tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

もしも類とつくしが兄妹だったら(家族編・短編)…<つかつく>後編




【道明寺つくし 編】


花沢に行く日、やっぱり、司も着いて来た。


花沢邸では使用人頭のタキさんが迎えてくれた。


「つくし様、お帰りなさいませ。」
「只今、帰りました。」
「道明寺様、坊ちゃん方、お嬢様方、いらっしゃいませ。」
「「「「こんにちは!」」」」
「はい、こんにちは。
 あっ、お嬢様方が身に付けてお出でのネックレス?」
「そう、タキさん、気付いてくれたんだぁ~。」
「勿論ですとも。
 そうですか、大奥様がお喜びになられますね。
 最近では、少しお寂しそうになさっていらっしゃいましたから。」
「………」


お兄様の言うと通り、そうだったんだ…。


「パパとママは?」
「既に、リビングにお出でですよ。」
「有難う、行くわね。」
「はい、行ってらっしゃいませ。」
「「「「失礼します‼」」」」


私達家族は、リビングに入った。
ママが出迎えてくれた。


「つくし、お帰りなさい。」
「只今。」


ママは、娘二人のネックレスに気付いた。


「つくし………。」


ママは私を抱き締めながら泣き出した。


「私にはもう、可愛過ぎるから、この娘(こ)達に受け継いでもらったの。」
「つくし、有難う‼」


娘二人も笑顔でママ(つくしママ)を見ている。


「「お祖母ちゃま、ママから譲り受けたの、良かった?」」
「ええ、勿論よ、良いわよ。
 蘭・すみれ、お祖母ちゃまね、とっても嬉しいわ。」
「「ほんと‼、良かったぁ~。
  ほんとに、とっても可愛いわね、このネックレス‼」」


つくしも嬉しくて、泣いてしまった。
本当に、良い娘(こ)達に育ってくれて、つくしは感謝した。


「つくし、良い娘(こ)達に育ったな、パパ(つくしパパ)も嬉しいよ。」
「本当に‼」


そんな時だった、蘭とすみれが競い出した。


「お姉ちゃま、すみれの方がピンクゴールドだから、可愛いのよ。
 お姉ちゃまの方が、大人っぽいからね。」
「すみれ、良く言うわね、この真珠が目に入らぬか?
 真珠が入っているから可愛いの。」
「ルビーの方が可愛いの。」


このままだと、終わりそうにないので、私から喧嘩を止めた。
"良い娘(こ)に育ってくれた。"と、思ったのは撤回する。
パパとママは目が点だ。


「どっちも可愛いの‼
 二人共、何の張り合いなの?」
「だって、お姉ちゃまのネックレスより、すみれのネックレスの方が可愛いもん。」
「すみれ、そんな処で張り合わないの‼
 ママ(つくし)は悲しいわ。」
「ごめんなさい。」
「分かれば、宜しい‼」


そこに、兄夫婦が入って来た。


「やっぱり、司も来てたんだ。」
「はぁ??」
「まあ、良いけどね。
 へえぇ~、蘭・すみれ、似合ってんじゃん‼」


蘭もすみれも、満更じゃないみたいで、
「「類伯父ちゃま、そう思う?」」
「思うよ。」


「とってもお似合いよ‼」
と、静お姉様にまで言ってもらえた事に良くした蘭とすみれは、
「「でしょ、でしょ‼」」
と、自慢げだった。


そんなこんなで、ネックレスのお披露目会は無事、終了(?)した。
司だけが、蚊帳の外だったのが気に入らないようだったけど…。
だったら、着いてくんなつっーの‼


そうして、花沢邸の夜は暮れて行った。



Fin



PS. 蘭が中学生くらいで、すみれが小学生くらいを想定して描いてみました。
  年齢設定が無くても想像して頂きたかったのですが、大丈夫だったでしょうか?






従兄妹物語…<つかつく>・<総優>  16.




つくしは、桜子に言われた事を真剣に考えて居た。


*司の寂しそうな顔辛そうな顔を見ると、此方まで辛くなり、
 胸がキュンと、締め付けられる気がするのは何故だろうか?


*桜子が、言う通り、司を意識しているからなのだろうか?


*此れが好きって事なのだろうか?


つくしでは理解不能で、自分自身では分からなかった。



総兄に聞いてみるべきか…?


