tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく> 27.

<本日も連続投稿しています。 26.が短めですので、ご了承お願いします。>


【花沢つくし 編  27.】


美作邸にて…


秘書にごちゃごちゃ言われたが、仕事を早めに切り上げて、あきらが帰って来た。


「あら、あきら君、今日は帰って来るのが早いのね?」
「あいつらと今日、此処で待ち合わせだから、もう直ぐ来ると、思うけど…。」
「分かったわ、美味しいケーキ焼かなきゃね。」
「お袋、あんまり張り切らなくても良いからな。」


そこに、滋と桜子が入って来る。
遅れ馳せながら、総二郎と優紀が入って来る。


「皆さん、いらっしゃい。
 今日も、ママ、皆さんに来てもらえて嬉しいわ。
 飛びっきり美味しいケーキを焼くから食べてね。」


「「「お邪魔しています。
   有難うございます。」」」


夢子ママは、張り切ってキッチンに戻って行った。


「はぁ~⤵。」 


“いい加減にしろよ、お袋。”
声に出せず、溜息が漏れたあきらであった。


「で、何で今日は集められたんだよ。
 って、滋、桜子を追い掛け廻してんじゃねぇよ。」
「えっ‼
 何で、あきら君まで知ってんのよぅ~?」


滋に何か聞かれる前のタイミングで、夢子ママに呼ばれた桜子は、立ち上がってダイニングの方へ行く。


「ねぇ~、桜子ちゃん、お手伝い頼めるかしらぁ~?」
「はい、おば様、お手伝いしますね。」
「おば様なんて、他人行儀な言い方、言わないでぇ~。
 良かったら、お義母様でも良いわよ。」


そこに桜子大好き、美作シスターズが部屋から出て来て、ダイニングに入って来た。


「「あっ、桜子お姉ちゃま、いらっしゃいませ‼」」
「絵夢ちゃん、芽夢ちゃん、こんにちは!」
「「桜子お姉ちゃま、今日もゆっくりしていけるの?」」
「どうかなぁ~?
 それは、お兄ちゃまに聞いて~。」


この展開をどう見れば良いのかと、滋は悩んだ。


小声で…
「あきら君、あそこで繰り広げられている、あの会話は何?」
「そう言う事だよ。」
「はぁ~??
 ちょっと~??
 どうなっているのよぅ~??
 あきら君と桜子は付き合っているって事?」
「野暮な事は聞くな‼」


滋は改めて、総二郎と優紀の方を向いて…
「ちなみに聞くけど、優紀‼
 ニッシーの隣に座っているって事は、そういう事って訳?」
「滋さ~ん‼」
「滋、優紀を苛めるな‼」


「はぁ??
 “優紀”って、呼び捨て??」


だ・か・ら、そう言う事、何だよ。
 野暮な事は、聞くなよ‼」


「はぁ~⤵。」


滋の心の声が溜息として出てきた。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。