tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

やっぱり、私は…<つかつく>  28.




<司side>


俺は、成人式が終了した翌日には、もう、NYに戻らなくてはいけなかった。


つくしとは、ゆっくりする事も出来ず、イライラが募っていた。


つくしは、分かってるのだろうか?



F4&T4で、つくし&松岡の成人式パーティーの終了後、俺は、つくしと一緒に、世田谷の道明寺邸に戻って来た。


その時、俺とつくしが交わした会話は、こうだ。


「司、気を付けて、NYに帰ってね‼
 私は、明日も、講義が有るし、振袖を脱いだら、今日は、帰るね‼」
「はぁ~??」


俺は、呆気に取られた。


“また、NYで会えるまで、何週間も会えねぇんだぞ‼”


俺は、ババアとの約束を忘れて、つくしに言いそうに成って居た。
それ程、つくしの言葉は、強烈にショックだった。


今夜しか、ゆっくり出来ねぇで、俺は、NYに戻るんだぞ。
“お前は、寂しくねぇのか?”と、叫びたい心境だった。


しかも、つくしの言って来た言葉に、落胆の域に嵌まりそうだった。


「だって、道明寺邸に戻って来たのは、タマさんが、“振袖は、道明寺邸でクリーニング     
 して、大切に保管して於いて上げるよ‼”って、仰って下さったからだもん。」
はぁ~??


俺は、最大な声で、叫んでいた。


脱力感が半端ねぇ~‼


そんな、つくしに言って遣った。


「俺は、また、つくしと会えるまで、日本に居れるのは、今日だけなんだぞ‼
 大人しく、今夜は、俺に付き合え‼
 さもなくば、俺が、牧野家に押し掛けるぞ‼」


これで、やっと、つくしは、大人しく成った。


そして、束の間の一夜を、俺は、つくしと過ごした。



そして、一旦は、NYに戻ったが、例の記者会見に臨む為、折角、親父と一緒に日本に帰って来たのに…。


親父の監視下に置かれて居た。


しかも、日帰りで、つくしには、会う事が出来ず…。


親父からは、“つくしさんにも、日本に帰国する事は伝えるな‼”と、言われていたので、結局、俺は、モヤモヤが残る帰国と成っていた。



<つくしside>


F3の父親方が、記者会見で公表した事に寄り、F3&T3の付き合いは、公に公表した事に成った。


その後は、私は、大学でも、追及される事もなく、通常の日常生活を過ごす事が出来て居た。



~~ だが、牧野家では…。


お義母様が、成人式の振袖を私のお誕生日のプレゼントとして、私にご用意下さったり…。


また、F3に寄って、成人式会場の失態に寄り、牧野家はアパートから、セキュリティー万全なマンションを、お義母様がご用意下さったり…。


また、今回の記者会見に寄り、公に、司と私の付き合いが公表されたり…。  


した事で、浮かれているパパとママが、其処には居たのだ。 ~~ 



パパとママは、私には、いつも、ニヤニヤ顔で見て来るし…。


浮かれているパパとママは…。


「次は、いつ、NYに行くんだぁ~?」


何て、聞いて来るし…。


私を見るなり、パパとママは、小踊りを始めるし…。



毎日、進と呆れるしかなかった。



“こんな親で、ほんと、私と進の姉弟は、真面に育ったもんだわ‼
 『反面教師』とは、この事だ‼”と、つくづく思う私だった。




<28.も、短めで申し訳御座いません。>




やっぱり、私は…<総優>  25.




