tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きに成ってしまった訳…<あき桜>  10.



<あきらside>


どうせバレてんならって事で、俺は正面から桜子にぶつかる事にした。
ぶつかって砕けても良いくらいの勢いで、桜子に迫った。


ほんとは、焦る気持ちも有ったんだよな。


親父から、言われてたんだよ。


「司君の彼女はつくしさんだろ。
 総二郎君の彼女は優紀さん。
 で、お前は居ないのか?」


俺も人の事は言えねぇが、類を引き合いに出してしまった。
類、許せ‼


「類もまだ居ねぇだろ?」
「人の事は如何でも良い。
 もし、大学卒業までに彼女が出来ず、何時までも、『マダムキラー』だとか言われてい
 るようなら、見合いさせるからな‼」
「はぁ~??」



こんな風に言われたのが、半年前。
それから僅か数ヶ月で好きな女が出来るとは…、思わなかったわ。


でも、今はそんな事は如何でも良い。
取り敢えず、桜子の気持ちを知る方が先だ。


当たって砕けろだけどな‼



<桜子side>


ここ最近、美作さんがやたらと、私に急接近して来ているように感じるのは私だけだろうか?


ううん、錯覚では無いと思う。


先輩から、美作さんの気持ちを聞かされて、何か、如何、対応して良いか分からず美作さんを避けてきた。


でも、私に避けられても、私に近付いて来るって事はそう言う事、何ですよね?


取り敢えず、様子を見ようと、思っていたけど、其れ処じゃなく成って来ているんだと思う。
如何しようか?
私の気持ちを整理して考えなくてはいけないのかも知れない。


私は、如何思っているの、美作さんの事??


試験より難しいなんて、有り得ないつっーの‼
取り敢えず、落ち着いて考えるべきだよね⤵。


って、事で考えてみたが、まだ、今一分からない。


美作さんを良~く、観察する事から始めてみようと思っていた。



<あきらside>


俺は俺の口から、桜子に告白する事にした。


「桜子、今、良いか?」
「えっ、美作さん?」
「桜子、もう、知ってるよな、俺の気持ち?」
「はい、先輩の態度で。」


やっぱり、そうか?
鈍感牧野に頼むんじゃなかったな。
まあ、何時かはバレる事だから良いんだけどよ。


「だと、思ってたよ。
 桜子に避けられてたもんな、俺?」
「えっ、避けてたつもりは無かったんですが…。」


今と成っちゃあ、どっちでも良いんだよ。


俺は桜子の事が好きだ。
 付き合いたいと思ってる。
 桜子の気持ちを教えてくれねぇか?」





 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。