tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

後悔と言う名の元に…<つかつく>  14.




<司side>


俺は、蘭の父親として、類に気持ちを聞くべく、F4を招集した。
俺一人で類に向かうと成ると、喧嘩別れに成るのが目に見えている為、F4会を決行する事にした。


俺は行き成り、類に確認した。


「類、俺は蘭の父親として聞く。
 類の気持ちを聞かせてくれ‼」


類は、来るべき時が来たと言わんばかりに、静かに口を開いた。


「司、俺は司に悪いとは思わないよ‼
 俺も、蘭が好きだし、愛してるから…。」


俺は、しれっと、口に出して言う類の言葉を、聞きたくねぇ言葉を、類に言われてしまって、俺は、頭に血が上った。
余りの大声に、あきらと総二郎が俺を押さえに掛かった。
あきらと総二郎が押えて無ければ、俺は類を殴っていたかも知れねぇ⤵。


「類、しれっと…⤵。
 そんな言葉を俺に聞かせるんじゃねぇ‼」


あきらと総二郎は俺を押さえながら、驚愕していた。


「おい、ちょっと、待て‼
 如何言う事か説明しろ‼」


俺は蘭から聞いた事をあきらと総二郎に話して聞かせた。


「おい、類、まさか、蘭を牧野の代わりにしてんじゃねぇだろうな?」
「いくら、瓜二つの似た者、親子でも、それは蘭に失礼だぞ‼」


あきらと総二郎は類に確認していた。


「違うよ。
 蘭が、大学3年の頃だったかな?
 蘭が俺に話し掛けてくれて、蘭から告白されたんだ‼」


類は蘭から告白された時の事を俺等F3に話しして聞かせて来た。


「俺が当時、牧野の事を好きなんだろう事は蘭もうすうす気付いてたらしいんだ。
 牧野の初恋の相手が俺だって事も、タマさんから聞いて知っていたらしいんだ。」


タマの野郎、何、勝手に曝露してんだ‼


「蘭が高校生の頃から、俺を好きで居てくれたらしい。
 俺も、うすうすは気付いて居たけど、気付いていない振りをしたんだ。
 俺より、同年代の男性に目を向けて欲しかったから。
 俺は、単なる憧れに過ぎないだろうと…。
 俺の事は、直ぐに思い出になるだろうと…。
 牧野の時と同じみたいに…⤵。」


類は一呼吸置いたが、話しを続けた。


「“自分の気持ちを言わずに失恋するのは嫌だった。”と、次に進む為にも俺に伝えようと
 思ったらしいんだ。
 言われた俺は、“こんなおじさんに…、まだ、今でも思い続けてくれていたの
 か…?”と、初めは驚愕したけど、俺自身が気付いてしまったんだ。
 “俺は蘭が好きだったんだ。”って…⤴。
 俺自身、俺の心に蓋をしていた事に気付いてしまったんだ。」


また、類は一呼吸置いた。


「初めは、牧野に瓜二つの蘭が可愛くて仕方なかった。
 娘を見て居る様なそんな感じだった。
 でも、接して居れば居る程、牧野に瓜二つの様で、一緒じゃない事に気付いたんだ。
 他人の気持ちに疎い牧野に対して、他人の気持ちに敏感な蘭。
 顔も牧野に似てるようだけど、良~く見ていると、蘭の顔の線がシャープ何だよね。
 やっぱり、道明寺のDNAも受け継いでいるんだと思ったよ。」


俺は何だか、腸が煮えくり返る様な気がしていた。


あきらが類に確認していた。


「類、本気なのか?
 司が、蘭の父親が居んだぞ⤵。
 “冗談だ‼”では意味が通らねぇぞ‼」
「当り前でしょ‼ 
 愛してる女性の父親が居る前で冗談が言えるの?」
「否、言えねぇな…。」
「って、事は、マジで本気なのか、類?」
「だから、さっきから、本気だって言ってるでしょ‼」


あきらと総二郎は、頭を抱えていた。


あきらと総二郎は、『まさか、牧野がダメなら、娘の蘭に行くとは…⤵。』と、頭を抱えるしかなかったようだった。





懺悔の日々…<総優>  11.




そんな時、西門邸にて、お茶会が開催される事に成り、聡子も出席する為に、東京に里帰りして帰って来ていた。
勿論、優紀にも出席する様、伝えて来た。


「叔母さん、今、茶道してないし、無様な処を人様にお見せすれば、叔母さんに迷惑掛け
 る事に成るから、止めとくわ。」


聡子はそう言って来る事は想定済み。
先ずは、優紀を落とす事から考えていた。


「たかが、数ヶ月でしょ?
 直ぐ、思い出すわよ‼」



西門邸でお茶会が開催される事が決まった時、実は、家元夫人から聡子に連絡が有ったのだ。


「池ヶ谷先生、ご相談有りましたの?」
“如何いった相談でしょうか?”
「優紀さんは、京都を離れてから、お茶は為さっていらっしゃるの?」
“していないようですが…。”
「勿体無いわ。
 じゃあ、私(わたくし)に任せて下さらない?」


聡子は、“何故??” 状態だった。


“………??”
「私(わたくし)、優紀さんを一目で気に入りましたの⤴。
 是非に、総二郎のお嫁さんに欲しいんですの⤴。
 その為でしたら、どんな協力も惜しみませんわ⤴。」
“………はぁ~⤴。”
「次回のお茶会に優紀さんをお連れして頂けないかしら⤴。」



