tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

やっぱり、私は…<総優>  4.




<総二郎side>


俺の言葉に優紀は、一瞬、驚愕した様な、眼差しを俺に向けてくれたんだけど…な。


そうは言っても、俺が優紀の耳元で話した言葉の後の、優紀の言葉は、俺にとって、強烈過ぎた。
否、ショック過ぎた。


俺は、如何すりゃあ、良いんだ⁉



「西門さん、もう、良いですか?
 滋さんと桜子さんのご一緒のお席に戻りますね⁉」


俺は、そう言って、席に戻ろうとして居る優紀を、唯、見詰めたままで居た。


「………」


俺は、何も応えられずに居た。



<優紀side>


西門さんは、何も応えてくれなかったので、私は、滋さんと桜子さんの居るテーブル席に移動した。


滋さんが、心配そうに、私に声を掛けてくれた。


「優紀、こっちに来て大丈夫なの?」
「はい、多分ですけど…⁉
 西門さん、何も、返事くれなかったんですけど…ね⁉」
「優紀さん、西門さんに何を仰ったんですか?」
「“此方に戻る。”と、だけ…。」
「其れだけですか?」


私は、言い難そうにしながらも、話ししていた。


「………実は…?」


私は、桜子さんから、話しする様に促されていた。


「西門さんは、優紀さんに何を仰ったんですか?」
「西門さんから、告白されてしまって…。」
「「………へぇ??」」


滋さんも、桜子さんも、声が上擦ってる…。
そんなに、吃驚する事、何だぁ~?



しかし、私は、尚も、話しを続けた。


「でも、私は、今までの西門さんを考えた時、如何しても信用出来ないって言うか?
 私は、高校生だった頃、西門さんから、拒絶される言葉を言われていたんです。
 『俺は、優紀ちゃんの事を、仲間以上には思えねぇ‼
  俺より、もっと、幸せにしてくれる奴を選んだ方が良いよ‼
  俺は、良い男だけど、良い奴じゃねぇから…。』って…。
 其れなのに、如何して、『あの時から、ずーっと、変わらず…好きだ‼』と、言えるの
 だろうか?と、疑ってしまったんです。
 『俺、優紀ちゃんの事、好きだから…。』と、言ってくれた西門さんの気持ちさえも、
 私は、疑いたくなったんです。
 やはり、“昔も今も変わらず、『プレイボーイ』は、健在なのだろうか?”と、如何して 
 も、疑ってしまうんです。
 だから、私は、あの日以来、極力、F4&T4の集まりには、参加しない様にしてきたん
 です。
 今のこの話しを、西門さんに伝えました。」


滋さんも、桜子さんも、驚愕して居る様子だった。


だから、私は、話しを続けた。


「だから、西門さんには、伝えて有ります。
 “此の旅行中の間、西門さんを拝見してからの返事で良いですか?”と…。」


滋さんも桜子さんも、我が事の様に、私を思ってくれて居る事が、ひしひしと感じられて、私は、嬉しかった。


「で、ニッシーは、如何、返事したの?」
「返事は、“ああ、分かった。”としか、貰って居ません。」
「そうとしか言える訳無いか…?
 自業自得だもんね。」
「ほんと、西門さん、何、遣ってらっしゃったんでしょうね?
 ご自身の気持ちを偽るだ何て…⁉」
「今頃、“ふざけんな‼”って、事だよ‼」
「そうですね?」


この話しは、取り敢えず、此処で終わった。



でも、滋さんと桜子さんは、顔を見合わせて、何か、合図し合って居る様に感じるんですが…⁉


“私の気のせいかも…⁉”と、思って居た時に…。


滋さんから、話しを変えて来た。



<少し、短めで、申し訳ありません。
 お詫びします。>




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。