tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

慕情そして恋情…<つかつく>  26.




<司side>


俺は日本に帰国して少し経ってから、つくしに翼が日本に帰国して、日本支社転勤と成る旨を話した。


「つくし、まだ、内示は出てねぇが、近々、翼が日本支社転勤と成る。
 心得て於いてくれ‼」
「そう、翼、帰って来るのね。
 お義父様とお義母様が良くお許しになったわね?」
「親父から言い出した事だよ。
 俺をNYに態々、出張させて、翼と俺が仕事を遣って行けるか、何方にも試させる為に
 な‼
 何の事はねぇ。
 俺が行かなくても、翼だけで賄えるプロジェクトなのによ。」
「でも、司は、嬉しかったんでしょ?
 翼と一緒に仕事出来て…。」
「ああ、まあな‼
 あいつ、中々、遣るんだよな⁉
 親父がかなり、鍛えてくれたみてぇだな。」
「そう、良かった…。」
「ほっとした顔をしやがって…。」
「そりゃそうよ。
 お義父様のお役に立ってるのか心配してたのよ。
 お義母様からは色々話しは聞いては居たけど…ね。」


母親にとって、息子というのは、年齢に関係なく幾つに成っても、息子は息子ってか。
母親にとっては可愛いもんなんだろうな‼
俺には、経験はねぇが…


「で、翼との話しは、上手くいったって思っても良い?」
「まあ、如何かは分からねぇが…。
 父親としては、息子としての翼と話しが出来たんじゃねぇかと思うけどな。」
「じゃあ、企業人としての息子との会話は…?」
「そっちの方が、間違いなく上手くいってるぜ‼」
「そうか、良かった…。」


当然だろ‼
企業人の俺を尊敬の眼差しで見てくれてたっつーの‼




<つくしside>


司の言葉、反応を見て、司がNYに出張したのは間違いではなかったとほっとしていた。


翼が、いよいよ、凱旋帰国って、所かな?


やっと、家族が揃う。
蘭も翔も、翼を慕っている。
学校の長期休暇に成ると、お義父様とお義母様が蘭と翔をNYに呼んで下さるので、二人は翼が『兄』で有るという事は、認識も理解もしている。


蘭に至っては、16歳の歳の差、翔は18歳の歳の差。
蘭と翔の二人にとっては、兄という感覚の歳の差ではないと思っていたが、其処は同じ両親から生まれた『兄妹弟』。


分かり合えているみたいだ。


翼の仕事が休みの時に、蘭と翔との3人(勿論、SPさん込)で、アメリカのカルフォルニア州に有る○○ランドに言って来たみたいで、興奮気味で私にTELで喋る翔が可愛く思えたらしい翼が、後で私に話ししてきた。


「やっぱり、『兄妹弟』って、良いな‼」って…。


進とは『兄弟』の様に育った翼とは言え、本来は、叔父と甥っ子の関係。
多少の遠慮は有ったのだろう。


でも、翼は、蘭と翔とは、実の『兄妹弟』。
遠慮が要らないって所なのだろう。



蘭と翔にも、翼が、近々、日本に帰国して帰って来る事が司から話しされた。


先ずは、蘭が口火を切った。


「本当に、お兄様が帰って来るの?」
「ああ、まだ、ちょっと、先だけどな。」
「蘭、凄く、嬉しい‼
 此れで、やっと、『兄妹弟』3人、揃うんだね‼」
「やったー!
 ずーっと、待ってたんだ。
 お兄ちゃんが帰って来るの‼」


司と私は、蘭と翔の二人に拒否反応がない事を安心していた。




それから、2か月後、翼は日本支社 専務として、凱旋帰国して帰って来た。


お義父様が、態と、民間航空機で翼を帰国させた。


羽田空港の国際線ロビーは、翼の凱旋帰国を何処で聞き付けたのか、マスコミでごった返しに成っていた。


その様子を確認した西田さんが、急遽、翼を空港ロビーまで迎えに行く事を避ける様、司と私に伝えて来た。


急遽、司と私はリムジンで待機する事に成った。


蘭と翔は、翼を迎えに行きたがったが、学校が有る為、楽しみにして居る様、言い聞かせていた。
連れて来なくて良かったと、つくづく思った。




後で、F3から聞いたのだが…。


TV画面に映る翼は、若かりし頃の司かと見間違う位、寸分の違いない堂々とした翼の態度に…。
“道明寺HDの将来は安泰だなと思った”と、言ってくれた。


F3のその言葉に、涙が出る位、本当に嬉しかった。




切な過ぎる二人…<総優>  9.




<総二郎side>


俺は、休みの日に、久し振りに優紀に会いに行った。


優紀にTELを掛けた時、大層、喜んでくれた優紀だった。


「優紀、今度の土日休みなんだ‼
 優紀に会いに行くわ‼」
“本当に休み何ですか?
 無理矢理、休みにしたとか…?”
「お前さぁ、旦那に成る男の言う言葉も信用出来ねぇのかよ…?
 俺に会えるって、嬉しくねぇのかよ?
 俺、ほんと、優紀の言葉に自信失くすわ‼
 此れでも、嘗ては、『プレイボーイ』の異名を取った男だけどな…?
 優紀の前じゃあ、それは、ねぇも当然だよな(笑)?」
“………。”
「………、優紀っ‼」
“それって、今でも、そう言う事を遣っているって意味ですか?”
「おいおい、勘違いすんなよ⁉
 嘗て、だろ?
 か・つ・てっ‼
 今、遣ってたら、優紀は、俺を許さねぇだろ?
 俺には、優紀が居るのに…。
 俺は、そんな男じゃねぇよ‼
 信用しろよっ‼」
“………。”
「優紀、分かった。
 信用出来ねぇなら、俺は、“優紀だけだ‼”って言う事を、土日で見せて遣るよ‼」