で、無理矢理、聡子に連れ来られた優紀だった。



やはりと言うべきか、態と言うべきか、優紀は総二郎と会う事に成ってしまった。


「優紀‼
 来てくれたんだ。
 来てくれて、嬉しいよ‼」
「………」


総二郎は優紀に敢えて、声を掛けて来ていたのだ。
周りにも分かるように、態と、名前を呼び捨てで…。


「優紀、茶会が終了したら、少しで良いから話せねぇか?」
「………」


優紀は態と答えなかった。
総二郎は絶好のチャンスを逃さまいと、必死だった。


まるで、総二郎と優紀は恋人同士で喧嘩していて、総二郎が優紀に許しを請うている設定で、総二郎は優紀に話し掛けていた。
優紀に話し掛けている感を出している総二郎に、優紀は敢えて、答えなかったのである。



何なの本当に…?
 それで謝っているつもりなの?』


優紀は総二郎の態度が信じられないでいた。


総二郎は、敢えて、周りの重鎮達に、『俺には、優紀が居る。』と、指し示したいだけだった。
ぜってぇ、優紀は逃がさない。』と、考えての事だったのだ。



だが、今の優紀には、その思いは届いて居ないのだ。



そうなのだ。
高校生の頃から総二郎と優紀は完全に気持ちがすれ違ってしまったままなのだ。
唯、高校生の頃と違うのは、思っている方が総二郎と優紀が入れ替わっているだけだったのだ。



敢えて、言うなら、平行線のまま、交わる事は無い今の状態なのだった。





後悔と言う名の元に…<つかつく>  13.




<司side>


つくしが手術を受け、成功後、翼と蘭は英徳高校を卒業した。
そして、その後、英徳大学 経営学部に進み、卒業した。


翼は英徳大学を卒業して直ぐ、俺に声を掛けて来た。


「親父、親父は英徳高校を卒業して直ぐ、渡米したんだよな?」
「ああ、まあ、俺の場合は、事情があっての事だったが…な。」
「ああ、それも知ってる。
 タマから、聞いたし…。」
「………」


俺は、何も言えなかった。
俺の不甲斐無さを息子に露呈された様で、悔しかったが…。


「親父、俺も渡米して、道明寺HDを親父のように、引っ張って行きてぇんだ‼
 親父みたいに出来るかは分からねぇが、遣って見てぇ‼
 祖父さんと祖母さんには了承してもらった。
 “直ぐにでも来い‼”って、言ってもらってる。
 お袋も親父が良ければ良いそうだ‼
 親父、良いか?」


俺は嬉しかった。
翼に息子に、親として認められたようで…。


それに、俺と容姿がそっくりで性格まで似てる翼に、俺には出来なかった事をして遣りてぇんだろ、親父とお袋は…。
それが分かってるから、“ダメだ‼“とは言えず、了承した。



蘭は、英徳大学を卒業後、道明寺HDに入社して、俺の秘書を遣っている。
秘書の仕事に関しては、西田が、蘭の教育係だ‼
きっちり、育ててくれた。



翼と蘭が、大学を卒業して、3年が経った。


蘭は、今では、俺が言わなくても、さっと、動いてくれる。
娘の成長を肌で感じられて、嬉しくて堪らなかった。


翼に関しては、親父は、“まだまだ…だ。”と、言いながら、翼の成長を喜んで居る様で、一頃からすれば、“今の方が元気なんじゃねぇの?”って、くれぇ、元気になってやがる。
“孫で、満たされるんじゃねぇ…よ‼”と、言いたい心境だった。


姉ちゃんは、“つくしちゃんのお陰だわ‼”と、つくしに感謝してやがる。



息子と娘の成長を肌で感じて喜んで居る時に、蘭から、とんでもねぇ事を告白された。


「パパ、今、良い?」
「ああ、良いぜ‼」
「パパ、怒らないで聞いて‼」
「はぁ~??
 何なんだ?」
「うん、私、類さんと付き合ってます‼」


俺は最大なる、否、多分、俺自身も今まで聞いた事のねぇくれぇ大きな声が出た。


「はぁ~‼」
「………、パパ、耳が壊れるよ‼」
「うるせぇ~‼
 蘭、俺は許さねぇぞ‼
 お前、類は俺と同い年だぞ‼
 おっさんだぞ‼
 分かって言ってんのか?」
「うん、分かってるよ‼
 でも、好きになってしまったら、仕方ないじゃん‼
 聞く処に寄ると、ママの初恋の相手なんでしょ、類さんって‼
 私、ママのDNAを真面に受けたみたいだね⤴。」


蘭は言ってはいけない一言を俺に言ってしまった様だ。
俺は見えてねぇが、多分、般若のような顔に成ってたんだろ⤵。
蘭の顔が、見る見る間に、驚愕して、蒼褪めて来た。


俺はこの世とは思えねぇ程の低い声が出た様で、蘭が一歩、引き下がった。


「蘭、俺は許さねぇからな‼
 そのつもりで居ろ‼」


そう言って、俺は、自室に戻った。


つくしが、何故、知っているかは分からねぇが、リビングで展開された俺と蘭の一悶着を想像出来たのか、俺に『よいしょ』をし始めた。


「司は、花沢類の事に成ると直ぐ、躍起に成るね⤵。」
「はぁ~??
 お前が、変なDNAを蘭に受け継がせるから悪ぃんじゃねぇの?」
「はぁ~⤵。
 私の責任ではないでしょ?
 花沢類と蘭が好き同士になったんだから、仕方ないでしょ?
 それに司には私が居るでしょ?」


俺はつくしのその言葉にニヤッとして遣った。


つくしは驚愕していたが…。


「その言葉を覚えて於けよ‼ 
 後悔しても知らねぇからな⤴。」


つくしは、“意味が違う‼”とか、“そんな意味で言ってない‼”とか、色々言い訳を言っていたが…。
“そんな事は知るかぁ~‼”だっーの‼


って、事で、その日の夜はつくしを餌食にして遣った。


つくしには、無理をさせてしまったが…。