tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

やっぱり、私は…<総優>  27.




<一部の言葉に、不快で有ろう言葉が入っています。
 お詫びします。>



<総二郎side>


優紀の振袖に合わせる小物も、1月13日に呉服屋が(西門)邸に来た事で、すんなり決まった。


その後、俺は、優紀を拉致る様に、俺の自室に閉じ込めていた。


「優紀、お前、大丈夫か?」
「何が…ですか?」


やっぱり…な。
優紀は、そう言う女だよ。


優紀は、人の悪口は言わねぇし、“人が幸せに成れば良い‼”って考えてる様な女、何だよな‼
優紀自身の事は、二の次でも…。


だから、他人に自分自身の意見を押し付けるお袋でも、優紀は、遣って行けるだろうと思えるんだよな‼


「お袋の押し付けに…だよ⁉」
「う~ん…??
 家元夫人…?
 私に何か、押し付けてました?」


優紀は、首を傾げながら、俺に、“(俺が)何の事を言って居るのか?”…。
マジで分からねぇらしく、見詰めてきやがる。


ああ~~、ほんとに、物事に鈍感なのか?
気にしねぇ『タチ』なのか?


俺には、分かんねぇが…⁉


首を傾げて、俺を見詰めて来る優紀は、最高に可愛いんだよ‼
凶悪なんだっつーの‼



で、そうこうしている間に、使用人から、夕食の支度が出来たと、部屋に連絡が来た。


俺と優紀は、ダイニングに行くと、親父とお袋が、俺等を待ち詫びて居た。
そして、俺等は、食後に、親父から言われていた。


優紀は、親父の言葉に驚愕してやがる。


「優紀さん、明日が、成人式当日だ。
 今日、帰っても、明日には、また、朝早くに此方に来てもらわなくてはいけない。
 成らば、今日は、泊まりなさい‼
 優紀さんのご両親には、話しは通してある。
 だからと言って、優紀さんは、まだ、優紀さんのご両親からお預かりをして居る状態
 だ。
 総二郎、粗相無き様にしてもらわなくてはいけない。
 なので、寝間は、総二郎と優紀さんは、別にしてある。」


俺は、即、反論した。


「何で、俺と優紀が、別の部屋で寝なきゃあ、何ねぇんだ?
 俺と優紀の付き合いは、親父達は、納得してんだよな?
 俺の部屋で、俺と優紀は寝るから…な⁉
 否、一緒のベッドで寝るんだよ‼」


優紀は、驚愕顔で、俺を見詰めていた。


俺は、優紀に念じていた。
“優紀、お前は、何も言うなよ‼”と…。


そして、食事を済ました後、俺は、優紀をそのまま拉致る様に、ダイニングから連れ出し、俺の部屋に連れて行った。


優紀は、頻りに、俺に言う。


「家元と家元夫人が驚愕してらしたけど…⁉
 大丈夫ですか?」
「良いだよ‼
 優紀は、俺とは、一緒に居たくねぇのかよ⁉」
「………」


俺は、意地悪めいて、優紀に問い掛けた。


だが、優紀は、一切、返答しなかった。
代わりに、俺に、不安めいた…、如何しようかな的な…顔をして、俺を見詰めて来るだけだった。


俺は、そんな優紀が、可愛そうに成って、優紀を引き寄せて、抱き締めた。
そして、不安を取り除く様に、言って遣った。


「もう、親父とお袋も、気付いてるだろう?
 俺等が、如何言う仲かは…⁉」


だが、優紀は、俺のその言葉に、顔を上げて、更に、驚愕顔で俺を見ていた。


だから、其の優紀の上目遣いが、“ヤバい‼”って言うんだよ‼


俺と優紀の身長差は、軽く20㎝以上、違ぇんだからよ‼
“優紀の顔が、俺を覗き込む形に成るって、こいつは、知らねぇんじゃねぇのか?”と、俺は思った。


だから、そんな、うるうるの、今にも泣きそうな瞳(め)で、“俺を見て来るな‼”って…言うんだ。


そんな男事情を知らねぇ、優紀に…。
煽られてる俺って…。
洒落に成んねぇわ…⁉


で、親父とお袋になんて言われ様とも、俺の男事情が…。


俺の身体が許さねぇんだから…よ。
まあ、優紀を抱いたには、違いねぇんだけど…よ。


なのに、優紀は、“跡、残さないでぇ~。”とか、“もう、これ以上は、明日に響くから、無理‼”とか、いつも以上に煩くて仕方ねぇ‼


優紀は、いつもの優紀の可愛い声も、封印してやがる‼


まあ、仕方ねぇんだろうけど…よ。
何~か、詰まんねぇんだよな⁉


優紀、成人式後は、覚悟して於けよ‼



で、朝、起きた時には、優紀は、既に、俺の横には居ず、振袖の支度に入って居る様子だった。


朝、目が覚めた時、隣に優紀の姿が無かったので、俺は、焦ったのは、言うまでもねぇ。
誰にも言えねぇがな…。




やっぱり、私は…<つかつく>  29.




