tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

懺悔の日々…<総優>  5.





<不快に感じるで有ろう言葉が一部、入っています。  ご了承下さいませ。
 また、『花より男子』の原作に無い設定を勝手にしております。  お詫びします。>



ヘリで京都に向かっていたつくしと司と総二郎は、無事、病院に着いた。


つくしはリムジンの中で、総二郎から、優紀への気持ちを聞いた。
何と言って良いか分からないつくしで有った。



病院に到着するなり、看護師から言われた言葉に優紀の現状を悟った面々で有った。


「輸血が必要です。
 何方かA型の血液型の方はいらっしゃいますか?」


総二郎は、即座に名乗り出た。


「俺、A型です。
 俺の身体は如何でも良いんで、優紀ちゃんを助けて下さい。」
「あなたは?」
「優紀ちゃんの友人です。」
「分かりました。
 中に入って、準備して下さい。」


総二郎が気付いた時には、ベッドに寝かされていて、点滴をされていた。


「総二郎、気が付いたか?
 少し多めに血を抜いたらしい。
 安静にして於いて欲しいそうだ。」


総二郎は、意識が朦朧としていた。


「優紀ちゃんは?」
「まだ、手術中だ。」
「そうか…⤵。
 助かるよな‼」
「総二郎、気をしっかり持て‼」
「ああ。」


司は総二郎を励ましていた。



その後、優紀の手術は無事成功した。


しかし、丸2日間、昏睡状態だった優紀が目覚めた時は、子供のような振る舞いになっていた。


ドクターが言うには、“記憶喪失とまではいかないが、記憶が曖昧に成っている様だ。”との事だった。


その為、優紀が目覚めた時に一番最初に優紀の瞳(め)に飛び込んで来た総二郎だけを受け入れているような感じになっていた。


総二郎は、病院に残り、優紀の世話を一手に引き受け、充実した日々を送っていた。


総二郎は、優紀の傍に常に居て、着替えから、食事の世話、シャワー許可が出てからは、シャワー室に一緒に入り、身体全てを洗って遣り(頭は手術していたので洗えないが…。)、擽ったそうにする優紀の身体を拭いて遣ったり、寝る時は抱き締めながら、唇を合わせるだけのkissをしながら眠っていたりと、総二郎にとっては充実していた3ケ月で有った。


そんな時だった。
突然、早朝、目覚めた優紀が…。
曖昧だった優紀の記憶がはっきりしていたので有る。


目覚めた優紀は、抱き締められながら、優紀の唇に誰かの唇が有る状態が信じられず、驚愕して震え出した。


それに気付いた総二郎が驚愕して言った。


「優紀…‼」


優紀は信じられなかった。
傍で、同じベッドで寝ていたのが、総二郎で有ったという事が…。


“如何して…。”
優紀は固まったまま、動けずにいた。


総二郎は、総二郎自身を拒絶して居るで有ろう優紀の現状に困惑していた。
総二郎は、“優紀、俺を拒絶しないでくれ。”と、願わずにはいられなかった。



しかし、優紀は総二郎を拒絶し始めた





後悔と言う名の元に…<つかつく>  7.




<つくしside>


蘭だけが、病室に来た。
いつも、翼と一緒に病室に来るのに…。


喧嘩でもしたのかと心配に成り、蘭に確認してみた。


「蘭、今日は一人なの?
 翼と何か有った?」
「あっ、ううん。
 翼が先生に呼ばれて…。」
「先生って、先輩の事?」
「うん、そう⤵。」


何か、歯切れの悪い蘭の様子をじーっと、見ていた。
私を見ない蘭に一抹の不安が過った。


その時だった。


翼が私の病室に入って来た。
だが、一人ではなかった。
私は、頭の中が『???』で一杯になった。


「つくしっ‼」
「如何して、道明寺が此処に居るの?」
「つくし、申し訳無かった。
 苦労させた⤵。」
「道明寺、記憶…?」
「ああ、こいつ等のお陰で、記憶が戻ったんだ⤴。」
「何処で、この子達と…?」
「ああ、偶然、信号待ちで、リムジンが止まっている時、目の前を歩いているこいつ等を
 見掛けて、呼び止めたんだ。
 何故か、『呼び止めなければ後悔する』と、俺の中で胸騒ぎを起こして…。
 で、お前等の事を知らべさせてもらった。」


つくしは至って、冷静だった。


「そう。
 で、この子達を如何しようと言うの?」
「つくしっ‼
 誤解すんじゃねぇ‼
 俺はお前を救いたい⤴。
 その上で、こいつ等の親だと認めてもらいてぇ⤴。
 現状のままだと、俺はつくしにもこいつ等にも、何もしてやれねぇ⤵。
 頼む、俺を許してくれ‼」


つくしは、如何すれば良いのか、分からなかった。
司がそうは言ってくれても、道明寺家が、“つくし達親子は不要だ。”と言われれば、意味もない。


「許すも何も、私達は他人なのよ。
 何をしてもらわなくても、当然でしょ?」
「つくし、そんな事を言うな‼
 俺とお前は、翼と蘭の親だ。
 という事は、俺とお前は夫婦同然何だよ‼
 俺は今でもお前を愛してる。
 俺は、お前じゃなきゃ、ダメなんだよ‼
 頼む、俺を許してくれ‼
 つくしが、今まで翼と蘭を育ててくれた17年分以上の幸せを俺はお前等に与えるつも
 りだ。
 だから、頼む‼
 俺にお前の全権をくれ‼」