<優紀side>


唐突に、家元夫人から聞かれていた。


「優紀さん…。
 確か、優紀さんは、総二郎の一つ違いだったんじゃないのかしら…?」
「はい、そうです。」
「って、事は、今年、成人式…?」
「はい、そうです。」
「振袖のお支度は、もう、決まっていらっしゃるの?」
「はい。
 つくしと私の共通の友人から言われたんですが…。
 友人のお邸(大河原邸)で、お支度出来る様に手配してくれた様で…。
 そちらでお世話に成る事にしました。」
「じゃあ、つくしさんもご一緒なの…?」
「いいえ。
 つくしは、道明寺さんのお母様から、道明寺邸でお支度する様にお話しが有ったそう
 で…。
 道明寺さんのお姉様が帰国して下さるそうです。」
「そうなのね。
 じゃあ、優紀さんが着付ける振袖は、もう、決まって居るのよね?」
「振袖も、初めは、姉の振袖をと考えて居ましたので、姉から、借りる事に成って居たん
 ですが…。
 友人が、“私の振袖を着付けて…。”と、言ってくれたので、お借りする事にしたんで
 す。」
「其れじゃあ、年代物だけど…。
 私(わたくし)が、20歳の時に着付けた振袖は、お嫌かしら?」
「いいえ、飛んでも有りません。」
「そんな風に言ってもらえて嬉しいわ‼
 本当は、西門で、ご用意したい所だけど…。
 お日にちが足りないから、私の振袖を着付けて下さったらと、思ってね。
 西門に嫁いでもらうべき優紀さんが借り物だと…。
 私(わたくし)が嫌なのよ。
 肩身の狭い思いを優紀さんにはさせられないわ‼」
「………」


私は、何も応える事が出来なかった。


私のその様子に気付いた西門さんが、慌てて、家元夫人に話ししてくれた。


「お袋、優紀に押し付けるなよ‼」
「あら、人聞きの悪い事、言わないで頂戴。
 私(わたくし)は、西門に優紀さんが嫁いでくれたら、嬉しいなと思っただけよ‼
 総二郎は、そのおつもりじゃないって事なの?」
「違ぇよ‼
 唯、優紀が、戸惑ってるから…よ。」


私の方を向いて言わないで…。
西門さんっ‼


「あら、優紀さんは、西門に嫁ぎたくないって事…⁉」
「いえ、まだ、私は、大学生ですし…。
 西門さんとのお付き合いは、まだ、始まったばかりですので…。
 先の事は、まだ、何も分からないかと…。
 そう思って居るだけで…。
 嫌だとは思って居ません。」
「そう、じゃあ、良かったわ。
 じゃあ、結婚の件は、決まりね。
 其れと…。
 じゃあ、尚の事、私(わたくし)の振袖を着付けて頂戴‼」
「はい、有難うございます。」
「其れと、お支度は、西門邸でしますから。
 着付けは、私(わたくし)がしますから…ね。
 私(わたくし)ね、着付けの師範も、取ってあるのよ。
 お嫁に来てもらう優紀さんを着付けられるなんて、何て、幸せなのかしら‼」
「宜しくお願い致します。」


で、私は、西門邸で、成人式のお支度をして頂く事に成った。



<総二郎side>


その日は、親父とお袋との話しの後、俺と優紀は、俺の自室に籠っていた。


「優紀、良いのか?
 お袋の言い成りで…。」
「えっ??
 何で…ですか⁉」
「否、それなら、良いんだけど…よ。」
「滋さんに、伝えなきゃいけませんね。」
「ああ、そうだな。」
「はい。
 取り敢えず、LINEに入れますね。」
「ああ。」


俺は、優紀が、心配だった。
お袋に押し切られた形で、成人式の支度の話しに成ってるんだから…よ。



<優紀side>


私は、滋さんにLINEを入れた。


『成人式のお支度を、西門邸で家元夫人がして下さる事に成って…。
 振袖もご用意下さる事に成りました。
 すみません。
 成人式当日は、会場の待ち合わせでお願いします。』
『了解‼
 桜子にも伝えて於くね‼』
『宜しくお願いします。』


滋さんが納得してくれた様で、良かった。


西門さんにも、伝えた。


「西門さん、滋さんが了承してくれました。」
「そうか、良かったな。」



<総二郎side>


俺は、もう一度、優紀に尋ねた。


「ほんとに、(西門)邸での支度で良いんだな?」
「えっ??
 何で…ですか⁉
 如何して、そんな風に聞くんですか?」
「否、大丈夫なら、良いんだ。
 仕方なく、お袋に付き合ってくれるつもりかと思ったから…よ。」
「えっ、そうじゃないつもりだったんですけど…?
 そんな風に思って居たんですか?
 西門さんは…⁉」
「否、ごめんな。」
「………」


