tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

後悔と言う名の元に…<つかつく>  9.



<司side>


俺は理事長室に連れて行かれ、理事長から、話しを聞かされた。


「実は、奥様の事、何ですが…。」
「はぁ~??」
「司様の奥様が、牧野先生だとは存じ上げて折らず、失礼致しました。」


俺は何の事を言われてるのか分からなかったが、取り敢えず、話しを合わせて於いた。


「ああ。
 理事長はつくしの事を知ってるのか?」
「ええ、勿論です。
 医学会では、知らない方はいらっしゃらないでしょう。」
「それ程、有名なのか?」
「勿論です。
 脳外科医の中では、あの若さで権威ある称号を取られております。
 手術の症例もかなり熟していらっしゃいますし、脳外科部門では無くてはならないドク
 ターのお一人です。
 また、脳科学分野でも、研究には長けていらっしゃいまして、いくつもの研究結果の成
 果を上げていらっしゃいます。」


司は、“そんなにか…⤴。”と、驚愕していた。


理事長は話しを続けた。


「其処で、司様にご相談がございます。
 ご存知の通り、現状、奥様の寿命は2年と言われて折ります。
 奥様の手術は、絶対、成功に導くよう、ドクターには申し送りを致して折ります。」
「当然だ‼」
「承知致して折ります。
 其処でお願いがございます。
 奥様が復活成され、ドクターを続けられる際は、『我が、道明寺総合病院にて脳外科医
 を…。』と、考えております。」
「その件に関しては、つくしの病状次第だ。
 もし、つくしが復活した場合でも、俺の瞳(め)の届く範囲内以外は行かせねぇつもり
 だ。」
「そのお言葉を聞けて、安心致しました。
 宜しくお願い致します。」
「この話は、取り敢えず、まだ、つくしには、しないでくれ‼
 此処だけの話しにして於いてくれ‼」
「賜りました。」



司は、理事長との話しが終わり、つくしの病室に向かった。


「つくし、起きてるか?」
「司?
 うん、起きてるよ。
 お帰りなさい‼」
「ああ、只今‼」


司は、つくしにKissをした。


18年間、離れていた司とつくしは、今が、甘い二人だった。
端から見れば、とても、17歳の子供が居る夫婦には見えなかった。
それ程、見た目も行動も甘い二人だった。


司から、話しが成された。


「つくし、あきらから、今日、連絡が有って、かなり、皆が怒ってるらしい。
 近いうちに、皆が、つくしの病室に見舞いに来るらしい。
 その時に、“翼と蘭も紹介しろ‼”って、言われてる。
 まあ、取り敢えず、覚悟しとけ‼」
「………」


司は話しを続けた。


「それと、お前の前の病院に居た、お前の先輩女医…だったか?
 調べたら、かなり名医らしいじゃねぇか‼
 つくしの執刀医に指名して於いたから。」
「司、有難う‼
 何か、安心して、手術を受けられるよ。」
「それは良かった。」


司も笑顔で答えていた。




 

懺悔の日々…<総優>  6.





優紀の曖昧だった記憶がはっきりして来た事で、優紀は総二郎を拒絶し始めていた。


それに焦り出したのは、総二郎だった。



優紀の総二郎を不安そうに見る瞳(め)
優紀の驚愕した顔
総二郎への失望している様な態度



そのどれもが、総二郎は、優紀の傍に居る事を辛くしていった。


優紀、俺を拒絶しないでくれ。”と、言えたなら…。


焦る総二郎を制止したのは、他でもないつくしだった。


「西門さん、今は、優紀の傍に居ない方が良い⤵。
 取り敢えず、私は、今は夏期休暇中だし、私が傍に着いて居る。
 何か有れば司に連絡するから…⤴。」


総二郎は何も答えられないで居た。


「………」


つくしは尚も、総二郎に語り掛けた。


「今、焦っても、何も良い事は無い。
 反対に優紀の拒絶反応は頑なに成る一方…。
 で、有るなら、今は、冷却期間も必要じゃない?」


司も同感とばかりに、つくしの言葉に重ねた。


「総二郎、つくしの意見も一理有るぞ。
 今は焦るな‼
 松岡は、曖昧だった記憶が回復して、混乱しているんだ。
 其処を突いても良い事じゃねぇだろ‼
 もう少し、様子を見ようぜ‼
 なっ、総二郎‼」


流石、司とつくしの経験者としての言葉には重みが有るのだが…。


優紀に拒絶される意味が分からない総二郎だったが、つくしから言われ、高校生だった頃を思い出していた。


「西門さん、優紀に拒絶される意味が分からないみたいだから、言って於くね‼
 じゃないと、西門さんも前に進めないでしょ?
 ヒントを伝えるから、後は西門さんが思い出して…⤴。
 【高校生の頃の西門さんは優紀に何て言った?
 【高校生の頃、優紀を拒絶し始めたのは誰?】」


