tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

カナダ旅行…(もしも類とつくしが兄妹だったら…(家族編))後編①





【道明寺つくし 編  <つかつく>・<総優>・<あき桜>・<類静>】


4組の夫婦がそれぞれ分かれて、各々に散らばり、夫婦の会話になっていた。



<つかつくside>
司は、感慨深げに話しし出した。


「この別荘って、言えば、お前の雪山遭難事件だよな。」
「ほんとだね…。
 あの時、司に助け出してもらえてなかったら、私はこの世には居なかっただろうね。」
「ああ、それは間違いないな。
 あの時の俺にお前、グッと来たのは間違いなかっただろ?」


つくしは、ずーっと、聞きたかった事を、今、聞いて於こうと、思っていた。


「………。
 ねぇ、聞きたい事が有るんだけど?」


グッと来てなかったのかよぅ~⤵。』と、司は不貞腐れ気味だった。


「ああ、何だ。」
「此処の別荘で、あの時、花火を打ち上げてくれたじゃない。
 『NEW YEAR 花火』の打ち上がってた間、私に何、言ってくれていたの?」
「はぁ~??
 お前、聞こえて無かったってか?
 道理で、その後のお前の対応が不思議だったんだよな。
 此れで、合点がいったよ⤵。」
「ごめん‼
 それで、何て言っていたの?」
「お前の事が、“好きだ。”って、叫んだんだ‼
 今更だけどな。
 お前はもう、俺の事、好きで居てくれてんだし。」
「そうだったのか…。
 ほんと、ごめん…ねぇ‼」
「あぁ? 
 もう良いよ⤴。」


つくしは、また、一つ、高校生の頃のつくしの鈍感さを自覚してしまったので有った。




<総優side>
総二郎はこの別荘に来て、自分自身の優紀に対する気持ちが何時から始まっていたのか思い出していた。


総二郎は何と無く分かっていたが聞いてみた。


「なあ、優紀。
 お前なぁ、俺の事、何時頃から好きになってくれたんだ?」
「えっ??
 今更じゃないの?」
「良いじゃんか、聞かしてよ?」


優紀は、総二郎は気付いて居たと、思っていたので不思議がりながら言った。


「私が歩道で蹲って泣いていた後、(西門)邸に連れて行ってくれて、お茶を点ててくれ
 たでしょ。
 あの時辺りかな?」


だろうなと、総二郎は思っていた。


「やっぱり、そうか?」


分かっているのに言わせて…と、不貞腐れそうに成る優紀だった。


「分かってたの?」
「う~ん、何と無く、察知するだろ、普通…。
 俺は、やっぱり、此処かもな?」


うっそ‼”と、叫びそうに成る優紀だった。


「えっ??
 そんな素振り無かったじゃない?」
「否、そうじゃなくて…。
 気付かない内ってやつだよ。
 つくしちゃんの遭難事件の時の優紀の不安な顔に、グッと、来てたのは、今思えば、
 確かだしな…。」
「………」


「今思えば、此処から始まってたのかもな、優紀への気持ちは…。
 優紀にのめり込まない様に努力する余り、自分自身で気付かない振りしてたのかも
 な。」
「………」


「今頃、気付いても遅いか?」
「そんな事無いよ。
 気付いてくれて、話してくれて、嬉しいよ。」


また、一つ、夫婦の絆を深めた総二郎と優紀で有った。





好きに成ってしまった訳…<あき桜>  17.




<桜子side>


F4ラウンジに向かおうとしている時に、先輩と、ばったり会ってしまった。


そして、その時に、聞かれてしまった。


「ねぇ、桜子。
 美作さんに対する気持ちは無いの?」


そんな事、有る訳、無い。
唯、如何、切り出せば良いか分からないだけ…⤵。


「美作さんの事、好きに成ったみたいです。
 でも、如何、切り出せば良いのか苦慮しているんです。」
「じゃあ、丁度、良いんじゃない?
 滋さんから入っている『T4LINE』を活用すれば…?」


私は首を傾げて、『如何いう意味?』と、言わんとばかりに、私は怪訝な態度をして見せた。


「だからね、滋さんから入っている『T4LINE』の内容を私と桜子で話ししている振りを
 してF4に聞かせて、其処から、桜子の気持ちを伝えたら如何?
 その方が私も司に聞かせられるし、もし、優紀が西門さんに言いにくくても、西門さん
 にも聞いてもらえてる訳だから、一石二鳥どころか三鳥くらいに成るんじゃない?」


先輩にしては、良いアイデアじゃないですか?