優紀は、首を傾げ乍ら、俺を見てる…。


優紀がこんなんだから…。
自分の意見を押し付けるお袋の様な人間には、優紀が良いのかも知れねぇ。


俺は、何も言わず、優紀をソファに押し倒して、kissを施していた。
しかも、徐々に、深くなっていくkissを…。
俺は、優紀に俺からのお礼の意を込めて…。


俺は、優紀に感謝していた。



やっぱり、俺は…。
優紀無しでは、もう、ダメらしいわ‼




やっぱり、私は…<つかつく>  27.




<つくしside>


あの後、新聞記者から連絡が行ったで有ろうTV局の面々も、成人式会場に現れ、更に、取材合戦の様に、騒ぎが酷く成ったのだ…。


だから、その場を後にした私達 F3&T4だった。


その後、取り敢えず、メープルに逃げ込んだ。
それぞれのリムジンは、専用車しか入る事の出来ない地下駐車場から、最上階専用直通エレベーターに乗り、司のキープしているスウィートに入った。


其処に、花沢類も合流し、F4&T4で、私と優紀の成人式パーティーを開いてもらった。



其処で、私は、皆に、此の成人式会場の不始末を、“如何するのか?”と、聞いて居た。


だって、F3&滋さん、桜子は、ゴシップ誌や、ファッション誌等で、取り上げられる位、有名人でしょ?


ヤバいんじゃないかと不安に成って居た。


だから、司に忠告した事を、再度、咎めていた私だった。


「だから、“降りて来たら、ヤバい‼”って、言ったじゃん…。」
「はぁ~??
 総二郎もあきらも降りて来てたんだから、同罪だろ?」
「お義父様とお義母様に知られたら、唯じゃ、済まないと思うよ?」


優紀も不安顔をして、西門さんに言って居た。


「それは、総二郎さんも、同じでしょ?
 家元と家元夫人が、お知りに成ったら、大変な事に成りそうで怖いんですが…?」
「まあ、そん時は、如何にでも何だろ?
 どうせ、怒られるのは、優紀じゃなく、間違い無く俺だろうから…。」
「そう言う、問題ですか?」


美作さんが、此処で、取り敢えず、皆を落ち着かせ様としていた。


「まあ、取り敢えず、こうなったら、仕方ねぇだろ?
 腹くくるしかねぇだろうな?」


類は、『蚊帳の外』状態ではあるのだけれど…。
心配顔をしていた。


「ほんと、何遣ってんだか?
 このままだと、収拾付かないんじゃない?」
「「はぁ~」」


私と優紀は、この後の事を考えると、溜息しか出なかった。


此のF3の余裕が、“怖い‼”と、感じてしまう私と優紀だった。



取り敢えずは、ほとぼりが冷めるまで、様子を見ようという事に成った。



だが、結局、FAXで、それぞれ、コメントする事に成り、コメントしたにも関わらず、収束する処か?…。
返って、記者会見をしなければ、埒が明かないのではないかと思う程だった。


で、司もそうだったが、西門さんも親から、“浮かれ気味だ‼”と、大目玉を貰ったのは、言うまでも無かった様だ。



で、仕方なく、道明寺家と西門家と美作家の父親方とF3が、記者会見に臨む事に成った。



【記者会見当日】


先ずは、F3の行き過ぎた行動と、成人式会場を混乱に招いた事を詫びた。


その事に寄り、道明寺家・西門家・美作家、それぞれが、息子のF3が、F3のパートナー(つくし・優紀・桜子)との付き合いを、F3の両親が公認している事を発表した。


F3にしても、F3のパートナー(つくし・優紀・桜子)にしても、まだ、それぞれが大学生という事も有り、婚約発表には至って居ないが、“何れその時が来たら、発表する予定で有る。”と、父親方が公表したのである。


その事に寄り、F3&T3の付き合いは、公に公表した事に成った。



その後は、大学でも、追及される事もなく、通常の日常生活を過ごす事が出来て居た私だった。




<27.は、短めで申し訳御座いません。>