tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

伝え忘れ…。

こんにちは。
amiです。


皆さん、ご承知頂いているかと、思いますが、今回のつかつく、一つ一つの話の流れが、現在は短めです。


もう少ししたら、長め(?)になると、思います。(私情比?)


短めになっていると思えば、2話連続投稿すると、思われます。


皆さん、抜けずに、ご覧下さいませ。


決して、楽しようしていませんよ(笑)。


お話しの流れ上、切った方がと、思い、ぶった切ってます(笑)。



今日の夜中投稿、総優の時間設定…、予約投稿し忘れて投稿していたようで…。
ある作家さんに教えて頂いて、“あちゃぁ~”って、なっています。
皆さん、複雑な感じですかね?
すみません。



“総優”熱、皆さん少なめですか?


皆さん、目覚めて~‼ (強要するなって…、きゃーー)


意外と、優紀には総二郎が似合っていると、思うんですが…。


皆さん、総優と思わず、ちょっと、否、壁から覗き込むように、そっーっと、チラ見してご覧下さいませ。


ami





好きなのに…<総優>  1.

総二郎はF3から“メープルに来い。”と、呼び出された。


到着するや否なや、総二郎はあきらから、
「どした?  その顔色?」と、心配がられた。
「えっ?」と、言われている意味が分からず、首を傾げていると、
「鏡、見て来たら…。」と、類からも言われる始末。


今日は、大学を休んで、ずーっと、邸でボーっとしていた。


優紀に会えなくなって、今日で3週間。
何もする気が起きず、自分でも、“何やってんだ。”って、思うんだから、F3からしたら、“しっかりしろ。”って、言いたいんだろうな。


「つくしがな、“最近の西門さん、何か変じゃない?”って、言ってんだが、“俺は何も知ら 
 ない。”って、言って於いたぞ。」と、司にまで原因を知っているぞと、言わんばかり
に言われた。
「はぁ??」と、答えると、
「自分で分かってないの?  総二郎。」と、類にまで、言われている俺って。


分かっているに決まってんだろ。
だから、苦しんでんだろ。


もう、どうにでもなれと、「原因は分かっている。」って、答えてやった。


そしたら、司が、
「何なら、昔、Wデートしただろ?  また、するか?
 今度は、俺とつくしが協力してやるぜ。」


上からか?と、言いたいが、勝手に口から出てきた言葉は心にもない言葉だった。
「ああ、宜しく頼む。」


「何時、Wデート、したんだよ~?」って、間の抜けた声が聞こえてきた。


「高校の時にな、俺とつくしを引っ付ける為に、総二郎が松岡にウソのデートを仕掛  
 ける手伝いをお願いしたらしいだよ。
 ウソのデートだったはずなのに、思い掛けず、楽しいデートになったって訳。」


「その後は大変じゃなかったっけ?」
「………、類、思い出さすな。」
「自分から、言ったんじゃん。」
「………」
「おいおい。」


「今度は司と牧野が優紀ちゃんを騙すって訳…か。」
「騙すとは、人聞き悪ぃな?」
「でも、そう上手くいくの?」
「まあ、総二郎次第だろ。」


「どうやって、優紀ちゃんを呼び出すんだ?」


「う~ん!、実は、俺とつくし、婚約したんだわ。 
 そんで、邸で一緒に住む事になったんだわ。」
「どさくさに紛れて、自分の報告?」


「まあ、聞けって。
 で、うちの邸でパーティするからって、つくしに松岡を呼び出させる。
 総二郎と松岡は、うちの邸で散歩しろよ。
 ムード出させてやるからよ。」


「良いのか?」
「良いも悪いもねぇだろ?
 初めて、お前のそんな苦しそうな顔見たら、協力したくなるだろ。」


「司も片思いの苦しさは分かってるんでしょ。」
「まぁ~な。」






もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく> 8.

<7.が、短めでしたので、2話連続投稿です。>



【花沢つくし 編  8.】


今年も夏休みの時期がやって来た。


「先輩、今年の夏休みはどうするんですか?」
「えぇっ‼  何も決めてないよ。」


去年までは、“バイト、バイト” で、付き合ってもらえなかったんですから、今年からは、気が済むまで、私に付き合ってもらいますからね‼
先輩、覚悟して於いて下さいよ。


「じゃあ、T4で旅行に行きませんか?」
「えっ?」
「だって、先輩にとって、今年は高校生活最後の年、何ですよ。
 後悔したくないですよね?
 後悔しない為にも、最後の高校生活を楽しまないと、損しますわよ。」
「はぁ~??  まるで、今年最後の高校生活は桜子みたい。」


「私は、来年、何です。
 来年も何か私にしてもらう予定ですから~。」
「はぁ~??  自分から申告って、どうよ?」
「良いじゃないですか?
 何度でも楽しめて~。」


“桜子には就いていけないわ。”と、心の中で悪態を付く、つくしであった。


結局、“T4だけで旅行に行かすのは?”って、事で、F3も着いて来たのは言うまでもない。


どうせ行くならと、つくしは「ハワイが良い。」と、言ってみたものの、F3&滋、桜子に却下されてしまった。
結局、F3&滋、桜子に寄って、ヨーロッパ旅行に決定したのは言うまでもない。


つくしの未来は前途多難となっていった。