tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

言論の自由…<つかつく> 短編

<少しの間、<つかつく>(兄妹 編)なのに、<つかつく>じゃないCPが出演しており
 ますので、此方で<つかつく>をお送り致します。  宜しければ、覗いて見て下さい 
 ませ。>



私は、牧野つくし 25歳  一応、弁護士
道明寺HDの法務部に在籍して居る。


英徳大学3年の時に、司法試験に合格して、司法修習生を経て、今に至る。
誰からも現役合格は、“凄い。"と、言ってもらえる。
でも、皆、私の家庭環境を知らないから、そう言える訳で、私は、親の、また、自分自身の負担にならない為にも、現役合格を目指したのである。


桜子からは、
「恋人が道明寺さん何ですよ。  
 甘えたら良いじゃないですか?  
 道明寺さんも甘えて欲しいんだと、思いますよ。  
 何でも一人で熟さなくても良いんじゃないでしょうか?」
と、言われたが、上手く甘えられない。


私が司法試験に大学3年で現役合格したと知って私を認めて下さった、司のお母様 
所謂、お姑様  道明寺HD 楓社長 は、息子 司と私とのお付き合いだけではなく、結婚まで認めて下さった。


それどころか、司が4年で約束通り、日本に帰国したのを機に、私が大学生であるにも関わらず、大学生のうちに、“婚約発表しなさい。"と、まで言われる始末。


司の速攻技で、直ちに、婚約発表の運びとなり、私は大学生であるにも関わらず、婚約者が有る身となったのだ。


しかも、お義母様より命を受け、道明寺HD 法務部に在籍する運びとなった。
お義母様曰く、“他企業につくしさんが就職したら、その企業を司は潰しに掛かるわよ。”
と、脅し付きで言われた。
で、現在に至る。



今日は、弁護士会開催のフォーラムで開催会場に参加している。


今日の題材は、『言論の自由』。


“言論の自由は尊重されなくてはいけない。
だからこそ、発言者も、言葉の発言 及び 記載記述には責任を持たなくてはならない。"との事だった。


今回、フォーラムに参加して、思い知らされた。


私は、裁判等できちんと出来ているのだろうか?
責任欲だけに突っ走っていないだろうか?


私は、法務関係の裁判が中心なので、世間様との隔たりは有るとは思っている。
だが、肝に銘じようと、思い出させてもらったフォーラムであった。



<知り合いから聞いたお話しを基に、小話を一つ思い浮かんだので、短編は苦手だと、 
 思ってはいるんですが、お話しを作ってみました。  
 拙いお話しをご覧下さり、有難うございました。>







好きなのに…<総優>  6.


優紀が、お茶を習いに行くようになって、早3ケ月が経った。
その間、総二郎と優紀は、一切、会っていない。


総二郎は、優紀欠乏症になった様で、大学もさぼりがち、仕事も失敗続きになっていた。
総二郎の腑抜けた姿を見たF3は、見てはいけないものを見た気分になっていた。


F3&T2は道明寺邸に居た。


「西門さん、大丈夫なの?」
「あれは、再起不能だな。」
「だから、俺が言ったじゃん‼」
「花沢類‼  
 そういう問題じゃないから‼」


「西門さん、どうなさるおつもりでしょうか?」
「親父が言うには、“使い者にならない。”って、家元が言ってたらしいよ。」
「家元があきらの親父さんに言うくらいだから、相当、酷いんだろうな。」
「来週、茶会が有るらしいんだけどよ、今のままなら、使い者にならないから、連れて行
 かないかもな。」


「相当、ヤバいだろうな。」
「西門家、始まって以来じゃないか?」
「そうだろうな。」


「あっ、優紀から、ラインが来た。」


『つくし、この前は、ごめんね。
 騒がせて。』
『急に、どうしたの?』
『ママから…ね、“お祝いを届けて”って、頼まれたの。
 今日、空いてる?』
『うん、でも良いの?
 おばさんに迷惑掛けたよね?』
『ママ、喜んでたわよ。
 大した品じゃないと、思うけど…ね。』


