tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

NYで会えるなら…<つかつく>  7.



司はゴシップを味方に付けるべく、何かとつくしを誘うように成った。
プライベートも一緒に過ごしたいと、言い出すように成り、つくしは、困惑し始めていた。
しかし、司は何処吹く風…。
つくしを自分に向けさせる為に必死に成っていた。


勿論、道明寺HDの業績も株価も評判も上がり始め、楓もつくしの存在を道明寺HDには無くてはならないと、認識し始めていた。
これに寄り、司を咎める者は一人も折らず、つくしは、諦めの窮地に立たされたので有る。
此処で、つくしの負けは決定した。
司はして遣ったりで有った。


この事を、司はF3に報告した。
F3も、丁度、出張の為、NY入りを予定していたようで、再会を約束した。


そして、つくしを含めた5人の再会場所で有るNYメープルに司とつくしは出向いた。


其処で、司とつくしの付き合いが、F3に報告された。


「良かったな、司‼
 やっと、許してもらえたのかよ。
 長かったな。」
「許してもらうって、何だよ?」
「牧野にやっと、了解してもらえたんだろ?」
「うるせ~‼
 俺達は、別れていた訳じゃあねぇ。」
「はいはい、引き剥がされていただけだよね。
 ほんと、面倒くさい‼」
「何だよ、面倒くさいって⤵。」


あきらが仲裁に入った。
流石、タイミングを知っている男である。


「司、類、分かったから…。
 もう良いだろ‼」


類が不貞腐れた。


「俺まで何で…。」


総二郎がフォローになっていないフォローした。


「類はな、牧野から何の相談も無かったから、不貞腐れてるんだよ。」
「類、如何いう意味だよ。
 つくしは俺の者なんだよ。
 つくしにちょっかい掛けんな‼」
「はいはい。」


あきらが話を進めた。


「で、お前ら、結婚すんの?」
「ああ、そのつもりだ‼」
「はぁ~??
 いつ、決まったのよ‼
 何も決まってないでしょ。」
「おいおい、今更か?
 もう、結婚は決まってんだよ‼
 俺達、そう言う仲だよな?」


F3が聞き逃しそうになっていた。


「「「………、はぁ~??」」」
「おいおい、何時の間に…。」


総二郎の問い掛けに、司は、意気揚々と答えていた。


「もう、高校の頃からだけどな⤴‼」


F3は其れこそ、初耳で有った。


「「「………、はぁ~??」」」
「鉄壁なチェリーボーイと鉄パンだとばかり思っていたのに…な。」
「成程、司が諦めきれない訳が今やっと、分かったわ。」


つくしは、顔を俯せるしかなかった。



こうして、F3との再会は終了したので有った。







好きに成ってしまった訳…<あき桜>  11.



<桜子side>


「桜子の気持ちを教えてくれねぇか?」


美作さんから気持ちを聞かされた私は、如何、答えたら良いの?


まだ、私の気持ちは其処まで達してません。』って、正直に言うの?


言える訳無いよぅ~⤵。



<あきらside>


桜子は、桜子自身の気持ちを俺に直ぐには答えてくれなかった。


まだ、気持ちが其処に無いって、物語ってるって事だろ?
避けられてたしな⤵。



<桜子side>


先輩からT4LINEにLINEが入って来た。


『今日、時間有る?
 いつもの所で、会わない?』
『了解‼』
『ほ~い‼』


何か、気分が乗らないなぁ~⤵。


『桜子は?』
『大丈夫です。』


で、集まる事に成った。


先輩から切り出された。


「ねぇ、桜子?
 美作さんの事、如何思ってんの??」


先輩、滋さんはまだ知らないんですよね?
滋さんに突っ込まれますよ?


やっぱり、案の定‼


「如何いう意味なの、桜子??」
「えっ、まあ…。」


如何、答えれば良いのだろうか?


「ああ、美作さんがね、桜子に惚れたらしいの?」


先輩、かなりドストレート過ぎぃ~‼


「はぁ~??」


そりゃあ、そうなるでしょ?


「で、桜子は如何思ってんの?」
「だから、それを今、聞いてんの?」


先輩と滋さん、そんな目で、私を見ないでぇ~~‼
先輩、そんな期待しないでぇ~~‼
自分自身の気持ちが分かるなら、こんなに悩まないでしょ、普通‼


「まだ、自分自身でも自分の気持ちが良く分かっていないんです⤵。
 自分自身の気持ちを理解出来ていないと言うか?
 確かに、美作さんに助けて頂いた時、美作さんに対する印象は変わったと、思います。
 でも、美作さんは『マダムキラー』ですよ。
 自分で言うのも何なんですが、私も、『浮名を流した女』。
 何か、有れば、『やっぱり…?』って、成るんですよ。
 難しいでしょ?」


先輩も何も言えなくなってしまった。
まあ、そりゃあ、そうですよね?





NYで会えるなら…<つかつく>  6.




司は念願が叶い、それからの司が招待を受けたパーティーのパートナーはつくしと成った。
どんなに、他の企業より、司のパートナーの打診を受けても一切を全て断り、つくしとだけ司は出席した。
今までの司がウソのように、司は誰から見ても柔らかな印象になっていた。


その事が返って憶測を呼ぶ事になった。


つくしは、道明寺HDとの憶測は、企業としてダメージを受けるのではと、心配したが、当の父親で有るクラウンCEOは至って冷静で有った。


司も、パーティー終了後は必ず、つくしを誘うように成り、司は一からつくしに責めるつもりで居た。
つくしは、困惑し始めていた。
しかし、徐々に、司のパワーに押され、また司を受け入れ始めていた。
そんな時、司とつくしの親密さを物語るゴシップがゴシップ誌に掲載されてしまった。


ゴシップ誌に掲載された内容は、日本でも同時掲載され、F3&T3の知る処と、成ってしまった。


~~ ゴシップ誌に掲載された内容…


道明寺HD 御曹司  道明寺司氏  
 ついに結婚か??
 お相手は、
 道明寺司氏のパーティーのパートナーを務めている
 クラウン・コーポレーション  ご令嬢  
 ミッシェル・クラウンさん  
 近く、婚約発表も有るのか?』 ~~


画像は、ホテルに入って行く司とつくしの寄り添った、親密さが伺える画像も掲載されていた。


道明寺HDside・クラウン・コーポレーションsideは一切ノーコメントを貫き、何も敢えて答えなかった。
しかし、その事が返って色々支障を来たす事に成り、記者会見に臨まなければいけない事に成ってしまった。


司とつくしは、まだ、付き合ってはいない。
否、高校生の頃、司がNYに渡米するまでは少なくとも、お付き合いしていたので、元さやに収まっていないと、言った方が正解だろうか。


しかし、司は記者会見の場で、
日本に居た頃、高校生の頃から付き合っている。』と、発表してしまったのだ。


これに怒ったのは、つくしのみ。
廻りの他の人達は、『司らしい』と、笑って見せていた。


「ウソは言ってねぇだろ。
 間違いなく、俺達は付き合っていた。
 少し、仕事の関係で離れていただけだろ‼」


司の言い分は、かなり無理は有るが、司は無理を押し通すつもりで居るので、一歩も引く気はないようだ。


今更では有るのだが、つくしは、発表されてしまったものを、訂正する訳にも行かず、諦めたので有る。
これに、気を良くしたのは司。
更に、つくしを責めるつもりで居た。



司は、一歩もつくしから、手を引く気はない。
寧ろ、つくしを司の手にするまで傍から離れるつもりは毛頭なかった。
手にした後は、更に、全開モード突入だろうが…⤴。


つくし、覚悟して於けよ‼