tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

従兄妹物語…<つかつく>・<総優>  18.




偶然、総二郎と優紀が、カジュアルレストランで食事していた所に、祥一朗と瑞紀が入って来た。


「兄貴…。」・「総二郎…。」
「お姉ちゃん…。」・「優紀…。」


祥一朗と総二郎は同時に叫んだ。


「「如何いう事だ??」」


瑞紀と優紀も言い合いに成って来た。


「優紀、“今、付き合っている人が居る⤴。”って、言っていたのはこの方…?」
「そう言う、お姉ちゃんもでしょ⤴。」


総二郎が全員を誘導するように言った。


「取り敢えず、4人で話した方が良いだろ?
 個室に移動しようぜ‼」


そして、個室に移動した。


皆が席に就いてから、総二郎が口火を切った。


「兄貴、そちらの女性を紹介してくれよ⤴。」


祥一朗は総二郎に紹介をした。


「ああ。
 松岡総合病院のお嬢さんで、松岡瑞紀さん。
 俺の彼女⤴。」
「初めまして。
 優紀の姉の松岡瑞紀です。」


総二郎は驚愕していた。


「マジか…?
 で、俺の彼女の松岡総合病院のお嬢さんの松岡優紀さん。」
「初めまして。
 松岡優紀です。
 姉がお世話に成っています。」


祥一朗と瑞紀・総二郎と優紀、それぞれ困惑しているようだった。


「こんな事って、有りか⤵?
 兄弟姉妹で同じ婚家同士って、事に成るぜ⤵。」
「まあ、仕方ないだろうな⤵。
 何方も付き合って行くだろうし…な。」


総二郎は先制を打って来たつもりで居た。


「俺等はぜぇってぇ、別れねぇぜ⤴。」


祥一朗もそのつもりだと言わんばかりに言って来た。


「何方もそうだろ⤴。
 そんな浅はかな気持ちで付き合ってないだろ?
 親にはこの事は、お互いまだ、黙って居よう‼」


総二郎も取り敢えず、納得した。


「そうだな、そうしよう⤴。
 優紀も良いな‼」
「はい、分かりました。」


祥一朗も瑞紀を促した。


「瑞紀もそのつもりで居ような⤴。」
「そうね、その方が良いかもね⤴。」


取り敢えず、話し合いは終了した。


この事が、何時までバレずに居られるのか、甚だ疑問では有るが。取り敢えずの急凌ぎには成りそうだと、祥一朗と総二郎は考えていた。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。