<つくしside>


あの成人式の日から数日後、T4で集まる事に成った。


桜子とは、毎日、大学内で会ってはいるが、T4女子会は、かなりご無沙汰だった。


まあ、年末年始・成人式と会って居るので、ご無沙汰感は全く無いのだが…。



集まる成り、桜子が、口火を切って来た。


「成人式後、優紀さんは、大変だったんじゃないんですか?」


優紀は、心底、大変そうに言って居た。


「もう、ほんとだよ~。
 もう、大変ってもんじゃなかったよ‼」
「如何したんですか?」


優紀は、言って良いのか、迷っていたみたいだけど…。
話しし出した。


「うん…⁉
 西門さんが、あんな情熱家って知らなかった⁉
 もっと、クールだと思っていたから…。」


私は優紀の突拍子も無い言い方に、吃驚してしまった。


「えっ??
 如何いう意味よ、優紀っ⁉」
「自宅はね…。
 SPさんが、常駐して見張って下さって居たから…。
 其れも、また、目立っててね…。
 私の両親は、“家元と家元夫人が、ご厚意でして下さっているから、有り難い。”って言
 うし…。
 それは、有り難いんだけど…。
 問題は、西門さんなのよね…?」


優紀は、ほんと、うんざり気味の様子だった。


「何々…??
 もしかして、優紀…?
 例の大学までの送迎って言ってた話し?」
「うん、そう、其れ…。
 はぁ~。」


優紀は、本当に困って居る様子だった。


「如何したんですか?」


桜子も、心配気味で聞いて居た。


「噂が横行している間は、仕方ないけど…。
 “もう、噂も一段落したみたいだから大丈夫‼”って、言っても…。
 “何か有ったらいけないから…。”って…。
 未だに、私は、西門邸に住まわせて頂いているし…。
 毎朝、西門さんと一緒にリムジンでの通学だし…。」
「「「………」」」


私達 T3は、一言も、口に出来なかった。


何故なら、かなり、西門さんが、優紀を取り込もうとして居るのが、良く分かったからだった。



そして、桜子は、次に、私に白羽の矢を立てて来た。


「先輩は、如何だったんですか?」
「う~ん、私は、家族かな…?」
「「「えっ??」」」


そんな風に、T3で、驚愕する…?


「如何いう意味ですか?」
「もしかして、浮かれてるとか…?」
「優紀、良く、分かったよね?」
「高校生の頃も、そんな事、つくし、言ってた事、無かったっけ…?」


良く、覚えてたね、優紀。


「うん、そうなんだ。
 また、何か、浮かれてて…。」
「“玉の輿にでも乗った‼”って、騒いでるとか…?」
「そう何だよね。
 私、そんな事、高校生の頃も、言ってた?」
「言ってたよ‼」


そうか、言ってたか?
我が家は、全然、成長して無いね…。


はぁ~。  ←つくしの心の声。


溜息しか出ないわよ。


「大変ですね、先輩っ‼」
「だね…。
 はぁ~⤵。
「先輩、溜息が大き過ぎですよ(笑)‼」



私は、次は、桜子に、白羽の矢を向けた。





やっぱり、私は…<総優>  26.




