tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

新しい事に挑戦してみました。




皆様、こんにちは!
amiです。



いつも、『tukatuku₋inoti』をご覧下さり、有難うございます。



実は、今日は、amiの『coming out』を踏まえて、皆様に無謀な挑戦を笑って頂きたく、投稿しました。



私の二次小説の嵌まった遍歴をお伝えすると、一番最初は、『イタズラなkiss』からだったんです。


有るサイトが切っ掛けでした。


『イタズラなkiss』は、漫画→アニメ→ドラマ(韓流→邦画:邦画は、二次小説の後です。)→二次小説だったんです。


私の『イタキス』で好きな二次小説は、何と言っても、同窓会シリーズ。
直樹のエッチ振りが、私の嵌まった要因でした。
また、渡辺君のフォロー振りもamiのツボでした。


その次は、忍者シリーズ。
斗南学園に忍者養成コースの学科が有り、『入江ママが、忍者の家系出身で、入江家が忍者屋敷に成って居る。』と、言う、風変わりな二次小説に嵌まりました。


その次は、直樹が琴子より、5歳年上の家庭教師のテニス部の顧問っていう、二次小説。


その他は、琴子がバスケが上手な女子生徒の二次小説。
最後の冷や冷や場面は、ちょっと、苦手だったんですが…。
「入江君っ~」って、amiも琴子と一緒に叫びながら読んでました(勿論、心の中でですよ‼)。


他にも、途中で、話しが中断してしまっている二次小説も有り、先が読みたくて、うずうず気味のamiです。


特に、『琴子が記憶喪失に成って、台湾で女優になり、日本に撮影の為、帰国後、離婚した直樹と例の場所で再会するが…。』って、いう、“二次小説の続きが読みたいぃ~‼”って成っているamiです。



で、次が、『のだめカンタービレ』でした。


『のだめカンタービレ』は、漫画→ドラマ(邦画)→二次小説→ドラマ(韓流)で嵌まりました。


『のだめ』は全体的に、『ドラマのその後』って、二次小説が多いと感じました。
私が、『のだめ』の二次小説に嵌まった切っ掛けは、千秋先輩のエッチ振りですかね。
また、のだめの天然振りも萌えの要素でした。



で、『花男』は、漫画→ドラマ(韓流→邦画)に嵌まりました。


実は、当初は、『花男』だけは、二次小説に入れなかったんです。


神尾(先生)ワールドの、つくしちゃん大好きっ子のamiは、『花男』の二次小説に入る事が、中々、頑ななまでに出来なかったんです。


それが、1年半程前(約2年は経ってるかも…。)に、その頑ななamiの心を崩す突破口の扉を開いて下さった作家様が3名いらっしゃいます。


2名の作家様は、先日、2周年を迎えられたとか…。


いつも、笑ったり、泣かせてもらったりと、嵌まりに嵌まり、私の妄想を掻き立てて下さいました。


其処からは、花男の二次小説の作家様の作品を読み捲り…。


私の大好き作家様の作品も定着して来ました。



そんなamiは、何故か自分自身でも分からないのですが、『花男』は妄想出来ても、『イタキス』と『のだめ』だけは、妄想出来ないんです。
と言う寄り、浮かんで来ないんです。


それが、先日、『花男』の二次小説の作家様が、『花男』と『イタキス』とのコラボの二次小説を描いて下さり、楽しませてもらっています。
それが切っ掛けでまた、『イタキス』の漫画・アニメ・ドラマ・二次小説を見返しています。


其れが理由か如何か分かりませんが、何故か、『イタキス』がふわーっと、浮かんできたんです。


で、『花男』に置き換えて妄想して居ると、先が出て来るんです。


でも、未だに『イタキス』は、触りで終わっています。


でも、このままで伏せるのは勿体無いと思い、無謀にも、『イタキス』の二次小説に多感にも挑戦しようと思い立ちました。


此れが、最初で最後のamiの『イタキス』二次小説に成ると思います…多分


『花男』の二次小説の場ですが、『イタキス』の二次小説を投稿する事を、お詫びします。


ご了承下さいませ。


今から、描く為、明日に間に合うか如何か分かりません。


多分、短編に成ると思います…多分


機会が有りましたら、覗いて遣って下さいませ。



此れからも、『tukatuku₋inoti』を宜しくお願いします。



ami




バラバラの果てに…<ALL CP>  12.




