに抱き抱えられながら、ロビーに出て来た。


司は、蘭とすみれを抱き抱えているSPに一睨みしていたが…。
子供は、4人も居るので、仕方ないと悟った司だった。


そして、司は、つくしの腰に腕を回し、エスコートして、リムジンに乗り込んだ。


広い筈のリムジンも、子供が4人も寝てしまうと、狭く感じるのは仕方なかった。


特に、翼と蘭と翔は、流石、司の子と言うべきか?
翼と翔は、同年齢の子供の標準身長より、5~6㎝は高かった。
蘭でも、3㎝は高かった。


その為、翼と蘭と翔が寝て居れば、見た目、窮屈そうに見えるのは否めなかった。


それでも、司とつくしは、微笑ましく子供達を見ていた。


子供達の成長が嬉しかったのだ。



そして、NYの道明寺邸に着いた。


保と楓は早目に起床して、リムジンが到着する事を、今か今かと待ち詫びて居た。


そして、執事寄り、リムジンの到着の報告が入ると、一目散に玄関に現れ、子供達を待って居た。


だが、寝てしまっていた為、子供達は、SPに抱き上げられながら、子供部屋に向かって居た。


そして、司とつくしに一言だけ、伝えた楓だった。


「あなた達は、此処で良いわ。
 どうせ、司は、今直ぐにでも、つくしさんと、二人っきりに成りたいんでしょ?
 だから、お二人で、司の部屋に向かいなさい。
 つくしさん、子供達の事は、此方に任せて頂戴。」
当然だ‼
宜しくお願いします。


司とつくしの声が、同時にロビーに響いた。


何故なら、楓は、そう言いながらも、そそくさと、子供部屋に向かって行ってしまって居たからだった。


司とつくしは、慌てて、楓に伝える為、声が少し大きくなってしまっていた。


唯、朝方の為、まだ、メイドも奥に控えて居て静まり返っているので、司とつくしの声が、ロビーに響き渡って居たのだった。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。