tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

カナダ旅行…(もしも類とつくしが兄妹だったら…(家族編))後編②





【道明寺つくし 編  <つかつく>・<総優>・<あき桜>・<類静>】


<あき桜side>


あきらは、桜子の怒りっ振りをずーっと、チラ見しながら様子を窺っていた。


「桜子、まだ、怒ってるんか?」
「当然でしょ。
 あの当時の事は、ずーっと、思い出したくない過去で、封印し続けて来たのに、夫
 に露呈される結果に成るなんて思いもしないでしょ、普通‼」


桜子は怒り出すと、口も聞いてくれなくなる等、厄介な事、この上ないのだ。


「だから、悪かったって…。」
「本当に、反省してます?」
「してる、してるって…‼
 それにな、俺は、年上好みだっただろ。
 それが何故、年下の桜子だと思う?」
「………」


「それはな、桜子は年下なのに、しっかりしてるし、誰よりも大人の考えが出来るからだ
 よ。
 俺に合ってたって事だよ。」
「………」


「だから、許してくれよぅ~。」


あきらは必至で懇願していた。
桜子もあきらに褒められれば、満更でもない。
嬉しいのだ。


だから、許してしまうのだ。


「分かりました。
 次回は無いですから…ね‼」
「了解、有難な‼」


あきらの気配り作戦の勝利か?



<類静side>


静は思い出していた、此処で倒れたあの日の事を…。


「此処よね?
 私、司に強打されて倒れていたって言う場所?」
「そうだね。
 司に泥棒と間違われたんだったね。」


静は、ずーっと、思っていた事を口に出していた。


「つくしちゃんがもっと早く類の妹だと分かって居れば、類と私はこんなに遠回りせずに
 済んだのかな?」


普段言わない過程の話を静がするのは、珍しい。


「如何だろうね?
 あの頃はまだ、つくしの事を妹だと知らなかったから…ね。
 俺と静は、随分、遠回りしてしまったよね。」
「そうだね。
 でも、今は、『雨降って地固まる』かもね。」


静が居たから、俺が居れるような気がするんだ。


「静、有難う‼」
「えっ??」
「俺の嫁さんに成ってくれて…。」
「類‼
 此方こそ、有難う‼
 私を選んでくれて…。」


類と静は、昔も今も変わらず、こんな感じで何時までも変わらず、二人の世界を築いて行ける、そう感じていた。





4組4様、夫婦の形は色々…。
でも、この8人は何時までもこんな感じかも知れない。



4組の夫婦、それぞれ、長~い夜を久し振りにゆ~っくりとした時間の中で過ごせたので有った。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。