<表現に一部、不快だと思われる箇所があります。
 お詫びします。>



一方、皆とはお開き後、司はつくしを自分の部屋に招き入れていた。


つくしを取り戻す為では有ったが、司はつくしと二人っきりになり、つくしの本意を聞いてみたかった。


「つくし、俺への気持ちはもう、無いのか?
 本当の処を教えてくれ‼」
「道明寺っ‼」
「言えねぇのか?」
「………」


つくしは、司の辛そうな寂しげに見詰めて来る顔を見て、苦しく成って来ていた。
つくしの本心を知りたい司は、つくしの弱い顔をして見せていた。
司は、して遣ったりで有った。


「答えられねぇなら、良いけどよ。」


司は、不貞腐れて言ってみた。


つくしは、可哀想に成り、本心を言ってしまった。


「まだ、好きだよ‼」


その途端、司は、つくしを引き寄せて抱き締めていた。
そして、つくしの了承無しに、kissをし出し、其処から、司は、つくしに気持ちをぶつける様に深くkissをし出した。


司の気持ちは留まる事を知らない様だ。
それ処か、つくしは、司の想いを受け止めるだけで必死だった。


何時しか、司は、kissをしながら、つくしをベッドに連れて行って居た。
つくしは、司の行動に気付いたが、良い年齢の大人で有るつくしは、それを拒む事が出来ずに居た。
それを了承と見做した司は、先に進もうとしていた。


しかし、つくしがごそごそし出して、阻もうとするので、一旦、手を止めた司はつくしに優しく聞いていた。


「つくし、俺の事、好きなんだよな‼
 じゃあ、嫌か?
 やっぱり、嫌か?」


つくしは、首を左右に振っていた。


「じゃあ、何だよ?」


つくしは、か細い声で司に聞いて来た。


「シャワーは?」
「じゃあ、一緒に入るか?」
「えっ??
 ………。」


つくしは、“一人で入る。”と、言おうと思った瞬間には、司によって、お姫様抱っこされて、バスルームに連れて行かれていた。


司の強引作戦が功を称していた。


つくしは、バスルームにて司の餌食になり、ぐったりしていたつくしを司はベッドに連れて行き、寝かせた。
司は、バスローブを羽織り、窓際に行き、満足したように、ブランデーを飲んで居た。


