tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

やっぱり、私は…<つかつく>  17.




<司side>


俺は、つくしの言葉に、一瞬、焦った。


『滋さんのPJで、一緒に便乗させてもらえる事に成った。』


“おいおい、類も一緒って、事だよな⁉
 後で、類に釘を刺して於くか?”と…。


俺は、類に『釘を刺す』という事は忘れずに居た。



俺は、つくしに先に風呂に入る様に促した。


「つくし、先に風呂に入れ‼」
「えっ??
 私が、先に入って良いの?」
「ああ、俺は、後に入る‼」
「うん、有難う‼
 先に入って来るね。」


そして、つくしが、バスルームに入っている間に、俺は、類にTELを掛けた。


「類、つくしも、7日、滋の所(とこ)のPJに便乗させてもらうらしい。」
“そうなんだ。
 で…?”
「“で…。”って?
 類、つくしに、ちょっかい掛けるなよ?」
“はぁ~??
 司ぁ~?
 いつまでも、俺は、牧野って訳じゃないよ?”
「本当だな?」
“当り前でしょ‼
 そりゃあ、牧野の事は、人間としては好きだよ。
 でも、それだけ…。
 親友の彼女を如何こうしようと、思う程、俺は、落ちぶれて無いよ‼”
「本当だな?
 類は、つくしが好きだったから…。
 心配、何だよなぁ~?」
 “はぁ~??
  何年前の話しだよ⁉
  いい加減にしてよ、司っ‼”
「ああ、分かった‼」


俺は、類の言葉に安心した。


俺は、幾ら、類でも、“親友を裏切らねぇだろう…。”と、何時までも類を追及する事は、止める事にした。



<つくしside>


私は、5日の夜に、何気に携帯の電源を入れた途端、LINEの着信音が鳴り出して居た。


確認したら、『T4LINE』からだった。


“ヤバい‼”と、思い、直ぐ様、確認すると、2日~5日に掛けて、滋さんと桜子から、LINEが、入って来ていた。
如何やら、毎日、何をして過ごすかの相談のLINEだった。


5日の夜に、私がバスルームに入った後に、司が私の部屋のバスルームに入っている隙を狙って、LINEを再度、確認して見た。



              【2日】


『つくし、今日、ニッシーを挑発するから、つくしも、出掛けようよ‼』
『先輩、13:00に出掛ける予定なので、行けそうなら、私達の部屋に集合ですよ‼』


『ニッシーが優紀を拉致ったよ‼』


『ちょっと、つくし、聞いて‼
 ニッシーが、優紀と付き合う事に成った⁉』
『そうそう、ニッシーが、類君とあきら君と私と桜子の前で、優紀を裏切らないと、宣誓
 したよ‼』


『あっ、また、ニッシーが、優紀を拉致った‼』


              【3日】


『先輩、今日は、如何言うスケジュールですか?
 道明寺さんとご一緒ですか?』
『あのさ、つくし⁉
 ニッシーが、優紀を拉致ったから…。
 私と桜子だけ何だよね?
 どっか、出掛けない?』


              【4日】


『結局、私と桜子は、昨日、それぞれ、個室で過ごしたよ‼』
『先輩、スケジュール位、教えて下さいよ⁉
 今日は、如何成っています…⁉』


で、私宛に滋さんから、“帰国は如何するのか?”と、言うLINEが入っていた。


『つくし、帰国日は如何成ってんの?』
『先輩、連絡は入れて下さいよ⁉』
『つくし、責めて、帰国の日にち位は、連絡頂戴よ⁉』


              【5日】


『結局、優紀…‼
 あれっ切り、ニッシーに拉致られてから、私達の部屋に帰って来てないの‼』
『優紀さん、西門さんとご一緒だと思いますが…⁉』
『PJで、優紀を追求しなきゃね…?』
               ・
               ・
               ・



LINEを良~く見たら、司と私が、F3&T3と一緒に居ない間に…。
優紀、何ちゅう事に成ってるんだ…⁉



丁度、その頃に、司がバスルームから出て来たので、『T4LINE』の詳細を話しして伝えた。


「はぁ~??
 何だそりゃ⁉
 総二郎も、思い切った事を考えたもんだよな⁉
 宣誓って…‼」
「だよね?」
「まあ、そう言うのも、良いんじゃねぇの⁉」
「西門さんが優紀を裏切った時は、唯じゃ於かないんだから…‼」


私は、拳を作って、殴る素振りを司に見せて居た。


司は、ギョッとし顔をして、私を見て居た。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。