道明寺が私に頭を下げている。
こんな事、今までなかった事…。
私は道明寺の行動に驚愕していた。




そんなある日の事だった。
西田より、全て報告を受けていた楓が、帰国して帰って来た。
そして、直ぐ様、つくしが入院している病院に駆け付けて来た。



【トントン】…西田が扉をノックしていた。


西田が声を掛けて来た。


「司様、宜しいでしょうか?
 入らせて頂きます。」
「おお、何か有ったか?」


其処に楓が入って来た。


「はぁ~??
 何で、ババアが此処に居んだよ?」
「何ですか?
 孫の前で、その言葉遣いは…。」


つくしは驚愕していた。


「ご無沙汰しております、道明寺社長。
 このような、姿をお許し下さい。」
「つくしさん、他人行儀な物言いは止めてもらえるかしら?
 貴女とは、色々、有りましたが、蟠りは取りたいと思っているのよ⤴。」
「………」


つくしは、楓が何を言いたいのか、分からずに居た。


「初めましてね、翼、蘭。」
「「………、初めまして。」」
「私(わたくし)はあなた達のおばあちゃまよ⤴。
 あなた達の父親の母親よ。」
「「………」」


翼と蘭も如何言って良いのか、迷っていた。


 




懺悔の日々…<総優>  4.




<不快に成るで有ろう言葉が一部、入っています。  ご了承下さいませ。>



あきらは総二郎を呼び出していた。


「総二郎、ここ最近のお前、何か変だぞ?」
「あぁ~??」
「何か、テンションが低ぇというか…⤵。
 此処の所、全然、女遊びをしてねぇだろ?
 巷じゃあ、“総二郎の付き合いが悪くなった。”って言われてんぞ‼
 何か、有ったんか?」


総二郎はあきらに言うべきか迷っていた。


「なぁ~、あきら。
 会ってはいけねぇのに、会ってしまって苦しんだよな⤵。」


あきらは何の事を言ってるのか、全く理解出来ないでいた。
あきらは首を傾げるしか出来ないでいた。


「はぁ~??」
「優紀ちゃん、覚えてるか?
 牧野の親友の…?」
「ああ、覚えてるけど…。
 優紀ちゃんと会ったってか?」
「ああ、この前の茶会で…。
 京都支部長の姪っ子だったんだ、優紀ちゃん。」


“ふ~ん、そう言う事か?”と、あきらは思っていた。


「どんな風になってたんだ。」
「俺好みに成ってたわ。」


“やっぱり、総二郎らしいわ。
 見てる所はきちんと見てるって言うか、抜け目ねぇって言うか‼”と、あきらは感心していた。


「はは~ん、優紀ちゃんに惚れたんか、総二郎‼」
「ああ、だな‼
 でも、優紀ちゃんには彼氏が居るみてぇ何だよな⤵。
 TELで喋ってる所、聞いてしまったんだわ。
 甘ったるい声出して、甘えてるみてぇだったわ⤵。」
「総二郎、恋煩いか?」
「はぁ~??
 辛ぇよなぁ~⤵。」


あきらは悟っていた。
“当分は、総二郎は再起不能だろう⤵。”と…。



あきらは、“司と類にも話しして、協力してもらった方が良いのではねぇか?”とも考えていた。


「総二郎、司と類にも話しして於いた方が良いんじゃねぇか?
 協力してもらえるかも…だぞ。」
「ああ、そうだな⤵。」


総二郎のテンションが低い事をあきらは、頻りに気にして居たのだった。




京都でお茶会が開催された同じ頃の4月初旬、司は大学を卒業したのを機に3年でNYから帰国する事が出来、つくしの元に帰って来ていた。
現在は、日本支社 支社長の責務に就いていた。
また、つくしとは、既に婚約していて、道明寺邸で同棲していた。
つくしも学業の傍ら、道明寺HDに携わっていた。



あきらと総二郎とで話ししてから半月が経った頃、F4で集まっていた。


その時に総二郎の事が、F2にあきらの口から話された。


「総二郎、じゃあ、何で、あの時、牧野の親友を振ったの?」
「優紀ちゃんにのめり込んでいく俺が怖かったのかも知れねぇな⤵。」
「馬鹿じゃない‼」
「………」


類の言葉に、総二郎は言い返す言葉が見付からなかった。


そんな時だった。


司の携帯に、つくしから連絡が入って来た。


 “もしもし、司、今から、京都に行って来るね‼”
「はぁ~??
 何で、今から、京都に行くんだよ?」
 “優紀の叔母さんから連絡が入ってね、優紀が事故に在ったらしいの?
 詳しい事は分からないの?
 でね、リムジン借りたいの?”
「じゃあ、リムジンより、ヘリの方が良いんじゃねぇのか?
 今直ぐ、ヘリポートに行け‼
 否、待て‼
 ヘリポートに行く前に、メープルの地下に寄ってくれるか?
 詳しい事は、その時に話すから…。」
 “う~ん、何か良く分からないけど、分かった。
  今から、リムジンでメープルに行くね‼”
「了解‼」


司は総二郎の怪訝な顔を見て、言うべきか迷ったが、言わなきゃダメだろと思い伝えた。


「総二郎、落ち着いて聞いてくれよ。
 松岡が事故に在ったらしい。
 詳しい事は何もまだ分からないらしいが…。
 つくしを今から、京都にヘリで向かわせる。
 総二郎が行くなら、俺も一緒に行く。
 如何する?」


総二郎は即答した。


「俺も一緒に連れて行ってくれ‼」
「了解‼
 じゃあ、地下に行くぞ‼」
「ああ。」


司と総二郎は、走ってメープルの地下に向かった。


<司の帰国時期とF3&T4との学年の時期が合わない為、下方修正しています。
 申し訳御座いません。  お詫びします。
                      下方修正  2018.9.15>