tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きに成ってしまった訳…<あき桜>  19.




<あきらside>


あれ以来、滋は大人しくなり、成りを潜めていた。
牧野に言われた言葉がかなりショックだったようで、“自分だけに彼氏の出来ない状態が辛かった。”と、後で、T4に詫びを入れてきたらしい。


素直なら、見た目の容姿は良いんだから、モテるだろうに…な。
宝の持ち腐れ』って、やつか…。


あれ以来、F4&T4の集まりにも、ぜってぃ参加だった滋が、来ない日も有り、T3は心配しているようだった。


特に、あの日以来、牧野と桜子は気にしていたようだった。


「ねぇ、私、滋さんにきつく言い過ぎたのかなぁ~?」
「私も滋さんだけ、除け者のようにしてしまったから…⤵。
 気に成っていたんです⤵。」
「仕方なかったと思うよ。
 滋さんに彼氏が出来れば、また、滋さんにも分かってもらえるとは思うんだけど…?」
「誰か良い人、居ないのかな⤵?」
「そんな簡単な事じゃないですよね?
 人の気持ち何ですから…⤵。
 先輩が一番分かってらっしゃるんじゃないですか?」


まあ、滋の事だから、時間が経てば、ケロッとして、また、現れると思うがな。



そんな事が有ってから、半年が経った頃。
所謂、桜子と付き合い出して、半年が経った頃、親父から呼び出された。


例の件だろうと、察した俺は、意気揚々と、親父の執務室に向かっていた。


「あきら、あれから、如何なんだ?」
「あれから直ぐ、俺に好きな娘(こ)が出来て、半年掛ったけど、やっと、付き合う事に
 成ったんだ。」
「何方のお嬢さんだ?」
「旧華族出身の三条家のお嬢様。」
「はぁ~??
 もしかして、三条の大奥様のお孫さんか?」
「もしかしなくても、そうだけど…⤴。
 相手としては、申し分ない相手だろ?」


まさかとは思うが、ダメな訳ねぇよな?


「相手が大き過ぎるだろ?」
「はぁ~??」


如何いう意味だよ??


「まあ、取り敢えず、ご挨拶は早目の方が良いだろ。」


付き合ってまだ、半年だぜ?


「まだ、早ぇだろ?
 まだ、付き合って半年しか経ってねぇんだし…。」
「将来は見据えて居ないのか?」


やっと、大学を卒業するって年で、将来って…⤵。


「否、そんな事はねぇけどよ。」
「三条の大奥様を怒らせられないだろ?」
「はぁ~⤵、まあ、そうだろうな⤵。
 噂は色々、聞いてるけどよ⤵。」
「まあ、そう言う事だ。」
「分かったよ。
 桜子と相談しとくわ。」
「そうしなさい。」





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。