tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

従兄妹物語…<つかつく>・<総優>  17.




総二郎も皆に、“報告が有る。”と、話し出した。


「俺も優紀と既に付き合ってる。
 優紀から、“つくしが自分の気持ちに気付くまで、皆に報告するのは待って欲しい。”っ
 て、言われてたから今に成ったんだ。」


あきらは、“桜子と俺はそんなん分かってるが…。”と、思いながら居た。


「俺等は、聞かなくても気付いてたけどな…⤴、桜子‼」
「そうですよね⤴。
 西門さんも優紀さんも隠している様子が無かったですものね⤴。」


司もつくしも驚愕していた。


「………、マジ??」
「………、えっ??」


「大体、司はつくしちゃんに必死だったから、周りが見れてないでしょ?
 それに、つくしちゃんは鈍感だし…。
 司もつくしちゃんも二人なら、気付かなくても無理ないんじゃないの?」
「「………」」


類の言葉が真面過ぎて、司とつくしは、何も言えずに居た。



しかし、つくしは、此処ぞとばかり、反撃を開始した。


「総兄、優紀を不幸にしたら、私が許さないからね‼」
「分~ってるよ⤴。
 お前は煩ぇ~からな‼」


つくしは、今度は、優紀にも忠告していた事を責めた。


「でも、優紀、私、言ったよね?
 総兄の毒牙に引っ掛かったら、“ダメだから…ね。”って、言ったよねぇ?」


総二郎は優紀の代わりに、つくしに反撃し出した。


「優紀が俺の毒牙に引っ掛かったんじゃなくて、俺が優紀の魅力に引っ掛かったんだよ
 ⤴。
 言うなれば、俺が優紀の毒牙に遣られたんだよ⤴。」


総二郎は照れもせず、サラッと言って除けていた。


「はぁ~??
 如何いう意味よ?」
「優紀は、俺と知り合う前から、俺の事を知っていて、俺に憧れを抱いてくれて居たらし
 いんだが、俺に近付きたいとかは無かったらしいんだ。
 でも、俺は、初めて優紀を見た時から、優紀の魅力に嵌まってしまってたんだ。」


優紀は照れて、俯いたまま、顔を上げられないで居た。


つくしは、考えていた。
“あの、食事をした時からって事?”…と。


「って、事は、あの日からって事…?」


総二郎は事投げに言った。


「そう言う事だ‼」


つくしは、最大級に大きな声で叫んでいた。


「えっ~~??」


全員、耳を塞いでいた。


総二郎はつくしを嗜めた。


「うるせぇ~んだよ、つくし‼」
「これが黙って居られる?」
「お前だけが知らなかったんだよ‼
 お袋も気付いて居たのによ⤵。
 優紀が、“嫁に来る。”って、今から喜んでるよ、お袋は⤵。」


つくしは更に驚愕していた。


「えっ、嘘っ??
 お母さんまで気付いて居たの?」
「だから、“鈍感だ。”って、言われるんだよ、つくしは…よぅ⤵。」


つくしは、自分自身の鈍感さを初めて痛感したので有った。
←今頃かよ⤵。   by 総二郎
 





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。