tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく> 16.


<今回は、司も類もつくしも出て来ません。 ですが、後々、必要になって来る場面です
 ので、良かったら、お付き合い下さい。> 



【花沢つくし 編  16.】


総二郎、あきらが大学2年、優紀が大学1年、桜子が高校3年の時、以来、4人で遊ぶ事が多くなっていた。
あれから、何年か経ったある日の4人の集まりで、優紀と桜子の会話が総二郎とあきらの耳に入って来た。


「優紀さん、今も茶道、続けていらっしゃるのですか?」
「えっ‼
 うん、街のカルチャーセンターのような施設の茶道教室に通っているの。」
「それって、例のビルの中の教室ですよね?」
「うん。
 でも、どうして急に?」


「お祖母様に優紀さんの事、何気にお話ししていたら、『あの、可愛いお嬢さんなら、私
 (わたくし)が先生をご紹介致しますわよ。』って、言っていらしてね、『今度、お連
 れして…。』って、言われているんです。」
「えっ‼
 でも、ご迷惑じゃあ…。」
「お祖母様は楽しんでいるようですわ。
 優紀さん、また、お邸にいらして下さいね。」
「うん。
 有難う、桜子さん。」


女策士桜子、降臨‼


「おい、総二郎‼
 何回も呼んだんだけどなぁ、気付いてなかったんか?」
「悪ぃ、何だよ。  あきら。」


「お前、鏡で顔見て来いよ、酷ぇ顔してっぞ。
 お前、顔が歪んでいるぞ。」


「はぁ~??」


「優紀ちゃんの事、“好きです。”って、言ってるようなもんだぞ、その顔は。
 何で、俺に言って来ないんだよって、優紀ちゃんの顔を睨んでどうするよ?
 ちゃんと、優紀ちゃんに言葉で伝えろよ。」


「はぁ~⤵。」


「溜息付くなよ、総二郎。」


「あきら、自分に気付かない振りしていたのに、気付かすなよぅ~。
 気付いちまっただろ、どうしてくれんだよ?」


「あはははは‼  告白しろ‼」
「うるせ~よぉ、あきら‼」


総二郎は、帰り掛けていた優紀を追い掛けた。


「優紀ちゃん、俺、今日、車だから、送るよ。」
「えっ、大丈夫ですよ。」


「話ししたい事が有るんだよね。」
「そう何ですね。
 じゃあ、お願いします。」
「ああ(笑)。」


車の中…


「優紀ちゃん、今、付き合っている男(ヤツ)居るの?」
「今は居ませんけど…。」


「じゃあさあ、俺はどう?」
「えっ?
 西門さん、どういう意味ですか?」


はぁ~??  分かんないかな?
告白したのは、優紀ちゃんが初めてで、最後になると、思うんだけど…。


「分かんないかなぁ、俺と付き合わない?
 どうも俺、優紀ちゃんの事、好きになったみたい何だよね。」
「………」


「優紀ちゃん…?」


俺が断られる訳、無いわな。


「私で良いんですか?」
「勿論、優紀ちゃんが良いんだよ。」
「宜しくお願いします。」
「了解、宜しくされました。」


「えっ‼  うふふ…。」




好きなのに…<総優>  5.


英徳大学内のF4ラウンジにて  F4&T2、集結


つくしと桜子は向かい合って座って、
「桜子、優紀から、“お礼を言って於いて”って、ラインが来たわよ。
 ほんと、あんたって、策士だよねぇ~?」
「先輩、“策士、策士”って、煩いですよぉ~。
 先輩に出来るんでしたら、お任せしますけど…。」
「出来ない事、分かってて、言ってるでしょ?」
「ええ、勿論ですわ。」
「はぁ~??  あんたは?」


そこで司がつくしの隣に座り、
「う~ん、何の話しだ?」


「あっ、話す場所、間違えた?」
「先輩、もう、遅いですわ。」


「桜子、あんたねぇ~、分かってて、答えたでしょ?」


「松岡の事?」
「花沢類‼   
 そこ、掘り下げる所じゃないから。」


「牧野、俺に気を遣うな。
 その方が、辛いわ。」


「だよね、ごめんね。」


「で、何の話しだ?」
「優紀さんに精神安定剤をご紹介致しましたの。」


「何だよ、精神安定剤って。」


「西門さん、そのうち、私に、お礼を言う時が来ますわ。」
「はぁ~??
 一生、お前に礼なんか言うかぁ‼」


「あら、そんな事、仰って大丈夫でしょうか?」


「桜子、刺激し過ぎ。
 まあ、優紀、次第じゃないかな?」




もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく> 15.


【花沢つくし 編  15.】


つくしは22歳になった未だに、自身の記憶は戻っていない。


現在は、父親が経営している花沢物産で専務として、兄  類の副社長と共に邁進している。


今は、仕事が生き甲斐、結婚には全く興味が無かった。
恋人さえ作ろうとしない、そんなつくしを母 かすみは心配していた。


また、類も結婚には全く興味が無く、妹のつくしと、仕事をする事が生き甲斐になっていた。


そんな類を、“シスコン”と、揶揄する者まで現れた。


当の本人 類は何処吹く風ではあるのだが…。
類は類で、今を楽しんでいると、いう感じだった。


そんな、“シスコン”の類を心配した父親の孝は、類をフランス支社に転勤させることにした。


案の定、類のクレームが父親の孝に入ってきたが、フランス支社を任せられるのは類だけだと、説得して、3年の転勤を類に命じた。


つくしは、仲間に相談して、類の転勤パーティーと名を打って、パーティーの開催を仲間内で行った。


類は不満そうだったが…、妹のつくしは終始、ご満悦の様子だった。


つくし以外は、類の膨れっ面に終始、苦笑いだった。
そんな仲間を見ていた類は、より一層、不機嫌さを隠さずにいた。


それから、転勤後の3年間、類は一度も日本に帰国する事は無かった。




<15.も短いですが、この後から、展開が変わっていくので、此処で一旦、切らせて頂 
 き、明日以降、投稿します。  宜しくお願いします。>