tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…<総優>  6.


優紀が、お茶を習いに行くようになって、早3ケ月が経った。
その間、総二郎と優紀は、一切、会っていない。


総二郎は、優紀欠乏症になった様で、大学もさぼりがち、仕事も失敗続きになっていた。
総二郎の腑抜けた姿を見たF3は、見てはいけないものを見た気分になっていた。


F3&T2は道明寺邸に居た。


「西門さん、大丈夫なの?」
「あれは、再起不能だな。」
「だから、俺が言ったじゃん‼」
「花沢類‼  
 そういう問題じゃないから‼」


「西門さん、どうなさるおつもりでしょうか?」
「親父が言うには、“使い者にならない。”って、家元が言ってたらしいよ。」
「家元があきらの親父さんに言うくらいだから、相当、酷いんだろうな。」
「来週、茶会が有るらしいんだけどよ、今のままなら、使い者にならないから、連れて行
 かないかもな。」


「相当、ヤバいだろうな。」
「西門家、始まって以来じゃないか?」
「そうだろうな。」


「あっ、優紀から、ラインが来た。」


『つくし、この前は、ごめんね。
 騒がせて。』
『急に、どうしたの?』
『ママから…ね、“お祝いを届けて”って、頼まれたの。
 今日、空いてる?』
『うん、でも良いの?
 おばさんに迷惑掛けたよね?』
『ママ、喜んでたわよ。
 大した品じゃないと、思うけど…ね。』


『桜子も居るの。』
『ほんと、お礼が言いたいと、思っていたから、会えるなら、嬉しいな。』
『じゃあ、お邸で待ってるね。』
『うん。』


「先輩、優紀さん、何て?」
「今から、来るって。
 桜子もお邸に居るって、言って有るから、宜しくね。」


F3は小声で…


「総二郎、呼ぶか?
 元々、居た事にすれば大丈夫だろ?」
「無理あるだろ?
 総二郎が居るって分かれば、優紀ちゃん、帰っちまうんじゃないか?」
「そうだよな。⤵」
「直接は会えないけど、総二郎に影から見させるのはどう?」


類の提案にすんなり乗った。


司は総二郎にTELし、道明寺邸に来るよう促した。


「総二郎、うちの邸に松岡がつくしに会いに来るらしい。
 どうする?  来るか?」


「俺の顔見たら、帰っちまうだろ?
 だから、止めとく。
 でも、有難な。⤵」


「直接は会えなくても、陰から見るだけなら、大丈夫だろ?
 どうする?」
「行く、今すぐ行く⤴。」
「分かった、待ってる(笑)。」


総二郎の気分は浮上した。
“分かり易い奴だよな。”…皆、口に出しては言わないが、心の声は苦笑していた。


類とあきらは、“総二郎は司並みか?”と、見合わせて、顔は苦笑していた。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。