tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく>46.


<本日も2話連続投稿です。   46.がかなり短めです。  ご了承下さい。>


【花沢つくし 編  46.】


道明寺は、NYのプロジェクトの進行が遅れているという理由で、二の句も告げられない状態で、3ケ月間、NY出張に行った。


私はその頃、精神状態がまだ良くなく、道明寺に何を言われても答えられる状態ではなかった。
そんな私を置いて、3ケ月もNYに行く事に反抗していたらしい道明寺も、私のパパに説得された事で、NYでの仕事を遣り遂げて帰って来た。


一体、パパは、道明寺に何を話して、NY出張に行かせたのだろうか?


後になって聞いた話しに寄ると…、
『司君、NY出張に行って、仕事を遣り遂げて来ない限り、つく
 しは嫁にやらんぞ。』と、パパから言われたらしい。


流石、パパは、道明寺の事を良く知っている。
否、もしかして、道明寺は、道明寺パパと、一緒なのだろうか?


流石、策士の親は策士だわ。←誰の事だ??  類君、くしゃみしてないか?


まさか、私の大切な甥っ子に受け継がれていないでしょうねぇ?


末恐ろしや~~。



道明寺がNYに渡米してから3ケ月経って、道明寺が帰国した頃には、私は静お姉様のお陰で、精神的に落ち着きを取り戻していた。


そんな私を見た道明寺は、回復させたのが自分で無い事に不満は有るものの、回復させてくれたのが、静お姉様と、知って諦めたみたい。


私の憧れの人が静お姉様だと、言う事を、道明寺は知っているからだろう。


道明寺、有難ねぇ‼
道明寺が居たから、回復出来たのも有るんだよ…。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。