tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…(続編・その後)<総優>  18.




【家族 編】


<優紀side>


優一郎の次期家元襲名披露パーティーも終える事が出来、“ほっ”と、していた頃、総二郎さんが、私にとんでもない話しを話してくれたのだが、驚愕する内容だった。


「優紀、お前に話さず、話しを進めていたので悪かったんだが…。
 実はな、優一郎が次期家元襲名披露パーティーの際、パートナーは、『』と、じゃ
 無きゃあ、出ないと、言い出してな、司に頼んでいたんだよ。
 その際、牧野がかなり、尽力してくれたみたいなんだよな⤴。
 優紀からも牧野に礼を伝えて於いてくれ⤴。」


はぁ~⤵??
何でもっと早く言ってくれなかったのよ⤵。
母親として、知らなかったでは済まされないでしょ‼
いくら、親友のつくしと言っても、失礼極まり無いでしょうが…⤵。


取り敢えず、つくしに連絡して、東京メープルで待ち合わせた。


「つくし、忙しいのに、ごめんね‼」
「良いよ、優紀だもん‼
 こっちに来てもらってごめんね‼
 で、何だったの?」


優紀は言い辛そうにしていた。


「うん、あのね…。
 この前の優一郎の次期家元襲名披露パーティーの時、此方から蘭ちゃんに優一郎の
 パートナーをお願いしたみたいでごめんね‼」
「えっ、何で??」
「だって、かなり、つくしが尽力してくれたみたいで…。
 私、詳細を知らなかったから、お礼が遅れてしまって…。
 ほんと、ごめんね‼」


優紀は、俯きながら申し訳無さそうにしていた。


「止めてよ、優紀‼
 優一郎君じゃ無きゃあ、頼まれても応じなかったと思うよ⤴。」
「えっ、如何いう意味??」


意味の分からない優紀で有った。


「蘭、優一郎君の事、好きに成ったみたいなの…⤴。」
「えっ、そうなの??」


「だから、優一郎君と蘭は両想いなの‼」


驚愕の優紀だった。



この事は、総二郎にも伝えられ、将来は、優一郎と蘭が結婚出来れば良いと両家が考えていた。


蘭は既に、茶道を嗜んでいたが、力を入れていた訳では無かった。
将来を見据えて、優紀がそうで有った様に、蘭にも優紀が教授する事に成ったのだ。



まさかでは有ったが、偶然の一致なのか、優一郎と蘭が両想いだという事は、まだ、本人達は知らずに居た。
これから先、如何成るかまだ未知の世界なので、両家で了承の下、本人達には知らせずに居たのだ。


しかし、優一郎と蘭の思いは貫かれる事と成り、蘭が大学卒業後に優一郎と蘭は、結婚する事と成った。



家の思惑通りに成ったという事だろう‼



その後、優一郎と蘭は幸せな結婚生活を送る事と成る。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。