「総兄、ちょっと、良い?」
「ああ、良いぞ‼」


つくしは、総二郎につくしの今の心情を話しして聞かせた。


「なぁ、つくし。
 桜子が言う通り、つくしの気持ちはつくしにしか分からないし、自分自身で気付かなけ
 れば意味がない⤴。
 でも、一つだけ言うなら、『一期一会』だぞ⤴。
 つくし、お前なら、その意味は分かるだろ?」


総二郎はつくしにそう言いながら、
右手の人差し指で、つくしの額を小突いて遣った


「………、そうだね⤴。
 総兄、有難う‼
 何か、分かった気がするよ。」


総二郎は嬉しそうに頷いた。


「そうか、じゃあ、良かった‼」



つくしは総兄に相談してみて良かったかも…と、思っていた。


つくしは司に惹かれている自分に漸く気付けたので有った。
でも、まだ司に伝えるのは照れくさくて、言えずに居る自分も、また愛おしく思っていた。


もう直ぐ、F4は高校を卒業して、大学部に進む事に成る。
その前に伝えた方が良いかも知れない。
つくしは、密かに、思いを募らせていた。



とうとう、F4の卒業式の日が来た。


つくしは、何時(いつ)、司を呼び出そうかと、思っていた。



そんな時だった。


F4の卒業パーティーを仲間内でしようという事に成り、道明寺邸に全員(F4&つくし・優紀・桜子)が集まった。


パーティーが始まって、1時間程経った時、つくしは、司を呼び出し、つくしは、つくしの気持ちを司に伝えた。


「道明寺さん、待たせてごめんね‼
 やっと、自分自身の気持ちに気付いたの⤴。
 道明寺さん、私、貴方が好きです⤴。」


司は満面の笑みで答えていた。


「やっと、言ってくれたんだな‼
 サンキューな、つくし‼」


司はそう言いながら、つくしを抱き締めた。


司は、司自身の気持ちに気付いてから、約1年が経つ。


司は、“ほんと、長かったよな⤵。”と、考えて居た。



そして、皆に…、
『つくしがやっと、つくしの気持ちを司に伝えてくれた事』
『司とつくしが恋人として付き合う事』
が、報告された。






もしも類とつくしが兄妹だったら(家族編・短編)…<つかつく>中編





【道明寺つくし 編】


私はお兄様に相談してみた。


「ママに何て言えば良いと、思う…⤵??」
「このネックレス、今のつくしが身に付けるには幼いよね?」
「うん、そうだよね⤵。」
「だから、蘭とすみれに受け継いでもらって、蘭とすみれが身に付けている所を母さんに
 見せたら…⤴。」


やっぱり、お兄様って、策士だよね。
でも、名案を貰った。
流石、『花沢家の策士』。


「お兄様、有難う‼
 流石、私のお兄様⤴。」


早速、蘭とすみれに見せる事にした。


「蘭・すみれ、ちょっと、こっち来て‼」
「「何、ママ?」」
「このビロードの箱ね、類伯父様が預って持って来てくれたんだけどね、ママが18歳と20歳の時のお誕生日のプレゼントにって、花沢のお祖母ちゃまからもらったネックレスなの。」


蘭とすみれにビロードの箱の説明をした。


18歳の時に貰ったネックレスは、小さい花のモチーフで花びらにピンクゴールドが施されていて、花の中心にルビーが輝いている。


20歳の時に貰ったネックレスは、やはり、花のモチーフで花びらはゴールドで施されていて、花の中心は真珠とダイヤモンドが輝いている。


「ママにはもう、可愛過ぎるから、蘭とすみれが身に付けてくれない?」


二人は顔を見合わせながら、“可愛い‼”と、叫び出し…、
「「良いの、貰っても?」」と、疑いの眼差し…。


「勿論、その方が、お祖母ちゃまも喜んでくれるでしょ‼
 このネックレスを身に付けた所をお祖母ちゃまに見せに行かない?」
「「うん、行く、行く。」」


“話が纏まって、良かった⤴。”と、“ほっ”としていた。


蘭にはゴールドのネックレスを、すみれにはピンクゴールドのネックレスをそれぞれ渡した。
二人は目を輝かせていた。


そんな時、司が会話に入って来た。


「花沢に行くんだったら、俺も一緒に行くから言えよ‼」
「何で、司が着いて来んの?」
「あほか、俺が行かなきゃ、類が寂しいだろ?」


どんな言い訳よ…‼


「何で俺が寂しいの…?
 寂しい訳、無いでしょ。
 寧ろ、居ない方が楽で良いよ。」
「………」


司、ゲ・キ・チ・ン‼


つくしは呆れていた…。


「父さんに連絡しとくから、翼と翔も連れてお出で‼
 その方が、父さんと母さんも喜ぶでしょ。」
「そうだね、久し振りだし…。」


そこに司が訴えてくる。


「ぜってぇ、俺も行くからな‼」


「「………」」


類とつくしは呆れていた。