tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく> 30.


【花沢つくし 編  30.】


連れ出す事に成功(?)した司はつくしと一緒にレストランで食事をしていた。
今日は、司はつくしに思いの丈を伝えようと思っていた。
つくしの顔を見れば、怒っているのは当然で、取り敢えず、司はゴマ擦り体制に入っていた。


「怒っているよな?」
「当然ですよね。
 あんな連れ出し方して…。」


常に、横暴で強引な司のしょんぼりしている姿を見て、つくしは可哀想になり、つい…。


「反省しているんですか?」
「反省してる。
 許してくれるんか?」


司の作戦とはつくしは知らず、司はして遣ったりである。
つくしは段々、司の思惑に、知らず知らずの間に嵌ってしまっていた。
つくしは、司の迷路を抜け出せるのか?
迷宮入りの要素を蓄えていた。


「許すも許さないも、道明寺副社長次第だと思いますけど…。」
「その役職呼びは止めてくれねぇか?
 折角、一緒に居て、食事して、ムードってもんがあんだろ。
 仕事じゃねぇんだからよ。」
「じゃあ、何てお呼びすれば宜しかったですか?」
“司”で、良いんじゃねぇ?」


お前の“道明寺”呼びもスゲェ好きだったけどな、長らく呼ばれてねぇからな、お前の声で、“司”って、呼ばれてみてぇんだよな。


「はぁ~??」
「ダメか⤵?」


あぁ~、その顔、止めて~、その顔に弱いんだってばぁ~。


「プライベートだけで良いからよ。」
「呼ぶとしても、プライベートだけなのは当然です。
 考えさせて下さい。」
「考えないといけないのかよ⤵。」
「当然です。」 (司の顔を見ない様に言う、つくし…。)


やっぱりダメなのかよぅ~。
情けねぇ、泣きそうだわ、俺(苦笑)。


「私達は、お仕事上のお付き合いです。
 恋人でもないのにお名前で呼べる訳、無いですよね?」
「恋人なら、良いのか?
 じゃあ、今すぐ、恋人になろう⤴。」


お前の言葉で一喜一憂してる俺って、お前に翻弄されているよな。
でも、悪くねぇんだわ。


「はぁ~??
 ぶっ飛んでますよ⤵。」


もう、いい加減にして欲しい、横暴、副社長さん‼


「俺は何時だって、100%本気だ。
 否、120%か?」


「はぁ~??」


心の声が思わず、漏れているつくしであった。


「仕方ねぇなぁ、おまえの気持ちが固まるまで待って遣るよ。
 俺は意外と我慢強いんだわ。
 それに、(お前だけは)待つのは慣れているんだわ。」


司は、あと少しで、つくしが俺に堕ちてくると、期待に胸を膨らませていた。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。