tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

慕情そして恋情…<つかつく>  11.




司は、イライラしていた。
つくしを幾ら、司の執務室に呼び出しても、一向に現れないのだ。


「西田、何故、牧野は執務室に来ない‼」
「先程、申し上げましたが…⁉
 お聞き下さってなかったのですか?」
「はぁ~??」


司は、苛付きの余り、西田の言葉を聞き逃していたのだ。
西田に、その事がバレると、“ヤバい‼”と思う、司だったのだ。


「本日は、牧野さんはお休みだそうです。」
はぁ~??
 俺がこれだけイライラしながら、仕事してるのに、あいつは

 何で、休んでんだ‼
「そんな大きな声で叫ばれなくとも、私は、十分、聞けておりますが…。」


司の苛付きは、頂点に達していた。


「うるせぇ~‼
 牧野を呼び戻せ‼」
「それは、ご無理というもの。」
「はぁ~??
 何故、無理なんだ?」


司は、貧乏揺すりをする程、イライラ度が頂点を突き抜けてしまっていた。


西田は、“そろそろ、限界か⁉”と、悟ったので有った。


「本日、牧野さんは、社長とご一緒に外出ですので…。」
「はぁ~??」


司のイライラは、限界の域を、更に、超えて来ていた。


西田は、仕方なく、楓に連絡を入れた。
丁度、翼のクラス参観が終了して、つくしと翼と一緒に、校舎の外に出て来た所に、西田からのTELが楓の下に入った。


“社長、司様の限界の域が超えた様でございます。”
「もう、越えたと言うの?
 ほんと、情けないわね…(笑)。
 今日は折角、つくしさんと翼と一緒にお食事でもと、思っていたのに…⁉
 堪え性の無い息子です事。
 仕方ないわね、つくしさんを戻すわ。
 西田も大変ね。」


“社長、何処か、楽しんでいらっしゃる節が有ると推測致しますが、私の思い間違いで
 しょうか?”と、西田は、思っていた。



西田とのTELを終えた楓は、つくしに伝えた。


「つくしさん、司が限界らしいわよ(笑)。
 つくしさんが執務室に現れないだけで、イライラして、仕事にならないそうよ。
 西田が大変みたいだから、戻って上げて頂戴。
 戻ったら、覚悟しなさいよ。
 司に離してもらえないかもね(笑)⁉」


楓は、大笑いしながら、つくしに告げていた。


“翼の前で言うセリフですか?
 楓社長、楽しんでらっしゃいません?”と、つくしは、思っていた。


「翼、今日は、私(わたくし)に付き合って頂戴。」
「ええっ‼
 今日のレッスンは、如何成るの?」
「いつも、頑張ってるから、お休みのご褒美を上げるわ。」


翼は、“祖母より、レッスンの方が良い‼”と、思って居た。
将来の夢を実現する為に…。


「えっ⁉」
「あら、その様子じゃあ、レッスンの方が良かったのかしら?」
「嫌、そうじゃないけど…⁉」
「怪しいわね。
 まあ、良いわ。
 取り敢えず、今日はお休みだから…。」
「了解‼」


こうして、つくしは会社に、楓と翼は食事をする為、メープルにと、それぞれ、別れて向かった。




楓は、翼を楓のキープしている部屋に連れて行き、ルームサービスを取って、部屋でゆっくり食事をした。


「翼、あれから、つくしさんに、何か、私(わたくし)の事を聞いたの?」
「母さんからは、一切、何も聞いてないよ。
 でも、進兄ちゃんからは、お祖母さんと会う前に聞いて居たかな。」
「進さんって、つくしさんの弟さんの事よね。
 進さんは、何て、私(わたくし)の事を仰ってたの?」
「『何故、父さんと母さんが、何度も別れては寄りを戻すを繰り返さなくてはいけなかっ
  たのか?』を説明してくれたよ。
 父さんに母さんの記憶がない理由も含めて…。
 その結果、お祖母さんが、『父さんをNYに連れて行った』って事とか…。」


楓は居た堪れないで居た。
楓は、話題を変えようと、翼に質問していた。


「翼は何故、進さんを『進兄ちゃん』と、呼んでいるの?」
「進兄ちゃんが中学3年の時に俺が生まれたらしくて、俺が喋れる様に成った時も、進兄
 ちゃんは、まだ、高校生だったんだ。
 だから、『叔父さん』は可哀想だからって、母さんが、『進兄ちゃん』って、呼ばせる
 様にしたみたい。
 俺が幼稚園の頃までは、本当のお兄ちゃんだと思ってたんだ。
 俺のお兄ちゃん代わりを何年もしてくれて、頼りに成る兄貴分だったから、今でも、偶
 に、LINEで遣り取りしてるんだ‼」
「そう。
 翼は牧野家からも愛されていたのね。」
「勿論だよ‼」 


翼は、笑顔で、楽しそうに、笑って見せた。
その翼の笑顔が、楓には、眩しかった。


また、牧野家から、翼が愛してもらえてた事への感謝と…。
また、翼の幼少期を愛して遣れなかった自分自身が辛かった。


本来なら、『道明寺家で育てるべき孫だったのに…。』と…。
翼の幼少期を知らない楓にとって、後悔しかなかった。


何故、あの時、司につくしの記憶がない事を喜んでしまったのか?