“そう言う事か…?”
総二郎は思い出していた。


あの当時、高校生だった頃、優紀にのめり込んでいく自分自身の気持ちに蓋をする為に言った言葉や態度が今、俺を苦しめるとは…。


思いもしていなかった総二郎だった。



その頃、司は、総二郎を一人で支える事に不安を感じ、あきらにTELしていた。


「あきらか?」
「どした、こんな朝っぱらから??」
「すまん‼
 松岡の意識が回復したのは良かったんだが、松岡の意識がはっきりすると同時に総二郎
 を拒絶し始めて、総二郎が荒れ出したんだわ⤵。
 俺一人では総二郎を支え切れない。
 あきら、こっちに来てくれねぇか?
 東京に連れて帰ろうとするんだけど、総二郎が動かねぇんだわ⤵。」


あきらは、“まあ、司一人じゃあ、当然無理だろうな‼”と、苦笑するしかなかった。
それに、総二郎が心配でも有ったのだ。
あきらは、“当然、行くだろ…⤴。”と、心の中で思っていた。


「了解‼
 類は寝てるだろうけど…、類も誘って行くわ‼」
「頼んだ‼」



それから、何時間後かには、病院にF4が揃ったので有った。





後悔と言う名の元に…<つかつく>  8.




<司side>


「何で、ババアが此処に居んだ?」
「貴方が、翼と蘭から、“父親だと認めてもらえていない。”と聞きましたから…。」
「はぁ~??
 如何いう意味だよ?」
「つくしさんを説得して、つくしさんと翼と蘭を道明寺家に迎え入れる為に決まっている
 でしょ。」
「あのぉ~、勝手にお話しが進んでいるように感じるんですが…。」


つくしが驚愕して声を掛けて来た。


ババアは、翼と蘭を説得し始めた。


「翼、蘭。
 あなた方は、道明寺の血を引く子供なの。
 それはお分かりよね?」


翼と蘭は頷いた。


「では、当然、道明寺家を継いで行かなければならないのもお分かりよね?」


翼と蘭は困惑し始めた。


ババアは、今度は、つくしに話し掛けた。


「つくしさん、貴女が居ないと、司は、生きてはいけないでしょ。
 つくしさんの記憶を取り戻した司が、次は如何いう行動に出るかくらい、貴女なら、お
 分かりよね?
 で、有るならば、つくしさん、貴女が次にしなければいけない事は、司の為に、東京に
 戻り、東京で治療し、病に勝つ事。
 その前に、司とは籍を入れてもらいます。
 翼と蘭は道明寺家の実子です。
 司とのDNA鑑定後、実子にて、翼と蘭を認知します。
 牧野家にも話しは通しています。」


流石、ババアは、何から何まで、遣る事が早ぇな‼


さあ、つくしと翼と蘭は、如何答えるんだ?


「道明寺社長、私は、病を抱えた身です。
 そんな女が、御子息に相応しいとは思えません。
 御厚意は有難いですが…。」
「では、司を見殺しにすると仰りたいの、つくしさんは…?」
「いいえ、決して、そんなつもりは…。」
「じゃあ、何も言わず、私(わたくし)に従いなさい。
 司の為に…。
 宜しくて、つくしさん。
 それと、『道明寺社長』ではなく、『お義母様』と、お呼びになって…。
 司と籍を入れるという事は、私(わたくし)は貴女にとって、母親なのよ。
 宜しくて、つくしさん。」


つくしはババアに従うしかねぇわな、此れは…。



あの日から、幾日か経ち、ババアの威圧(?)に負けたつくしと翼と蘭は、東京に来る事に成った。


そして、俺とつくしは即、入籍の手続きを取り、籍を入れた。
もう、関西の時の様に、俺はつくしの事は、『何も聞けねぇ、判断出来ねぇ』のは、もう、堪えられねぇ⤵。


また、俺は翼と蘭とDNA鑑定を受け、当然では有るが、実子で有ると証明され、翼と蘭は俺の実子として籍に入った。


また、翼と蘭は、英徳高校に編入し、邸では、帝王学 並びに セレブとしての英才教育が始まった。
元々、翼と蘭は、優秀だったようで、英徳高校での授業に着いて行けるのか心配していた俺だったが…、そんな、心配は不要だった。
何の事はねぇ、英徳高校でのテストで行き成り、学年No.1・2(翼が1位、蘭が2位)を取って帰って来た。


流石、俺とつくしの子供だけは有るぜ‼



また、つくしは、即、道明寺総合病院に入院し、治療を開始した。


俺はつくしを特別室に入院させた。
俺が、寝泊まりする為だ。
つくしが入院している間は、此処が俺の住まいだ。


俺は、つくしの病室に戻る為、リムジンを地下駐車場に回させ、リムジンから下り、特別室専用エレベーターに乗ろうとしている時に、理事長に声を掛けられた。


「司様、少し、お時間は宜しいでしょうか?」
「構わねぇが、何か有んのか?」
「理事長室でお話ししたいと、思います。」


そう言われ、俺は理事長と一緒に理事長室に向かった。