tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

初めての喧嘩…<あき桜>  中編


<桜子side>
私は、三条邸に帰って来た。
あきらさんが居ないのに、美作邸に居ても空しいだけだから…。
夢子さんには引き留められたけど…。


そんな時に、先輩から、LINEが来た。


『桜子、今、何処に居るの?』
『(三条)邸ですが…。』
『分かった。
 優紀と向かうね‼』
『分かりました。
 お待ちしています‼』


う~ん??
タイミング良くない・・・?
まあ、良いっか、待って居よう‼
今日は一人は辛そうだから…。


で、先輩と優紀さんが来てくれた。


「桜子、珍しいね?
 美作さんと喧嘩したって…。
 司から連絡入ってさ…。
 司ねぇ、今、メープルで、美作さんと一緒に居るらしいよ。
 あっ、西門さんもだったぁ~。」


ストレートな先輩の物言いだけど、先輩の優しさが目に染みた。


「何時も、私達が助けて貰ってるから、こんな時に、“恩返ししないとね。”って、総二郎
 さんと、話ししててねぇ。
 良かったぁ~!
 桜子さんの顔色、そんな悪く無くて…。」


優紀さんは、ほんと、優しいよね。


先輩と優紀さんの気持ちが嬉しくて仕方ない…。
今日は、思いっ切り甘えよう‼



<F3side>
司と総二郎に全て話しして聞かせた。


司が突っ込んで来た。


「あきらがヤキモチとは、珍しいな。」
「はぁ??
 ヤキモチじゃねぇよ‼」
「どう見ても、ヤキモチだろ?」


まあ、あきらも冷静で居られねぇってか?
総二郎も突っ込んで来た。


「折角の休みに、二人でいちゃつきたかったんだろ?」
「うるせ~~‼」
「まあ、良いんじゃねぇの?
 そう言うあきらも、三条に見せとけば…。」
「そうだよな。
 冷静沈着なあきらばっかり見せてっと、本性を見せれなくなるぜ。」
「………、分かってるよ‼」


司が切り出した。


「あいつらも呼び出すか?」
「あきら、この際だ。
 ヤキモチ焼いてたって…、謝って許してもらえ‼」
「………」


って、事で、あいつらは呼び出される事になった。


どんな顔して、桜子に会えば良いんだよぅ~‼





 

もしも類とつくしが兄妹だったら…(家族編・健)<つかつく> 番外編後編



【道明寺つくし 編】


西田が執務室に入って来た。


「支社長、類様がつくし様の執務室にお見えに成っていらっしゃるようですが、宜しかっ
 たでしょうか?」


西田は、つくしの秘書から、類とつくし兄妹の唯事ではない執務室での様子の連絡を受けていた。


「良いよ、類が来る理由は分かっているし…。」
「何かお有り何ですか?」
「まあなぁ…⤵。
 厄介事を姉貴がつくしに持って来たらしいんだわ⤵。
 多分、帰りにこっちにも寄ると思うから、来たら言ってくれ。」
「賜わりました。」


西田は両家の事では有るので、首を突っ込みはしないが、厄介事が有れば、取り敢えず、会長・社長にも伝えないといけないのではないかと、考えていた。


「類様がお見えに成りました。」
「通せ‼」
「賜りました。」


司から類に歩み寄って、司から類に謝りを入れて来た。


「『健』の事で、姉貴とつくしが申し訳ない。」
「否。
 つくしにはかなり言って於いたから…。
 つくしのフォローを頼むよ‼」
「了解‼」
「それと、健の気持ちも有るから、母親の静に任せる様につくしには言って有る。
 姉ちゃんにもそう言って於いて…。」
「了解‼
 ほんと、済まない⤵。」


司は平謝りで有る。


「ほんと、姉ちゃんには参るわ⤵。」
「だよな。
 姉貴には俺からも言って於くよ‼」
「ああ、頼むね‼」


男達の話しは、終わった。


司は、姉で有る椿に慌ててTELを入れた。


「姉ちゃん、『健』の事、聞いたよ⤵。
 勝手な事しないでくれるかな?」
「何が勝手な事よ‼
 姪っ子が可愛く無いの?」
「そう言う意味じゃないだろ?
 花沢家では困惑してんだよ⤵。」
「………」


椿は、困惑の言葉に驚愕していた。


「今後は、つくしには言わないでくれ。
 “健の気持ちも有るから、今後は母親の静に任せるから、そのつもりで居てくれ。”と、
 類からも言われてるから、姉ちゃんもそのつもりで居てくれよ。」
「………」


椿は何も言えないで居た。


その後、その一連の件を西田から伝えられた道明寺会長は椿を呼び出した。
椿の暴走癖を父親で有る道明寺保からも、椿はこっ酷く叱られたので有った。


椿は、“お父様まで、何故、知っているのよぅ~。”
と、後で嘆いていたそうである。





初めての喧嘩…<あき桜>  前編



<桜子side>
私とあきらさんは、今までに喧嘩をした事が無かった。


それなのに、何気に言った私の一言に、急に怒り出したあきらさん。
私は訳が分からなかった。


そんな、ある日のあきらの休暇日での一幕…。


「ねぇ、あきらさん‼」
「う~ん、何だ?」


少し、甘ったるい雰囲気を醸し出した頃…。


「ここ最近、静かですね?」
「………、どういう意味だ?」
「道明寺さんと先輩・西門さんと優紀さん。
 大人しくありません?」
「良い事じゃねぇの?
 俺らの時間が出来て、俺は嬉しいけど…。
 桜子はちげぇのかよ?」


あきらさん、不機嫌丸出し何ですけど…?


「そうじゃないですけど…。
 私も皆が上手く行っているのは嬉しいですよ…。
 でも…な~んか、違うような気がするんですけど…?
 胸騒ぎがすると言うか…。」


あきらは席を立って、不機嫌さを隠さず、出て行こうとして言った。


「桜子がその気なら、もう良いわ。
 勝手にしろよ‼」
「………、えっ??
 えっ~~。」


一瞬、呆気に取られて、訳が分からなかった。
何故、怒っているの??



<あきらside>
俺は、桜子の言葉に、切れた。
そりゃ、年がら年中、今まで、あいつらの面倒は見て来たよ。
でもな、それは、有難くない不名誉では有るが、『仲間思いの気配り上手』の俺らだから、出来た訳で…。
本来なら、しなくて良いなら、したくねぇって‼


桜子と一緒に居たい俺の気持ちを踏み躙りやがって…、桜子のヤツ!


で、気が付いたら、メープルに来てたらしく、目の前に司が居た。
メープルしか来る所がねぇって…、どうなんだよ。


「よぉ、あきら‼
 って、お前一人か?
 珍しくねぇか?」
「はぁ??
 一人に成りてぇ時も有んだろ?」


司は勘づいた。


「三条となんか、有ったんか?
 珍しいな、お前らが喧嘩って‼」
「うるせ~~‼」
「話し聞いて遣るよ。
 今日、俺、終わりなんだよ。
 つくしと会う予定だったけどよ…、お前に遣るよ、時間。」
「はぁ~??」


あきらは、“上からかよ。”って、言いたかった。
“何時も騒ぎを起こしてるのはお前らだろう。”…と、言いたげだが、今日は、何も言えなかった。
司の優しさが分かったからだ。


「つくしを三条の所へ行かせれば良いだろ?
 取り敢えず、総二郎も呼んだ方が良いだろ?
 バーに行くぜ‼」


俺は、司に引っ張られるように連れて行かれた。