俺は、慌てる様に、言って除けていた。


ほんと、TELだけだと、相手の顔も見えねぇし、声で判断する事の難しさを改めて知った俺だった。


司の4年間の頑張りに、心の中で、司に称賛の意を送っていた俺が其処には居たのだった。
何故なら、1年でギブアップ気味の俺が居たのだから…。



<優紀side>


私は、西門さんの言葉が信用出来ないんじゃない。
唯、今までの女性と比べられるのが嫌なだけだった。


そう思えば、つくしは4年も、道明寺さんと会えない中、“良く、堪え切れて居たなぁ~。”と、思う。


端で、そんなつくしを見ていた筈なのに…。
全く、そんな辛そうな場面を見た事が無かった。


つくしと比べれば、“堪え性の無い私なのだ。”と、思う。


何故なら、1年でギブアップ気味の私が居たのだから…。



<総二郎side>


約束の土日が遣って来た。


俺は、久々に優紀と会えると、思うと、にや気顔が治まらなかった。
否、元に戻す必要も無いと思っていた。


この時までは…。



俺は、優紀の住まいを知っていたので、そのまま、優紀の住まいに向かった。


そして、にや気顔のまま、優紀の家のベルを鳴らした。


「は~いっ‼
 痛っ‼」


優紀は、慌てて、インターフォンに出た様で、“何処かで、足でも、ぶつけたのだろう⁉”…。
叫び声が中から聞こえて来た。
一瞬は、ビビった俺だったけど…。


「俺っ‼
 如何した、何が有った?」
「あっ、ごめんなさい‼
 ぶつけちゃっただけ…えへへっ
 今、開けるね‼」


ほんと、何時も、心配させられるのは、俺って…か?


司もそんな事を、良く言って居たよな⁉



優紀が扉を開けた途端、俺は優紀を抱き締めた。




『優紀、分かった。
 信用出来ねぇなら、俺は、“優紀だけだ‼”って言う事を、土日で見せて遣るよ‼』


俺が、TELで言った言葉が『嘘』か?
今日、実証して遣るよ‼



優紀、覚悟して於けよ‼





慕情そして恋情…<つかつく>  25.





<翼side>


父さんの仕事振りは流石だと思った。


何が必要か不必要かをその場で素早く判断して、的確に指摘し、指示し、人を動かしている。


今までこのプロジェクトに関わって居なかったのに、まるで、既に、関わって居たかの様に、的確に指示を出している。


凄過ぎて、母さんの前に居る父さんを知って居るだけに、別人に思えて仕方ない。



俺は、極自然に、父さんに聞いて居た。


「父さん、何故、そんな的確なんだ?」
「ああ?
 何でって、言われてもな…⁉
 感覚で分かるだろ?」
「感覚…ねぇ?
 一番、難しい事じゃないかなぁ?」
「そうだな。
 手慣れて行けば行く程、自分自身に身に付くんだよ‼
 それがまた、自信に繋がる。」
「だろうね。
 父さんは、30代前半には、副社長だったんだよな?
 父さんは、やっぱ、凄いよ‼
 俺は、まだまだだよな?」




<司side>


俺は、翼の言葉に居た堪れなかった。


俺が副社長に成ったのは、確かに、翼の言う通り、俺が30代前半には成っては居た…けど。
あの頃は、お袋のプライドの下、俺は副社長に成れただけで、俺の実力とは程遠かった。


だが、それを言えば、お袋が苦しむだろう…。
だから、翼には、敢えて言えなかった。


だが、翼は、実力で、のし上がって来る事を、俺は望んでいた。


其処には、外の面として、見た目の安定感が必要って事も有る。


その事を翼にも、そろそろ分からせる為に、教えて行かなければならねぇのかも知れねぇな…。



俺は、翼に、実力が伴う為には、見た目も必要という事を話した。


「翼、実力は、何も内面の部分だけを言うのじゃねぇぞ‼
 外の面も必要に成る。」
「それって、如何いう意味?」
「見た目の安定感・信用性…。
 人間性の見た目の落ち着きは、家庭を持つ事から生まれる共も言われている。
 って、事は、家庭を持つ事で、精神的に落ち着いて来るっていう事だ。」
「父さんもそうだったって事だよな?」
「そうだな。
 つくしに再会するまでの俺は最低だったって知ってるだろ?」


翼の奴、しみじみしてやがる
親の立場の俺をそんな風な顔で、しみじみ見るな‼


「まあ、そうだったよな。
 俺の将来の事だし、日本での仕事の件も、家庭を持つ事も、良~く考えてみるよ‼」
「ああ、そうしろ‼」



こうして、親子の会話は終わった。


翼は、俺の言葉を理解してくれたみてぇで、後で、翼が親父に相談した際も、“父さんと仕事を一緒にする事も悪くないかも知れない。”と、言ってくれてたらしい。


初めて、親として、翼に認めてもらえた様な、擽ったい気分になったのは、照れではなく、親として、嬉しかった。


親父から、翼を日本に転勤させると言われた。


親父からは、“まだ、内示は出さないが、近々、内示を出す。”と、言って来た。


いよいよ、翼と、本格的に、仕事を共に出来るんだと、俺は嬉しく思っていた。



もう直ぐ、翼は31歳を迎えようとしていた。