此れからは、『つくしさんと翼の幸せを祈って、尽くして行こう‼』と、決意を新たにした楓だった。





忘れ欠けていた…<総優>  19.




F4&T4会で集まる日、優紀を幼稚園に迎えに行って居た総二郎は、延長保育で子供を預けていたらしい更と偶然、幼稚園近くで会ってしまった。


「二郎、此処の所、幼稚園に来てるらしいじゃん。
 優紀ちゃんの事、諦めて無かったの?」


総二郎は、“はっ”と、していた。
更に言って於く事を忘れていたのだ。


「否、優紀と、付き合う事に成ったんだ‼」


更は、有りっ丈の声で、叫んでいた。


はぁ~??


総二郎は、耳を塞いでいた。


「うるせぇ~よ、更‼」
「これが、黙ってられる?
 何で、言ってくれないの?
 こんな、嬉しい事はないでしょ?
 優紀ちゃんが折れたって事だよね?」


息継ぎ無しに質問される事に、驚愕するしかなかった総二郎だった。


「そうだよ。
 優紀が、根負けしてくれたんだよ‼」
「そう、良かったじゃん‼」
「まあなぁ~‼」
「おめでとう‼」
「サンキュ‼
 更のお陰かも…な‼」
「私に一生、感謝して為さい、二郎‼」


総二郎は、幼馴染が更で良かったと、心の底から思って居た。


そして、更は、幼稚園に娘を迎えに行く為、幼稚園に入って行き、娘と一緒に帰って行った。


其れから、少ししたら、優紀が、出て来た。
そして、総二郎は、優紀をエスコートして、総二郎と優紀は総二郎の愛車に一緒に乗り、更に会って、更に話しした事を伝えた。


「そう、更先輩に話ししたんだ⁉」


総二郎は、更に伝えた事が、拙かったのかと不安に成り、優紀に尋ねていた。


「更に言った事、ダメだったのか?」
「ううん、そうじゃないけど…ね。
 一応、更先輩とは、今は、保護者と幼稚園教諭という、関係だからね。
 今は、先輩・後輩の間柄では付き合えないのよね。」
「でも、更は、スゲェ、喜んでたぞ‼」
「うん、有難いね。
 まだ、更先輩は先輩なんだろうね。」
「ああ、そう何だろうな。
 俺にとっても、幼馴染だしな。」
「うん。」


それ以上は、優紀は何も言わなくなった。


優紀は、何と無く、更に申し訳ないという気分に成って居たのだった。
優紀自身、何故、そんな気分に成るのかは、分からなかった。


未だに、優紀の心の中には、高校生の頃の3人(総二郎・優紀・更)の気持ちが交差しているのか?
其れとも、優紀の心の中には、未だに、高校生の頃の出来事が、蟠りとして残っているのか?


優紀自身にも何とも言えない気持ちが、優紀の心を占拠していたのだった。



そして、F4&T4会の有る、メープルのラウンジのVIPルームに着いた。


総二郎は、再度、F3&T3に詫びを入れた。


そして、今日は、心置きなく、皆、物思いに過ごしていた。


そして、総二郎は、アルコールをかなり摂取して、酔っ払った振りをして、“運転出来ねぇ。”って、理由を優紀に伝えて、メープルで泊まる事に成った。


初めから、総二郎はそのつもりで居たので、部屋を取っていた。


F3は、そんな事は、見透かしていたのだが、優紀は、総二郎の身体を気遣っていた。


「大丈夫ですか、西門さん?」
「ああ、大丈夫だ。
 優紀、部屋に連れて行ってくれるか?
 鍵を持って来てもらうから…。」
「はい、大丈夫ですよ。」


F3は、優紀が総二郎に嵌められて居る事を不憫に思って居た。
特に、従兄妹の類は、総二郎に呆れていた。


一方の優紀は、総二郎の餌食に成るとも知らずに、健気に、総二郎を介抱していた。
部屋に入って来た支配人から鍵を受け取った総二郎は、F3&T3へ詫びの言葉を掛けていた。


