tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…(続編)<総優>  11.


【恋人 編】


滋が楽しそうに提案して来た。


「じゃあさあ、うちの別荘に行かない?」
「それ良いですよね。
 あの、温泉が出る別荘ですよね?」


桜子は楽しそうである。


滋が話しを続けた。


「そうそう。
 実はね、メンテナンスが入っていたんだけど、丁度ね、終了したみたいだから行きたい
 なぁ~って、思っていた所だったの。」


桜子は乗り気である。


「それで行きましょ。
 今度の土日は如何ですか?」
「………」
「うん、大丈夫だよ。」


優紀は何も言えず、つくしは楽しみで仕方ない様子だった。


「勿論、先輩も優紀さんも、道明寺さんと西門さんには話ししたらダメですよ。
 身を隠す意味がなくなるんですから。
 それと、優紀さんは木曜日の夜くらいから、西門さんの連絡には応じないで下さい。
 それこそ、身を隠す意味が無くなりますからね。
 良いですね。」


桜子は優紀に諭した。


どっちが年上なんだ。← 誰の声?


「出た、女策士‼」


つくしは茶化した。


「先輩、分かってます?」
「うん。
 私には強~い味方が付いてるもん‼」
「「誰(ですか)??」」


つくしは力説‼


「お義母様とタマさん‼」
「そりゃあ、司に取っちゃあ、強敵だね(爆笑)。」
「でしょ‼」


つくしは、手を腰に、踏ん反り返る様に、“えっへん‼”、状態。


先輩が凄いんじゃないんですけど…と、言いたい、桜子であった。



滋が迎えに行く事を伝えた。


「じゃあ、お迎えは私が行くね。」
「「「宜しくお願いします。」」」



って事で、T4は週末土日に滋の別荘に出掛けた。


つくしは、楓とタマの協力により、司は週末土日(正確には金曜日の夜から)はNY出張へ。
また、タマの協力により、つくしは、偽装で邸に居るようになっていた。


優紀は、桜子の言付けを守り、木曜日の夜から総二郎との連絡を絶ち、会う事もしなかった。


桜子は、あきらに協力を求め、優紀の話しを全て聞かせ、総二郎から聞かれても、上手く誤魔化すように伝えた。
また、桜子は、お祖母様と行動を共にしているので、桜子自身、知らない事にしてもらった。
勿論、桜子は、あきらから、見返りを求められたのは言うまでもないが…。



T4は、T4女子会の別荘旅行は最高に楽しめたのは、言うまでもない。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。