tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…<総優>  5.


英徳大学内のF4ラウンジにて  F4&T2、集結


つくしと桜子は向かい合って座って、
「桜子、優紀から、“お礼を言って於いて”って、ラインが来たわよ。
 ほんと、あんたって、策士だよねぇ~?」
「先輩、“策士、策士”って、煩いですよぉ~。
 先輩に出来るんでしたら、お任せしますけど…。」
「出来ない事、分かってて、言ってるでしょ?」
「ええ、勿論ですわ。」
「はぁ~??  あんたは?」


そこで司がつくしの隣に座り、
「う~ん、何の話しだ?」


「あっ、話す場所、間違えた?」
「先輩、もう、遅いですわ。」


「桜子、あんたねぇ~、分かってて、答えたでしょ?」


「松岡の事?」
「花沢類‼   
 そこ、掘り下げる所じゃないから。」


「牧野、俺に気を遣うな。
 その方が、辛いわ。」


「だよね、ごめんね。」


「で、何の話しだ?」
「優紀さんに精神安定剤をご紹介致しましたの。」


「何だよ、精神安定剤って。」


「西門さん、そのうち、私に、お礼を言う時が来ますわ。」
「はぁ~??
 一生、お前に礼なんか言うかぁ‼」


「あら、そんな事、仰って大丈夫でしょうか?」


「桜子、刺激し過ぎ。
 まあ、優紀、次第じゃないかな?」




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。