「悪ぃ、俺と優紀は、部屋に行くわ‼」


F3は、“良く遣るよ‼”と、思いながらも、総二郎に答えていた。


「「ああ。」」
「分かった。」


類は、従兄妹の優紀が不憫で、複雑な気分で居たのだった。



その後、総二郎と一緒に部屋に入った優紀は、総二郎が、酔っ払いの演技をしていた事を初めて理解した。


もう、遅いので有ったのだが…



優紀は、思っていたのであった。


“いい加減にして下さ~い。
 もう、二度と、騙されませんから~。”と…。



優紀には、優紀を巧に操る事の出来る総二郎を振り切る事は出来る筈無いのだが…。



“優紀(さん)、観念した方が楽だ(です)よ‼”と、思うつくしと桜子だった。




慕情そして恋情…<つかつく>  10.




司と対面する事に成ったつくしは、不安で仕方なかった。
拒絶される様な気がしていたからだ。



だが、司は、司自身で、何か、胸騒ぎがして仕方なかったのだ。


司は、この弁護士(つくし)には、司自身との間に何か有る様な気がして仕方なかったのだ。
司は勘だけで動く人種なのだ。
その司の勘が、“その弁護士(つくし)と会え‼”と言っているのだ。
“此れが会わずして如何する‼”と、思う司だった。



そして、つくしが執務室の前に現れた。


【コンコン】…西田がノックした。


「入れ‼」
「承知しました。」


西田がつくしを伴って司の執務室に入って来た。


つくしが司に挨拶をした。


「半年前より、法務部に配属になりました弁護士をしております牧野つくしと、申しま
 す。
 ご挨拶が遅くなりました事をお詫びします。
 宜しくお願い致します。」


つくしは、精一杯の笑顔で司を見詰めた。


西田が司の表情の違いに気付いた。
良い傾向だと西田は思っていた。
勿論、この事は楓に報告された。


当の司は、笑顔のつくしの大きな瞳に吸い込まれそうに成っていた。
司自身、つくしに瞳(め)が離せなく成っていた。


この時、既に、司は、心の中で、“ヤバっ‼”と、成っていたのだった。



司とつくしの話しが有る程度、終了したのを見計らって、つくしが退席しようとしていた。
それを、阻止するかの様に、つくしに仕事を頼む司だった。


そのつくしの仕事振りに舌を巻いていた司と西田だった。



それからは、事ある事に、つくしを司の執務室に呼び出す司だった。


司はつくしを好きに成ったのだ。
まだ、司自身、気付いて居ない様子だったが…。


だが、司は、つくしの行動が一々、気に成って仕方なかったのだ。
司は、気付き始めていた。
つくしを好きに成って居た司自身の事を…。



その内、周りにも、その司の行動が目立ち始めた。
職務にも影響し始めていた司だったのだ。



秘書課の女子社員は、いい迷惑と、つくしを引き留め、嫌がらせをし始めた。


その噂を耳にした司が、西田に調べる様、伝えた。
そして、誰がつくしに嫌がらせをしていたか分かった司は、どんなに秘書として有望でも、地方に飛ばした。
この話しに驚いたのが、秘書課の女子社員も含め、道明寺HDに勤める全ての女子社員だった。


司にとってつくしが如何いう立場の人間で有るのかを知ら占める結果に成った。


だからと言って、それでも尚、つくしの態度が、誰に対しても変わる事も無かったのだ。


それからは、誰も、つくしに嫌がらせをする人間は居なく成った。


その後、司は、誰に遠慮する事無く、つくしを司の執務室に呼び出す様に成って行ったのだ。


楓は、早速、つくし効果が司に現れて居る事をほくそ笑んでいた。



会長・社長が、司の行動を咎めない事から、社員の専らの噂は…。
つくしは道明寺HDにとって、如何いう立場の人間で有るのかと言う事だった。




そんな時、英徳学園 中等部で、“中学卒業前 中学最後のクラス参観が有る様だ。”と、タマから聞き付けた楓は、急遽、日本に帰国した。
そして、態々、一日、休日を取り、楓は、“翼のクラス参観を見に行く。”と、つくしに言って来たのだ。


此れには、つくしは目が点に成ってしまった。


そして、つくしにも、休日を取らせる様に、楓自ら手配した。


「つくしさん、法務部長に、一日、お休みにしてもらえる様、お話しして居るから、その
 日は、翼の学校終了後は、翼と一緒に、私(わたくし)に付き合って頂戴。」


またもや、呆気に取られるつくしだった。


そして、楓は、つくしと一緒に、英徳中等部のクラス参観に出向いたので有った。