tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

やっぱり、私は…<総優>  6.




<総二郎side>


俺は、T3の会話に聞き耳を立ててたので、気付かなかったが…。
類とあきらは、T3とは別のテーブル席に移動していた様で、俺を呼んでいた様子だった。
俺は、仕方なく其処に移動した。


あきらが口火を切って来た。


「総二郎、お前、優紀ちゃんに告白、出来たんか?」
「ああ。」
「で、返事は如何だったの?」
「ああ~??
 此の旅行中に判断するんだとよ⁉」
「何の??」
「俺が、あの時と、変わったか?」
「なあ、総二郎…。
 お前、優紀ちゃんにそう言わせるって事は、あの頃、何か優紀ちゃんに遣ったんか?」


思い出したくねぇっつーの‼


「まあ、色々、優紀ちゃんには、傷付けてきたからよ‼
 そう言われても、仕方ねぇんだよ‼」
「どんな事を遣って傷付けて来たの?」
「はぁ~??
 優紀ちゃんが、俺の前から去る様に、色々、傷付けて来たとは思うんだけどよ…⁉
 最終的に傷付けた言葉だとすれば…。
 『俺は、優紀ちゃんの事を、仲間以上には思えねぇ‼
  俺より、もっと、幸せにしてくれる奴を選んだ方が良いよ‼
  俺は、良い男だけど、良い奴じゃねぇから…。』って、言って、俺から優紀ちゃんを
 遠避ける様に、優紀ちゃんを拒絶したんだ。
 で、俺は、優紀ちゃんから、『プレイボーイ』の烙印を押されちまったって訳だ。」


で、類とあきらからは、呆れられる様な顔をされ、言葉を言われてる俺って…。


「総二郎、何遣ってんの?
 最低だね。」
「そりゃあ、自業自得だわ。」


俺だって、分かってるんだっつーの‼
今更だがな…。


「総二郎、何で、そんな事言ったの?」


俺は、溜息を付くしかなかった。


「はぁ~
 優紀ちゃんを『西門』の柵に放り込んで、傷付けるんじゃねぇかと思ったから…。
 あの頃の俺は、優紀ちゃんには、俺じゃねぇ方が良いんじゃねぇかと思ったんだよ。
 その癖、優紀ちゃんが、男と歩いてるのを見ると、苛付きが収まらねぇで、どんど
 ん、殻に籠ってしまったんだ。
 どんどん、深みに嵌まったって言った方がしっくり来るかもな⁉」
「何、遣ってんだか?」
「お前さ、それじゃあ、『司』、以下だろ?」
「はぁ~??
 それ、如何いう意味だよ?」
「司は、総二郎と同じ状況でも『道明寺』から逃げずに、ある意味、今でも、『道明寺』
 と、戦ってんだろ?
 でも、総二郎は『西門』から逃げた。
 逃げた結果が、此れじゃねぇのか?
 好きな女を、自分の懐に入れる事が出来た司と、好きな女からも逃げた総二郎…。
 結局、総二郎は、好きな女冴えも、懐に入る事が出来ず、如何でも良い女の尻ばっか、
 追い掛けてたって、様に成んねぇだろ?」
「所謂、総二郎は、どんなに松岡を振っても、総二郎が、松岡を受け入れれば、松岡は、
 総二郎の元に戻って来るとでも思った?」


類も、あきらも、言ってる事は、正しいよ。
けどな、今の俺には、滅茶苦茶、辛ぇんだよ…、その言葉は‼
もう少し、オブラートに包んで言ってくれても良いだろうよ⁉



だが、そうこうしてる間に、眠気が襲って来て、リクライニングチェアを倒して、ベッド状にして、俺は、眠りに入った。



朝、目覚めた時、あきらから言われた。


「総二郎、お前、涙流しながら寝てたぞ‼
 どんな、夢見てたんだ⁉」


言えっかよ⁉
幾ら、あきらでもな…。



俺は、夢の中で、優紀ちゃんが、俺の知らねぇ男と手を繋いで、俺に見せびらかす様に、言って来た。


『「西門さん、私に構わないで下さい。
  私、幸せに成ります‼」って…。


 俺に手を振って、俺の前から、去ったんだよ‼


 そりゃあ、辛ぇ、夢だろ⁉


 涙くれぇ、流すだろ…⁉
 今の傷心の俺だったらよ⁉


 もう、誰も、俺に構うな‼』


と、俺は、心の中で、叫んでいた。


様ぁねぇな‼



で、そうこうしてる間に、PJは、NYに着いて居た。


そして、そのまま、NYメープルに向かった俺等 F3&T3だった。



NYメープルに着いた俺等 F3&T3は、司が用意して於いてくれた部屋にそれぞれ、入った。


俺等 F3は、まあまあ、広いスウィートの中に有る個室3部屋が、俺等 F3の部屋だった。


年末年始という事で、それぞれ、各部屋までは、取れなかったらしい。
まあ、それでも、流石、司だよな。
何とか、部屋を取ってくれたらしい。


俺等 F3は、それぞれ、各部屋で各々で過ごす事にした。


俺は、何もする気が起きず、ベッドに仰向けで横に成っていた。



NYに着いてからも、T3は、ショッピングやら…、観光やら…、女磨き(?)やら…に、精を出している様子だったが…。


俺等 F3は、12月31日の大晦日パーティーまで、だらだらした時間を過ごして居た。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。