tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

初詣【もしも類とつくしが兄妹だったら(家族編)】…<つかつく>  後編




<司side>


俺は、つくしが、つくしの独身時代の自室に籠るんだったら…。


“俺も、勿論、つくしと一緒だろ⁉”と、つくしを言い包めた。


だが、つくしは、俺を警戒している。


俺とつくしは、夫婦だっつーの‼


何故、一緒に寝れねぇのか?


有り得ねぇだろ?



つくしのお袋さんからの言葉にも疑問を呈していた。


「つくし…。
 久し振りにつくしの自室で休んだら…⁉
 懐かしいかも…でしょ⁉
 だから、司さんは、客間に案内させるわね?」


其処で、類が、揶揄って来やがった。


「母さん…⁉
 司が、つくしと離れられると、思うの?
 否、司が、1泊だろうと、目の前につくしが居るのに、離れて寝れると、思うの?
 そんなのは、司には、無理だから…‼」


俺は、居た堪れなかった。


否、類の言う通りなんだけど…よ。


此処(花沢邸)は、つくしの実家で…。


俺は、血の繋がりもねぇ、他人の様な者で…。


大人しくしてるのが、正解かと思うのに…。


類は、俺の奥底にあるモヤモヤを抉るが如く…、突いてきやがる。


仕方なく、何も、言わずに居ると…。


類から、飛んでもねぇ言葉を言われた。


「司、今日は、偉く大人しいじゃん‼」


心の中で、類に悪態を付いて於いた。
“はぁ~??”


面と向かって言えねぇのが、癪に障る。


ほんと、遣ってられねぇ‼



だが、俺は、しっかり、つくしの部屋に入り、動かず、一緒に寝たのは、言うまでもねぇ。


で、しっかり、つくしを堪能させてもらった。


当り前ぇだけど…よ。



後で、類から、白い目で見られたけど…よ。


知るかよ‼


どうせ、類も、遣る事、遣ってんだろ?



<つくしside>


ほんと、司の鬼畜振りは、如何しようも無い‼


此処は、他でもない。
私の実家だっつーの‼


パパは、この事は無視状態だけど…。


朝、リビングルームに行くと…。
私は、ママから、何か、ジト目で見られている気がした。


本来は、司とは、夫婦なので…。
何を言われても良い筈なんだけど…⁉


ママは、私以上に、こういう事は、疎いらしい⁉


“良くもまぁ、パパの奥さんを遣ってるわよね⁉”って、言いたくなった。



で、帰り際、翼と蘭と翔とすみれにパパから、お年玉が渡された。


去年までは、“お金の価値が分かるまで、お年玉寄り、プレゼントで良い‼”って、私が伝えていたので、プレゼントだったけど…。


“孫達も、そろそろ、お金の価値が分かって来ただろ?”と、パパから言われ、お年玉で、了承したんだけど…⁉


子供達は、喜んで居るのだが…⁉


中身を見たら…⁉


この年の子供にしては、高額過ぎて…。
目が点に成ってしまった。


だって、5万円が、4人それぞれに入って居たんだもの…。


“幾らなんでも、限度ってものがあるでしょ?”と、言いたくなった。



司からは…。


「俺等の世界では、これ位ぇは、当り前ぇだろ?
 まだ、庶民の金銭感覚は、覆されて居ねぇのか?
 お前は、花沢家の令嬢だろ?」


って、言われたけど…。



これって、庶民とか、セレブとか…。
関係あるの?


一応、私の高校2年までは、庶民の代表 牧野家で育てられたんだから…。


そう簡単に、感覚は、覆せないだろうけど…。
何か、“有り得ないっつーの‼”と、言いたくなった。



だって、お義父様から送られて来た子供達のお年玉は、一人一人に10万円も入って居たんだもの…。


如何も、お義父様は、パパに聞いて、“花沢家寄り上の金額を渡さないと、内孫の値打ちが無い…。”と、お義母様と、話し合ったとの事…。


眩暈がして、くらくらしたわよ。



だから、子供達には、“ママが預かって置いて、欲しい物が出来たら、お金を渡して上げる‼”って、言って於いたわよ。


将来の子供達の金銭感覚に、不安を感じた、新年早々の出来事と成った。



fin



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。