上手く行けば…、ですがね⤵。


「遣って見ますか?
 宜しくお願いします‼」
「私から、話しを切り出すからね⤴。」
「了解しました。」



で、F4ラウンジに入る成り、先輩から話しが切り出された。



そして、美作さんと私はお付き合いする事に成った。


滋さんに聞かせる為、“『T4LINE』で、発表したら…?”と、先輩に言われた私は意を決してLINEに入れてみた。


滋さんの発狂が目に見えるようだ。


『報告があります。
 私、桜子は美作さんとお付き合いする事になりました。』


直ぐ、先輩と優紀さんから返信が入った。
多分、先輩から優紀さんには、既に、連絡は行っていたんだと思う。


先輩からは…
『おめでとう‼ 
 良かったね‼』


優紀さんからは…
『おめでとうございます‼
 素直に成れて良かったね‼』


と、返信が入った。



唯一人、伝えて無かったと言うのも有るのだろうが、やっぱり、発狂されてしまった。


『桜子、如何いう事よ?
 つくしも優紀も知っていたって事?
 滋ちゃんだけが知らなかったの?
 桜子には彼氏が居ないって、安心して居たのに…。』


かなりの怒りっ振り‼


まあ、当分、大変だろうな?
取り敢えず、美作さんにも伝えて於いた方が良いかも…⤵。
滋さんの攻撃は、美作さんにも向かうと思うから…⤵。


はぁ~⤵。
溜息しか出ないわ‼


で、次の日、私は、F4ラウンジに居る時に美作さんに昨日のLINEの事を伝えた。





カナダ旅行…(もしも類とつくしが兄妹だったら…(家族編))中編





【道明寺つくし 編  <つかつく>・<総優>・<あき桜>・<類静>】


T3&静&子供達には内緒で、子供達の夏休みにF4プレゼンツ家族旅行に連れて来られたT3&静は怪訝さが否めなかった。
特に、つくしと桜子だったが…。


勿論、飛行機は道明寺家所有プライベートジェット。
子供達は燥いで大騒ぎ…。
プライベートルームで遊んでいた。


大人たちは…?
F4は、テーブルを挟んで4人で酒を酌み交わし、T3&静はF4の様子を頻りに窺っていた。


「絶対、怪しいですよ。」
「何か、隠してるのよ。」
「でも、まあ、子供達も喜んでいるし…。」
「静お姉様は如何思います?」
「何か、有るとは思うけど…。
 折角、あの4人が考えて連れて来てくれたんだし、楽しんで上げましょ‼」
「そうかぁ~、そうかもね‼
 折角だし、そうしよう‼」
「「了解(しました)‼」」


T3は大人な静の思いに賛同して、折角なので、楽しむ事にした。
でも、まさか、その場に着いて見て、T3は唖然としたのは言うまでもない。
まさかの、カナダの道明寺家所有の別荘とは…。
特に、桜子は『前途多難』と、思うしかなかった。



F4は、昼間は子供達とスキーで遊び捲り、楽しませて遣り、疲れ果てて、朝まで寝させる作戦に出た。
子供達は、健は小学6年、翼・蘭・仁・優一郎・つよし・やすしのF6は小学3年、翔・すみれは小学1年、光紀は幼稚舎年長に成ったので、遊ばせ甲斐が有り、F4親達も其れ成りに楽しんでいた。


T3&静は着くなり、4人で温泉に入ったり、寛いだりと、普段の子育てから解放され、ゆったりと時間を過ごしていた。
T3&静は、この後のF4の企み等、露程にも思いもしていなかった。


遊び捲った後、F4と子供達は温泉に入り、ディナーの後、遊び疲れた子供達は、それぞれの部屋に入り、寝てしまった。


この後は、大人の時間…。
F4&T3&静は、リビングルームでソファーに座りながら、ゆったりと時間を過ごしていた。


つくしが口火を切った。


「この別荘をチョイスしたのは誰?」
「誰って、俺等『満場一致』しての事だけどな。」
「ちょっと、待って下さい‼
 それって、あきらさんも賛成したって事ですよね?」
「桜子、何怒ってんだぁ~?」


あきらは桜子の怒りっ振りに慌てていた。


「桜子…。
 それって、桜子の『黒歴史』の事?」


桜子は怪訝な顔になり、つくしを見た。


「先輩…‼」
「良いじゃん、皆、知ってんだし…。
 それに、過去の事じゃん‼」
「………」


「それに、もう一つ言う成れば、桜子は今では美作さんと幸せになったんだし、あの時
 が有ったから、私と桜子は親友に成れた。
 それに優紀共、親友に成れた訳でしょ‼
 違う、桜子?」
「………、それはそうですけど…。」
「もう良いじゃん‼」
「有難うございます、先輩‼」
「分かれば、宜しい‼」


司は皆が居てもお構いなしにつくしを背後から抱き締めて言った。


「流石、『俺のつくし』だけ有るよな。
 惚れ直したし…。」
「ちょっと、司、止めてって…。
 皆が見てるでしょ?」
「関係ない‼」
「………」


類はつくしを助ける意味で、兄貴として司をセイブする為、言っては見たものの、司には通用しないようだった。


「司、一応、つくしの兄貴と姉貴が見てる前なんだけど…。
 兄貴と姉貴が見てる前で、良く遣るよね、そう言う事…?」
「類と静が兄貴と姉貴の前に、俺は『つくしの夫』なんだ。
 夫が妻に何しようと、咎められる事はないだろ?」
「「………」」


類とつくしは、何も言えずに居た。