tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

やっぱり、私は…<つかつく>  15.




<司side>


そして、元旦の毎年恒例の新春パーティーが、今年も、滞りなく終了した。


今までは、つくしも居ず、退屈なパーティーだったが…。
今年は、初めて、パーティーにパートナー連れで入場出来た。


それが、しかも…‼
つくしが、パートナーと成れば、幸せなのは、当り前ぇだった。


だが、もう直ぐで、つくしが、日本に帰国しなければ、行けねぇ…。


また、仕事漬けの毎日が遣って来る。
想像しただけで、詰まらん⁉


その、つくしが、帰国する日が決まった。


英徳大学の正式な年始後の講義の始まりは、1月15日から、らしい。


それ(1月7日~11日)までは、ガイダンス等の講義が有り、受けるのも、行けねぇのも、講義(単位)に支障はねぇとの事…。


其れなら、“成人式の準備のギリギリまで、こっち(NY)に居ろ‼”って、言って遣ったのに、難癖付けて、早く帰ろうとする。


何なんだよ⁉
“俺と一緒に居たくねぇのかよ⁉”って、不貞腐れて遣った。


そしたらよ、あいつ、俺に爆弾的な言葉を投げ掛けやがった。


「違うよ⁉
 一緒に居たいに決まってるじゃん。
 でも、そんな事してたら、成人式が有るのに、帰れなく成るでしょ?
 折角、お義母様が、成人式の振袖をご用意下さったのに、『恩を仇で返す』様なもの
 じゃない?
 だから、踏ん切りを付けて、戻ろうと思ってるの⁉
 『後ろ髪惹かれる想い』には、変わりないから…ね‼」


こいつ、今、何て、言った?
『後ろ髪ーーーー(何ちゃら)』って、如何いう意味だ⁉


まあ、良いっか? ←良くないと、思いますが…⁉   by 天の声
          (つくしちゃんの気持ちは仇…⁉)



で、つくしは、NY日付の1月7日の便で、日本に帰国する事が決定した。


9日から、講義に出るんだとよ‼
真面目な事で…。



で、姉貴は、日本日付の1月11日に、日本に帰国するらしい。


「つくしちゃんの成人式の準備の為だから…ね‼」…だとよ。


で、つくしは、姉貴の帰国と共に、世田谷の道明寺邸に泊まるらしい。



だから、俺は、遅くとも、1月13日(日本日付)には帰国出来る様に、西田に伝えて於いた。


ダメだと言われ様が、俺はぜってぇ、帰国して遣る。



<つくしside>


司も私も、2日から、年始の仕事始めだった。


お義母様から、NYでの仕事は、“4日まで…。”と、聞いて居た。


“5日と6日は、NYを満喫しなさい‼”と、仰って下さった。


司に聞けば、5日も、6日も、仕事との事…。


“一人で、満喫しても、詰まらないし…。”と、思って居たら、椿お姉様より、TELが入って来た。


“つくしちゃん、5日は、お休みよね⁉
 私と、一緒に、NYを満喫しましょ‼”
「はい、楽しみしています‼」


と、返事してTELを切った。


そして、その夜、司に、二日間、お休みに成った事と、そのうちの一日は、椿お姉様と、外出する事を伝えた。


「そうか、分かった。
 楽しんで来い‼」


って、言ってくれたけど、いつもと違う司の反応に些か、不安では有ったが…。
“椿お姉様とだから、良いよね‼”と、思い、楽しむ事にした。



<司side>


俺は、つくしの日本への帰国まで、残り少ねぇ日々を大切にしたいと思い、いつもの3速倍の速さで、仕事を遣り上げて、帰る日々だった。


この際だ、つくしを堪能して於かなければ、“俺の身が持たねぇだろう…。”と、俺は踏んでの事だった‼


その事は、西田も理解してんのか、何も言わねぇ⁉


だから、俺は、西田に反抗せず、仕事を熟していた。



そしてたらよ、西田が、有り得ねぇ事を言って来た。


「司様、6日はお休み下さいませ。
 6日までの仕事は、熟して頂きましたので、お休み頂いても、業務に支障御座いませ
 ん。」
「マジか⁉
 サンキュな、西田‼」
「はっ…。」


って、事で、俺は、思わず、6日の休みを捥ぎ取る事が出来た。


まあ、『つくし堪能DAY』と、しますか‼




司は、知らなかった。


西田が…。
“いつも、これ位、遣る気になって下さると、助かるのですが…。”と、密かに、思って居る事を…。


また、西田は、西田にお礼を言って来た司を、心の中では、驚愕して居る事を…。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。