tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

忘れ欠けていた…<総優>  15.




総二郎は、高校の頃の自分自身(総二郎)の行いを忘れ欠けていた


否、総二郎が犯した優紀への行いだけを忘れ欠けていたと、言うべきか?



総二郎は、高校の頃の自分自身(総二郎)が、優紀に言ってしまった言葉を思い出していた。


“優紀ちゃんを仲間以上には見れねぇ。”と…言いながらも、総二郎は、優紀とは仲間で居続ける事も強要していた。


其れまでにも…、それ以外にも…。
総二郎は、優紀を遠避ける様な言葉や、態度、仕打ちをしていた事も思い出していた。


総二郎は、その当時、優紀に対しては、気持ちと行動が矛盾していた。
遠避け様としながらも、仲間で居続ける様に強要したり…。


まさか、この事が、過去の自分自身に寄って、現在の自分自身が苦しめられる結果に成ろうとは、総二郎とて、思ってもみなかったのであった。


また、過去の自分自身がした行いで、優紀の心と身体を傷付ける結果に成ろうとは、思ってもみなかったのであった。


だが、如何したら良いと言うのか?


今の自分自身(総二郎)の中で、優紀の存在が膨れ上がって来ていた。
もう、既に、総二郎は、優紀を諦め切れない所まで来ていた。



そう考えて居た時、つくしが、別室から出て来た。


「類っ‼
 優紀、泣きながら眠った。
 だから、今日は、私が就いてる。
 おば様に伝えて‼」
「了解‼
 ごめんな、宜しく頼むよ‼」


司は、つくしを置いて、邸に帰れないと判断して、主寝室に自分自身(司)も寝る事にした。


「俺も、居るし、何か有ったら、類に連絡するわ‼」
「うん、分かった‼」



総二郎は、3人の会話を唯、じーっと、聞いて居るだけだった。
だが、総二郎は、司とつくしに懇願した。


「なぁ、俺も居ちゃあ、いけねぇか?」
「西門さんが、如何して優紀の傍に居られるの?」
「牧野、俺は、優紀ちゃんを好きなんだ。
 いや、本当は、高校の頃から、好きという気持ちに蓋をしていただけだったんだ…。
 再会して、心の蓋が開いたらしい…。」
「だからって…、優紀の気持ちは?」
「俺は、一生、優紀ちゃんに償う。
 否、一生、優紀ちゃんだけを見詰めて生きて行く覚悟は出来てる。
 俺は、一生、優紀ちゃんを守るよ‼」


あきらと滋を除いたF2&T2は、信じられないで居た。


「「「「………」」」」


司は、総二郎に言って除けていた。


「なぁ、総二郎…。
 お前、高校の頃、俺が言った言葉、覚えてるか?」
「否ぁ~、色々有り過ぎて…⁉」
「だろうな⁉
 あのな、総二郎が俺に、“お前(司)は、一生、女一人で満足なんか?”って聞いて来た
 から、俺が、“俺は、一生、牧野一人で充分だっ‼”って言ったら、総二郎は、“俺には、
 その気持ちが分かんねぇ⁉”って言ったんだ‼
 思い出したか?」


総二郎は、その後、司に言われた言葉を思い出していた。


「ああ、思い出した。」
「じゃあ、あの後、俺が言った言葉は…?」
「ああ、思い出した。」
「何て、俺は総二郎に言った?」
「“そんな、遊びばっか遣ってると、後悔する時が来るぞ‼”だったか…?」
「ああ、覚えてるじゃねぇか?
 俺は、嘘は言ってねぇぞ‼
 あの頃の総二郎は、“有り得ねぇ‼”って言ってたけどな。」


総二郎は、優紀に関する全ての事を忘れ欠けていた事に気付いた。


優紀の事、全てを忘れて、心から排除して、心から、記憶から欠けさせていた。




心の中で、そんな自分自身(総二郎)の事を自分自身で、“ふざけんな‼”と、罵っていた総二郎だった。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。