司は、やっと、司の想いがつくしに通じた事に、部屋の窓から見える夜景を見ながら、感慨深げに耽っていた。


そして、つくしの横に寝る為、ベッドに入り、つくしを抱き締めながら就寝した。


この何年間、熟睡した事の無かった司が、つくしの横で、つくしを抱き締めながら寝たからか、朝まで、1回も目が覚める事無く熟睡する事が出来た。


司にとっては奇跡に近い事だった。



朝、目覚めたつくしは、司に抱き締められながら眠っていた事に驚愕していた。


司もごそごそしているつくしに気付き、目が覚めた。
司から開口一番、言われた言葉に驚愕するしかなかったつくしで有った。


「つくし、『初めて』だったんだな‼
 俺も『初めて』だ‼ 
 有難うな、俺を待って居てくれて…‼」
「………」


つくしは、何と答えて良いか迷っていた。


唯、司が『初めて』と、言うのが信じられない気持ちで一杯だった。


疑っている訳では無いが、『記憶を失っていた司が…?』
モテる司が…?』と、思っていたからで有る。



疑っているような顔をして司を見詰めるつくしの気持ちに気付いた司が言って除けた。


「俺に何時、女の噂が出たよ…?
 好きな男を疑うのか?
 俺を信用しろよ‼」


つくしは、真剣な顔で、真剣に諭すように話す司を信用しようと思えたので有った。


「ごめん‼
 そうだよね。
 信用するよ‼」


8年を経て、司とつくしの想いは通じた。
やっと、司とつくしは、元さやに戻る事が出来たので有った。



次の日、司とつくしは、桜庭邸にて、椿と浩一に会い、近況報告をした。


椿はつくしを抱き締めて喜び、浩一からは司につくしの事を頼んでいた。


「司君、つくしを宜しくお願いするよ‼」


司は、今まで見せた事の無い様な笑顔で答えていた。


「はい、承知しました。」


椿も笑顔で司に言った。


「司、嬉しそうね‼
 つくしちゃんを幸せにしなきゃ、承知しないわよ‼」
「分かってるって。
 任せとけよ‼」


兄弟姉妹、4人、幸せな日々がこれから訪れる事に気持ちは馳せていた。





bad love…<つかつく>  4.




【大河原邸にて】


その日の帰宅後、滋は、妹のつくしの部屋を訪れていた。


つくしがお見合いを受けない様、説得する為だった。


「つくし、ちょっと良い?」
「はい、どうぞ。
 如何したの、お姉様?」
「つくしに伝え忘れしていた事が有ったから、伝えに来たの。
 『道明寺司』ってね、『女性嫌い』で、『ゲイじゃないか?』って、噂されている
 の。
 そんな、男とお見合いしても、上手く行く訳無いでしょ‼
 分かってる?
 『大河原の為…。』って、言うなら、私は姉として反対だからね。
 つくし自ら『人身御供』して如何するのよ?」


つくしは、姉 滋の心配は痛い程、有難かった。


「お姉様、有難う‼
 取り敢えず、お見合いして来るわ。
 『大河原の為じゃない。』って、言っても嘘だとバレるから言うけど、お見合いをお断
 りすれば、今後の道明寺HDとの契約話も上手く立ち行かなくなる。
 お姉様が言う様な人なら、私が行っても彼方(あちら)からお断りされるわよ。
 だから、大丈夫だから…ね‼」


滋は納得出来るものではなかったが、つくしの頑なな態度に、言う事を諦めたので有る。


「分かったわよ。
 でも、嫌なら、“嫌っ‼”って、言うんだよ、分かった?」
「うん、有難う‼」


取り敢えず、この話しに関しては、姉妹は話しを続ける事を止めた。




【道明寺家にて】


楓は、大河原家から、お見合いの了承が取れた事から、司を呼び出していた。


「司、貴方にお見合いをしてもらいます。
 相手は、大河原家の令嬢です。」
「はぁ~??
 大河原家の令嬢は、大学時代にして、両者から断りの話しが有って、断念していた筈だ
 ろ?」
「その方は、上の令嬢。
 今度は下の令嬢。
 大河原家の令嬢は姉妹なのよ。」
「はぁ~??
 上がダメなら、今度は下ってか?
 誰としても、答えは同じだろ?」
「打診は、此方からしているんです。
 お断りは出来ないからそのおつもりで。」
「はぁ~??
 如何いうつもりだよ‼」


楓は、頑なに、“断れない‼”と、主張して来たので、司は、それ以上言えなかった。




【メープルのラウンジのVIPルームにて】


F4の招集が掛かったので、司は集まりに来ていた。


世話焼きのあきらが、いつもと様子の違う司の異変に気付き、声を掛けて来た。


「司、如何したよ‼」
「嗚呼~??
 ババアに見合いさせられるんだよ。」


類が、面白がって聞いて来た。


「今度は、何処の令嬢?」
「大河原…。」
「はぁ~??
 『大河原』って、司、大学時代にしてなかったか?」
「それは上だったらしい。
 今度は下。」
「大河原の令嬢って、姉妹だったの?」
「みてぇだな⤵。」
「懲りねぇな、司の母ちゃん。」
「如何しても、大河原家と、姻戚関係を持ちたいみたいだね、司の母ちゃんは?」


司は、思わず、大きな溜息を付いていた。


「………、はぁ~。」
「司、溜息がでけぇ~ぞ‼」
「溜息も付きたくなるだろ‼」


F3、納得していた。