tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

忘れていた気持ち…<つかつく>  8.




<司side>


こいつは、驚愕顔に成ってやがる。


だから、俺は、尚も、続けて、言って遣った。


「あの時は、俺は、お前を更に、道明寺の渦に巻き込む事はしたくねぇと思ってたんだ
 よ。
 お前が、NYに来る覚悟が在るなら、話しは別だったが…。
 “日本に残る‼”と、言われた時点で、俺は、“こいつを巻き込めねぇ‼”と思った。
 何年掛かっても、俺は、お前を迎えに来るつもりで居たし、ぜってぇ、凱旋帰国するつ
 もりで遣って来た。
 お前に、彼氏が出来たり、結婚して居ても、俺は、どんな男だろうと闘うつもりで居た
 し…。
 俺は、どんな相手だろうと、負ける気はしてなかった。
 お前を、どんな相手だろうと奪うつもりだった。
 だから、もう、覚悟を決めろよ‼」


こいつは、更に、真っ赤な顔をしながら、俺に訴え掛ける様に言って来た。


「ほんま、相変わらず、強引やね。
 私が、嫌がったら、どないすんの?」
「俺は、お前を取り戻すまで、ぜってぇ、諦めねぇよ‼
 もう、お前が、居なきゃな、如何にも成んねぇんだよ‼
 お前が、俺の傍に居れば、他には、何も要らねぇよ‼
 だから、諦めて、俺にしろ‼」


こいつは、苦笑いで、俺に言い返して来た。


「何処まで言っても、『道明寺司』っていう男は、強引やね?
 しゃあ無いから、諦めたるわ‼」


俺は、聞き逃しそうに成っていたけど…。
こいつは、了承したって事で、良いんだよな?


如何やら、やっと、俺は、もう一度、こいつを手に入れる事が出来たらしい‼



そして、俺は、こいつの関西弁に、煽られ捲っていた。


こいつが、喋ってるだけでも、可愛過ぎるだろ‼


更に、真っ赤な顔で、言われてしまえば…。
俺は、萌え死に寸前だった。



だから、“煽って来たお前が悪ぃ‼”と、心の中で言い訳をしながら…。
こいつを俺の方に振り向かせて、向かい合わせで抱き締めて遣った。


そして、俺の唇をこいつの唇に近付けて、kissを更に施して遣った。


昔、こいつに施していた様な子供のkissじゃなく、大人のkissを施して遣った。


だが、全く、拒む様な感じは無く、俺の成すがままに成っていたこいつが此処に居たのだった。



<つくしside>


何だか?
身体が、熱く感じていた。


私は、あいつに煽られて居るのかも知れない。


身体が、火照って来て、熱く感じて居るのかも知れない。


何れにしても、顔が、さっきから、熱い‼


多分、顔が真っ赤に成って居る事は、“一目瞭然だろう。”と、思って居た。


だけど、如何して、あいつと、喋る時は、関西弁を強要されるのか?
分からなかった。


あいつは、関西弁を喋る女子が、好きなのだろうか?


まあ、如何でも、ええやんけど…なぁ~。



<司side>


俺は、kissをしながら、考えてしまった。


俺等は、恋人同士に戻ったんだよな?


じゃあ、この先まで、進んで良いって事だよな?


だから、こいつに確認しようと思って居た。


「なあ、つくし…?
 俺等、もう、恋人同士に戻ったんだよな?
 だったら、良いよな?」


こいつは、また、驚愕して居る様子だった。


「えっ??」


だから、俺は、尚も、懇願していた。


「俺は、先に進みてぇ‼
 ダメか?」
「………」


こいつは、何も応えねぇ‼


唯、目は泳いでやがる。


その姿を見れば、動揺している事は、一目瞭然だという事は、理解出来た。


けど…よ。


此のチャンスを逃したら、二度と、同じ場面は、訪れねぇ気がして成らねぇ俺が此処に居たのは、事実だった。


だから、俺は、懇願する様に、こいつに縋る様な眼で見詰めて遣った。


それが、正解か如何かは分からねぇが、何か、こいつは、俺のそんな顔に弱いんじゃねぇかと、高校の頃から思って居たからだった。



案の定、こいつは、更に、目が泳ぎ出していた。


で、俺の顔を直視出来ねぇで居る様子だった。



だから、最後のチャンスの如く、尚も、懇願して遣った。


更に、縋る様な目付きで言って遣った。


「ダメか、つくし?」


だからだろうか?


軽く頷く素振りを見せたつくしが此処に居た。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。