『桜子も居るの。』
『ほんと、お礼が言いたいと、思っていたから、会えるなら、嬉しいな。』
『じゃあ、お邸で待ってるね。』
『うん。』


「先輩、優紀さん、何て?」
「今から、来るって。
 桜子もお邸に居るって、言って有るから、宜しくね。」


F3は小声で…


「総二郎、呼ぶか?
 元々、居た事にすれば大丈夫だろ?」
「無理あるだろ?
 総二郎が居るって分かれば、優紀ちゃん、帰っちまうんじゃないか?」
「そうだよな。⤵」
「直接は会えないけど、総二郎に影から見させるのはどう?」


類の提案にすんなり乗った。


司は総二郎にTELし、道明寺邸に来るよう促した。


「総二郎、うちの邸に松岡がつくしに会いに来るらしい。
 どうする?  来るか?」


「俺の顔見たら、帰っちまうだろ?
 だから、止めとく。
 でも、有難な。⤵」


「直接は会えなくても、陰から見るだけなら、大丈夫だろ?
 どうする?」
「行く、今すぐ行く⤴。」
「分かった、待ってる(笑)。」


総二郎の気分は浮上した。
“分かり易い奴だよな。”…皆、口に出しては言わないが、心の声は苦笑していた。


類とあきらは、“総二郎は司並みか?”と、見合わせて、顔は苦笑していた。






もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく>


<今回は、司も類もつくしも出て来ません。 ですが、後々、必要になって来る場面です
 ので、良かったら、お付き合い下さい。> 



【花沢つくし 編  16.】


総二郎、あきらが大学2年、優紀が大学1年、桜子が高校3年の時、以来、4人で遊ぶ事が多くなっていた。
あれから、何年か経ったある日の4人の集まりで、優紀と桜子の会話が総二郎とあきらの耳に入って来た。


「優紀さん、今も茶道、続けていらっしゃるのですか?」
「えっ‼
 うん、街のカルチャーセンターのような施設の茶道教室に通っているの。」
「それって、例のビルの中の教室ですよね?」
「うん。
 でも、どうして急に?」


「お祖母様に優紀さんの事、何気にお話ししていたら、『あの、可愛いお嬢さんなら、私
 (わたくし)が先生をご紹介致しますわよ。』って、言っていらしてね、『今度、お連
 れして…。』って、言われているんです。」
「えっ‼
 でも、ご迷惑じゃあ…。」
「お祖母様は楽しんでいるようですわ。
 優紀さん、また、お邸にいらして下さいね。」
「うん。
 有難う、桜子さん。」


女策士桜子、降臨‼


「おい、総二郎‼
 何回も呼んだんだけどなぁ、気付いてなかったんか?」
「悪ぃ、何だよ。  あきら。」


「お前、鏡で顔見て来いよ、酷ぇ顔してっぞ。
 お前、顔が歪んでいるぞ。」


「はぁ~??」


「優紀ちゃんの事、“好きです。”って、言ってるようなもんだぞ、その顔は。
 何で、俺に言って来ないんだよって、優紀ちゃんの顔を睨んでどうするよ?
 ちゃんと、優紀ちゃんに言葉で伝えろよ。」


「はぁ~⤵。」


「溜息付くなよ、総二郎。」


「あきら、自分に気付かない振りしていたのに、気付かすなよぅ~。
 気付いちまっただろ、どうしてくれんだよ?」


「あはははは‼  告白しろ‼」
「うるせ~よぉ、あきら‼」


総二郎は、帰り掛けていた優紀を追い掛けた。


「優紀ちゃん、俺、今日、車だから、送るよ。」
「えっ、大丈夫ですよ。」


「話ししたい事が有るんだよね。」
「そう何ですね。
 じゃあ、お願いします。」
「ああ(笑)。」


車の中…


「優紀ちゃん、今、付き合っている男(ヤツ)居るの?」
「今は居ませんけど…。」


「じゃあさあ、俺はどう?」
「えっ?
 西門さん、どういう意味ですか?」


はぁ~??  分かんないかな?
告白したのは、優紀ちゃんが初めてで、最後になると、思うんだけど…。


「分かんないかなぁ、俺と付き合わない?
 どうも俺、優紀ちゃんの事、好きになったみたい何だよね。」
「………」


「優紀ちゃん…?」


俺が断られる訳、無いわな。


「私で良いんですか?」
「勿論、優紀ちゃんが良いんだよ。」
「宜しくお願いします。」
「了解、宜しくされました。」


「えっ‼  うふふ…。」