tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きに成ってしまった訳…<あき桜>  14.




<あきらside>


俺は、桜子に桜子の気持ちを聞き出そうと、呼び出した。


桜子は、妙に、スッキリ(?)と言うか、顔付がいつもと何と無く違うように感じた。


桜子の顔付を見て、答えは出ているのだろうと理解した俺は、ダイレクトに桜子の気持ちを確認した。


「桜子、もう、気持ちの踏ん切りは付いてるよな?
 聞かせてくれねぇか、桜子の気持ちを…?」
「美作さん、その前に、私の現状をお話ししても宜しかったですか?」


桜子の現状?
俺とは付き合えねぇって言う何か訳でも有んのか?
聞くのが怖ぇ~⤵。
でも、聞かなきゃ、分かんねぇよな?


「ああ、話ししてくれ⤵。」


そして、桜子から、今までの行い(?)、所謂、今まで、浮名を流していた訳・何故、特定の男性と付き合おうとしなかったのかという訳を知らされた。


だから、俺と付き合えねぇとでも言うのか?
有り得ねぇ…‼


俺は、桜子の整形には拘っちゃいねぇ…⤴。
って、言うより、忘れてた。


と、言うよりも、『其処かよ』って、感じ。


俺は、桜子自身に惚れたんだ。
顔で、惚れた訳じゃねぇ⤴。


其処は嘘偽りねぇ⤴。


なのにだ、そんな断り方、有りかよ?


もっと、体裁の良い、断り方も有るだろ?


桜子から聞かされた俺が、そう簡単に引くとでも思ってんのかよ⤵。
そう思った俺は、妙に苛付いて、言わないで於こうと思っていた言葉を口走っていた。


「なあ、桜子、そんな事くれぇで、俺を振るなよ‼」
「………えっ?」
「俺はな、桜子自身が良いんだよ⤴。
 桜子の顔で惚れた訳じゃねぇ⤴。
 俺はな、今まで、年下も、同い年も、年近も『ノーサンキュ』だった。
 そんな俺が、何故、年下の桜子、何だと思う?」


桜子は首を傾げながら、俺を見詰めていた。
そんな目で俺を見るな‼
気持ちを抑え切れなくなるだろ⤴。


「………」


「俺はな、桜子。
 あの日、お前が、あの3人組の女に絡まれていた時の桜子の対応が、年下なのに妙に大
 人で、却って、放って置けなくなったんだよ‼
 グッと来たというか…⤵。
 あの時は、照れも有って、“良う、分からん。”って、言ったけどな。」
「………」


桜子の顔は驚愕さを帯びて来た。


「後な、あの、バラバラな性格のT3を、しかも、滋まで纏め上げているその対応に、何
 時も舌を巻いていたんだ。
 『T4で一番下の桜子が一番、大人に見える』、
 その姿に、グッと来てたんだよ‼」


桜子は何も言えねぇのかびっくりしてるのか、目を見開いて、俺を見詰めて来る。


「俺は、あの時の桜子を見ていて、年下とか、同い年とか、年近とか、年上
 か、そう言うんじゃなかったんだって思えたんだよ。
 俺はな、桜子。
 桜子自身に惚れたんだよ‼
 桜子自身が良いんだよ‼
 なあ、桜子、分かれよ‼
 俺を振るなよ‼」



俺は必死だった





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。