tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…<総優>  4.


桜子は、つくしと大学内のラウンジに居る時に、優紀にラインを送った。



『優紀さん、こんにちは!
 今でも、茶道は続けていらっしゃいます?』



「桜子、あんた、分かってて、優紀に聞いてるでしょ?」
「当然‼」
「はぁ~??」



『あっ、桜子さん、こんにちは!
 高校のクラブで携わって、大学に入っても続けたかったんだけどね。
 何処に習いに行けば良いのか分からず、今は、してないの。』


『続けられる場所が在れば、続けます?』


「勿論⤴。
 習える場所が在れば、続けたい。
 茶道って、お茶の香りが気持ちを落ち着かせてくれるの。
 精神安定剤って、事なのかな?』


『やっぱり⤴。
 お祖母様にお話ししたらね、“一度、お邸に連れていらっしゃい。”って…。
 ご紹介出来る先生がいらっしゃったら、ご紹介してくれるみたい何です?』


『ご迷惑じゃないの?』


『大丈夫ですよ。
 優紀さんなら、お祖母様にすぐ気に入ってもらえると、思うんです。
 だから、お邸に遊びに行らして下さいね。』


『有難う‼
 じゃあ、お言葉に甘えて‼』


『はい、待っていますね。』



「ほんと、あんたには脱帽だよ。
 ほんと、桜子は女策士だよね。」


「それ、誉め言葉です?」
「はいはい、誉め言葉だよ。」


某日、優紀は、三条邸へ


優紀は、桜子のお祖母様に気に入られ、
“お茶の先生を紹介してもらえて、お茶を習いに行ける事になった。"と、喜んで、つくしにラインを入れて来た。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。