<優紀side>


私は、家元夫人から連絡を貰い、成人式前日に、西門邸に出向いた。


玄関を開けると、何故か、西門家のリムジンが止まっていた。


運転手さんが、リムジンの扉を開けて待って居てくれた。


この状況、乗車拒否出来そうに無い雰囲気に、私は、苦笑いしかなかった。


「申し訳ありません。
 有難うございます。」
「いいえ、飛んでもございません。」


と、運転手さんから仰って頂きながら、頭を下げて下さったので、私も一緒に頭を下げて居たら…。


車内から、笑い声が聞こえて来て、私は、ギョッとして、頭を上げた。


其処に顔を出してきたのは、西門さんだった。


「優紀、何で、お前まで、頭、下げてんだ⁉
 運転手が、戸惑ってるだろ?」
「えっ??」


慌てて、運転手さんを見たら、苦笑いをされていた。


気付かなかったとは言え、“しまった…。”と、心の中で、恐縮していた。



で、不思議に思ったので…。
西門さんが、此処に居る訳を聴こうと思って聞いた私の言葉に、西門さんは、不貞腐れてしまった。


「で、如何して、西門さんが、此処にいらっしゃるんですか?」
「………。
 優紀、俺が居たら、不服か?」


西門さんの膨れた顔を見て、思わず、“しまった…。”と、声に出して言ってしまっていた。


「なあ、優紀…。
 俺等は、付き合ってんだよな?
 何で、俺が疎外される立場なんだよ?
 優紀にとって、俺は、要らねぇ立場の人間か?」
「いいえ、違うんです。
 家元夫人に、呼んで頂いたので…。
 西門さんが、ご一緒下さると思って居なかったんです。
 それに、今日は、西門さんから、“(お)仕事だ‼”と、お聞きしてましたし…⁉」
「ああ…⁉
 其の仕事は、先方の都合で、無くなったんだ。
 伝え忘れしていたか?」
はい。


私は、西門さんを、怒らせてしまったと、思って居たので…。
恐縮しながら、聞こえるか聞こえないか位の小さな声で、返答した。



そうこうしている間に、リムジンは、西門邸の門を潜っていた。



<総二郎side>


俺は、優紀が言って来た言葉に脱力した。


俺の顔を見れば、喜んでくれるか?
笑顔で、俺に抱き着いてくれるか?
願わくば、kiss位ぇしてもらいたい所だった。


其れなのに…だ。


優紀が俺に言って来た言葉は…。


『で、如何して、西門さんが、此処にいらっしゃるんですか?』だと…⁉


ショックの余り、優紀の俺に対する気持ちさえも、疑いそうに成っただろ⁉


言って居た言葉の意味が分かったから、それ以上、咎める気はしねぇがな。



司も、大概、牧野で、戸惑っている見てぇだがな。
俺も、優紀で、大概、戸惑ってるわ⁉


これも、価値観の違ぇなのか…⁉



<優紀side>


西門邸に着くと、家元夫人が、玄関先で待って居て下さった。


そして、客間に通され、呉服屋さんと、対面した。


「優紀さん…。
 此方ね、西門家が、代々、お世話に成って居る呉服屋の店主なの。
 此れから、優紀さんもお世話に成るでしょうから、覚えて於いて頂戴ね。」
「はい、宜しくお願い致します。」


私は、家元夫人に促されて、ご挨拶していた。


西門さんは、何か、考えて居る様子だったけど…⁉



そして、振袖と帯は、家元夫人にお借りする事に成って居るけれど…。
帯揚げや、帯締め等の小物に関しては、“年代物は古臭いから…。”と、揃えて下さった。


「本当は、娘が居たら、一緒に選びながら、揃えて上げたかったんだけど…。
 生憎、私(わたくし)には、3人子供が居ても、息子ばかり…⁉」
「悪かったな。」


西門さんは、苦笑いで有った。
家元夫人は、西門さんの言葉も聞いては居ない様子だったが…。


「だから、諦めていたけれど…。
 まさか、総二郎のお嫁さんにして上げられる何て…。
 こんな幸せな事は無いわ‼」


私は、如何すれば良いのか?
西門さんを見ながら、家元夫人に、振袖と帯に合った小物を選んで頂いていた。


西門さんは、胡坐の状態で座りながら、苦笑いを浮かべていた。



<総二郎side>


俺は、お袋の有頂天さに、呆気に取られていた。


優紀は、もう、西門家からは、逃げれねぇだろうな。
俺にとっては、有り難てぇけど…よ。


兄貴の嫁さんは、自分自身の親の事で精一杯らしく、こっちには、出しゃばって来ねぇ‼
まあ、兄貴は、こっち(西門家)とは、縁を切った様なもんだから、お袋も敢えて、兄貴家族には、何も言ってねぇらしい。  ←使用人頭 かよの話し…。


だからだろうな。


多分、お袋は言える立場の優紀には、出しゃばるつもりだろうな⁉
否、して遣りてぇのか?


優紀が、こういう女だから、通用するんだろうけど…よ。
普通は、嫌がるだろうよ⁉


結婚前から、お袋の本性を知ってても、優紀にとっては、損はねぇだろ⁉



まあ、様子を見るか?



取り敢えず、二人だけに成った時に、優紀には、確認しねぇとな?