tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

bad love…<つかつく>  28.




つくしは、進から、滋が何か勘付いている事を聞いて居た。


滋は、つくしと話ししようと思って居た。


「ねぇ、つくし、正直に応えて‼」
「何を?」
「つくし、私の何をチェックしているの?」
「お姉様のチェック?
 してないよ?」
「本当に、そうなの?
 じゃあ、この前の会食…。
 つくしがダメなら、私の第2秘書でも、言い訳でしょ?
 何故、進だったの?」
「パパが決めた事よ⁉」
「パパと、何を企んでるの?」
「何も企んで居ないわよ⁉」
「じゃあ、この前は、何故、進だったの?
 つくしが道明寺司と、会う為でしょ?
 パパが了承でもした?」
「お姉様‼」
「私に遠慮する事無く、道明寺司に会いに行けば良いでしょ?
 何故、私に遠慮してるの?」
「………」


つくしは、言葉に詰まった。


「つくしが私に掛かりっ切りだから、道明寺司から、クレームでも来た?
 だから、パパからの了承が出たの?」
「そうじゃあ、無いって…‼」


つくしは如何言えば良いか迷っていた。


其処に、滋とつくしの父親で有る大河原社長が、滋の執務室に遣って来た。
実は、進から、話しを聞いて、つくしが滋に追及されていると思って居たからだった。


案の定であった。


大河原社長は、滋の執務室の扉の外から、滋とつくしの会話を聞いて居た。


「滋、もう良しなさい‼」
「「パパっ‼」」
「つくしには、私から、頼んだんだ。」
「如何して⁉」
「滋の暴走を止める為に決まっているだろ?」
「はぁ~、何の暴走??」
「滋が、花沢物産の御子息を好きに成った時点で、暴走しない様に、未然に防ぐ為だ 
 ろ‼」


滋は、つくしの方を振り向き、睨み付ける様につくしに言って除けた。


「ちょっと、つくしっ‼
 パパに言ったの?」
「つくしを責めるのは、止めなさい‼
 滋の様子を見て、滋に誰か好きに成った男性が出来たと認識したから、パパからつくし
 を追及したんだ。」
「パパっ‼」


パパは、尚も滋に諭した。


「滋、考えなさい。
 滋はその気はなく共、今の時代は、好きな男性を追い掛け暴走すれば、『ストーカー』
 と、認識される時代だ。
 『ストーカー』は、犯罪なんだ‼
 分かるよな、滋‼」
「………うっ


滋は、言葉に詰まった。


「大河原の娘にそんな事はさせれないんだよ。」
「だからって、つくしを操る何て…。」
「『操る』とは、人聞き悪いだろ。
 つくしにしか、この役は、出来んだろ。
 つくしだから、頼めたんだ‼」
「姉妹だから、当たり前でしょ。
 大河原の為でも有るのよ‼」
「滋、そろそろ、大人に成りなさい‼」


滋は、言葉も無かった。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。