tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

従兄妹物語…<つかつく>・<総優>  13.




背後から声を掛けて来たのは楓だった。


「ご無沙汰していたわね、つくしちゃん⤴。」
「ご無沙汰しておりました、おば様⤴。」


楓は考え深げにつくしに聞いて来た。


「何年振りかしら…ね?」
「………」


つくしは覚えていなかった。


楓は話しを変えると共に、司とつくしの縁を喜んで居た。


「つくしちゃん、やっぱり、つくしちゃんとはつくしちゃんが幼少期の頃から、縁が有る
 様に思っていたのよ。
 流石、私(わたくし)の息子だわ⤴。
 つくしちゃんを見付けて来る何てね⤴。」


つくしは先に進もうとする楓を制止しようと試みた。


「………、あの~、おば様?」


楓は先走ってしまって居る事に気付いた。


「あら、ごめんなさい。
 司とつくしちゃんは道明寺家と牧野家の話し合いに寄って、司とつくしちゃんの二人
 は、既に『許嫁』なのよ⤴。
 知らなかったの、つくしちゃん?」


つくしは溜息しか出なかった。


「はぁ~⤵。
 如何いう意味ですか?
 私は何も聞いていません。」


楓はつくしの言葉は聞き流していた。


「取り敢えず、そう言う事だから、これからも司を宜しくね…、つくしちゃん⤴。」



そうなので有る。
楓とつくしは、既に、つくしの幼少期に顔見知りで有った。


楓は司もつくしに会わせようとしていたが、例の事件がつくしに降り掛かり、楓は司をつくしに会わせない様にしていた。



楓は総二郎の母親と英徳学園での同級生の幼馴染で親友。
つくしの母親の事も、妹の居なかった楓は可愛がっていた。


楓の実家も、総二郎の母親とつくしの母親の姉妹の実家も同じ政治家一族。


それぞれの実家の所属政党も同じな為、パーティーでも良く会い、家族ぐるみのお付き合いをしていたので有る。


そんな事から、自然と、道明寺家と牧野家の縁組は纏まっていたので有る。


そんな事を知らないつくしは、既に、包囲網に囲まれていたので有った。


一方、その事を知ってしまった司は、つくしに対して、尚一層、遠慮が無くなったので有る。


此れを阻止すべく、逃げ惑う日々のつくしであった。
だが、司が時折見せる『寂しそうな顔・辛そうな顔』を見せられると、つくしは、胸が苦しくなる現象に気付き出した。


此れが何なのか分からず、尚も苦しむ日々が続いて行くので有った。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。