tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

後悔と言う名の元に…<つかつく>  6.




<司side>


俺は思わず、つくしの先輩と言うつくしの主治医に背後から声を掛けていた。


「おい、つくしの主治医だな。
 つくしの病状を詳しく教えてくれ‼」
「あの、貴方はつくしとは如何いう御関係でしょうか?」


俺は、躊躇した。
蘭の言葉を思い出したからである。


母とは、それ切り、疎遠になっていたって事ですよね?
 なら、会わせられないです。』



だが、“俺はつくしを救いたい‼
“もう、後悔だけはしたくねぇ⤵。”
その一心だけで、つくしの先輩に白状した。


「つくしは、俺の女だ‼
 翼と蘭の事を知っている様だから言うが、俺が翼と蘭の父親だ。」


つくしの先輩も理事長も、翼と蘭の事は、幼少期から良~く知っている。


つくしの先輩も理事長も、この男 道明寺司が、翼と蘭の父親だと言うように、翼が容姿だけでなく、性格も似てるで有ろう事は、他人とて理解出来る。
(つくしの先輩も理事長も、一目見ただけで、既に、この男性が『道明寺司』だという事
 は認識していた様だった。)


だからと言って、身内じゃない相手に個人情報を言える訳がない。


「例え、つくしと恋人関係だと言われても、配偶者じゃない貴方に、つくしの個人情報を
 お伝え出来る訳がありません。
 医者の執務執行妨害に当たります。
 お許しください。
 ですが、独り言を言う成れば、つくしに手術をお勧めします。」


俺は如何すれば良いのか悩んだ。


俺は翼と蘭に会う事でこの状況を乗り切ろうと考えた。
そして、翼にTELを入れた。


「翼か?
 父さんだ‼」
「『父さん』??
 俺には父親は存在しません。」
「………。
 翼、俺を許してくれねぇか?
 これからは、お前等の幸せを守るだけでなく、つくしの病気も直して遣りてぇんだ
 ⤴。
 頼む、翼‼
 俺と一緒に、つくしの主治医に会ってくれねぇか?
 今の俺は、つくしの配偶者じゃ無ければ、家族でもねぇ⤵。
 今の俺の現状は、つくしには何もして遣れねぇんだ⤵。
 翼、俺をまだ父親だと思えねぇなら、それでも良い⤵。
 でも、俺は今でもつくしを愛してる‼
 つくしを守りてぇんだ‼
 ダメか、翼‼」


翼は一言も発しなかった。
唯、小声で一言、言ってくれた。


分かりました。


そして、病院の入り口で待ち合わせする事に成った。
其処に、翼と蘭の二人が居た。


蘭は、つくしの病室に向かい、翼は俺と一緒に、主治医の元に向かった。


俺は、主治医に懇願した。


「俺は、つくしを、あいつを救いてぇんだ。
 愛してる女を救いてぇんだ。
 頼む、先生さんよぅ…。
 翼を連れて来た。
 つくしの病状を教えてくれ‼」
「翼っ‼
 翼は、道明寺さんを父親だと認めているの?」


翼は自覚はしていた。
司が父親だろう事は…。
でも、認めたと言われると…。


「先生、多分、この人は、父親だと思います。
 遺伝子工学的にも…、生物学上に於いても…。
 でも、認めたかと、言われると、微妙です。
 母さんが認めない限り、俺は認められないですよ。」


つくしの主治医は、首を縦に振った。


「道明寺さん、翼の言葉通り、父親だと認められていない方にお伝え出来ません。
 ご了承下さい。」


司は、落胆していた。


翼にも蘭にも、認められていねぇ、今の自分自身を…⤵。


俺は、最終手段は、つくしに会う事だと思った。
俺は、つくしには夫として、翼と蘭には父親として、認めてもらえるまで、3人に向かう事を誓った。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。