tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…(続編)<総優>  1.

<好きなのに…<総優>の続編の1話を妄想出来ました。 UPします。 少し短めです
 が、すみません。 ご覧、頂ければ幸いです。  宜しくお願いします。>


【恋人 編】


総二郎と優紀は恋人として、付き合い出した。


毎日、何を言わなくてもTELで話しが出来、総二郎は毎日、優紀に『愛してる♥』と、言ってTELを切る。


ある日、TELを切った後、TELの向こうで、真っ赤で照れているで有ろう優紀が想像出来、総二郎まで照れている所に、突然、総二郎の部屋に入って来た、弟 巧三(たくみ)に見られて、言われた。


「兄さん、俺だったから良かったけれど、母さんだったら、嫌味の一つも言われている 
 よ。」
と、言われてしまった。


兄貴の威厳台無し…。


弟 巧三(たくみ)より、もう一言付け加えられた。


「あの、クールでカッコ良い兄さんは、何処へ行ってしまったの?
 今や、恋に現を抜かす腑抜けた男にしか見えないよ…。」


“お前…、それ以上、言うな‼”
と、言いたい処だけど、心の声として心の内で叫んで於いた。


弟に言われると、かなり堪えるよな…。



そんな、ある日の優紀の稽古の後、食事に行こうと、優紀と部屋を出ようしていたら、家元に総二郎と優紀は呼び出された。


家元の部屋に入って観ると、家元と家元夫人… 
所謂、親父とお袋が座っていた。


そして、 
「此方にお座りになって…。」
と、総二郎と優紀は、家元夫人 お袋から言われた。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。