tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

やっぱり、私は…<つかつく>  14.




<司side>


総二郎の様子が、ちょっと、険しく思うのは俺だけか?


あいつ等T4の話しを聞いて居るからだろうけど…な。


俺は、昨年の年末の大晦日パーティーの時に、F2から、総二郎の松岡に対する気持ちは、聞いて居た。


成人式のイベントは、一生に一度だ。
そのイベントに、好きな女の事をして遣りてぇと思うのは、当然な事だ‼


俺も、今から、西田を通じて、ババアに直談判するつもり出しよ。


まあ、ぜってぇ、捥ぎ取って見せるけど…よ。
つくしの成人式前後の休みを…。


じゃねぇと…よ。
放って置けるか…?


此の可愛い振袖姿で、成人式に出席するんだぜ‼


心配で、うかうか、仕事をして居られるかよ…。


だから、休みを捥ぎ取る為に…。
俺は、仕事を文句も言わず、遣って遣るつもりだよ‼



だからこそ、総二郎の気持ちも分かる。


同じ日本に居て、何も、松岡に手出しも出来ねぇと成ると…。
そりゃあ、気が気じゃねぇよな⁉


しかし、今の総二郎は、まだ、松岡とは、付き合っちゃ居ねぇ…。


付き合ってれば、滋の話しも蹴れるだろうけど…よ。
今の総二郎は、それを出来る立場にねぇ。


残念だけど…な。


まあ、頑張れや、総二郎‼




<椿side>


私は、実は、つくしちゃんのお支度の後に、つくしちゃんの振袖姿の写メを撮っていた。


記念写真は、成人式のお支度後に、お邸で撮る予定にして居る。


つくしちゃんには、まだ、内緒だけど…ね。


で、司にLINEを送った。


『ねぇ、司。
 今日のつくしちゃんの振袖姿の写メ、撮って有るんだけど…。
 要るっ⁉』
『おっ、姉ちゃん、気が利くな‼
 要るに決まってんだろ‼』
『じゃあ、その見返りは…?』
『はぁ~??』
『えっ、無いの?
 じゃあ、分かったわ。
 つくしちゃんがNYに居る間のつくしちゃんのお休みの日は、一日、私につくしちゃん
 を渡す事…‼
 如何、此れで決まりね‼』
『はぁ~??
 狡ぃぞ‼
 初めから、決めてただろ⁉』
『さあ、如何でしょうね?
 如何するの?
 写メが有ったら、つくしちゃんに会えなくても、つくしちゃんを拝めるんじゃない
 の?』




<司side>


俺は、姉ちゃんのLINEの内容に、“ああ~~、くそ~~‼”と、叫びたい心境だった。


『分~ったよ。
 それで、手を打つ。』
『分かれば、宜しい‼』


で、姉ちゃんから、速攻、LINEにつくしの画像が添付されて来た。


4~5枚は有るか。


速攻、保存した。
当り前ぇだけどな‼


画像からでも分かる。
あいつの可愛さが…‼


何で、そんな可愛く笑ってんだよ~。
俺が其処に居ねぇのに…よ。



“ぜってぇ、つくしの成人式は、野放しには出来ねぇ‼”と、思う、俺だった。


そして、ぜってぇ、つくしの成人式当日は、“俺も、一緒に写す‼”と、誓った俺だった。


本来、俺は、つくしと出会うまで、写真嫌いだったんだけどな。
愛する女とは、別物だな‼




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。