tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

bad love…<つかつく>  8.




パーティー終了後、F3は司とつくしを呼び出す事に成功していた。


その事に気付いた滋は、一緒に着いて来たのは言うまでも無かったが…。


F3は、滋まで着いて来て居る事には、驚愕していた。
滋は、そのF3の態度に、怪訝な顔付きに成っていた。


「私まで、着いて来た事は、そんな邪魔?」


F2は、滋の問いにタジタジで有った。


しかし、類は、序に、滋から大河原姉妹について話しを聞く事が出来るので、『一石二鳥だ』と、思っていた事は、言うまでも無かったが…。


「ねぇ、聞くけどさ、大河原姉妹って、本当に、姉妹なの?」
「はぁ~、それ、如何いう意味よ?」


滋は真っ赤な顔をして、類を睨み付けていた。


類は、飄々としているので、何の反応も見せないが…。


「血が繋がって居るのかを聞いてるんだけど…?」


一同、類を見て、驚愕していた。


特に、滋とつくしは顔を見合わせて、驚愕していた。


「ちょっと、其処の貴方、私達、姉妹の何を知っているのよ?
 今日、私達二人と貴方は、初めて会ったのよね?」
「そうだけど。
 でも、あんた等二人の血が繋がって居る様に見えないんだよね?
 如何なの?」
「「………」」


滋とつくしの二人は、何も応えられずに居た。


あきらが、滋とつくしに向かって話した。


「こいつ、類って言うんだけど、他人(ひと)を見抜く能力が有って、誰も見抜けない様
 な事でも、見抜けてしまうんだよね。
 だから、俺等の間では、類の言う事は、信用性が有んだ
 世間では、類は、『宇宙人』呼ばわりされているらしいけど…(笑)。」
「「………」」


更に、滋とつくしは驚愕するしかなかった。


滋が観念するかの様に、オフレコを条件に話す事にした。


「この事は、他言無用でお願いしたいんだけど…。」
「「「「了解‼」」」」


滋が、F4の了承を得れた事を条件に話し出した。


「私達は、確かに、血の繋がりは無いわ。
 でも、私達はもう、『姉妹』なの。
 一番下の弟を含めて、もう、『姉妹弟』なの。
 つくしと一番下の弟は本当の血の繋がった『姉弟』なの。
 私は、もう、つくしが居ないと、仕事が出来ない位、つくしに依存して居るの。
 だから、『道明寺司』に『つくし』を取られたく無い訳
 道明寺司、私の気持ち、分かる?」


つくしは、“はっ‼”と、していた。
進が言っていた以上のつくしに対する滋の依存振りに、驚愕するしかなかったつくしだった。


「言っとくけどな、道明寺HDと大河原グループは提携したんだよ。
 それに、俺とつくしの婚約成立も時間の問題だろ?
 つくしそうだよな?」
「つくし、お断りを入れるんじゃなかったの?」
「………」


司は、此処で、はっきりさせようと画策していた。


「つくし、如何なんだよ?」
「………」


つくしが固まったまま、喋れないで居るので、あきらが間に入って、その場を収めようとしていた。


「まあまあ、其処は、穏便に行こうぜ‼」
「部外者は、黙っててくれる?
 此れは、私とつくしの姉妹の問題なの。」
「はぁ~??
 何、言って遣がんだ。
 此れは、俺とつくしの問題だろ?」


類は、呆れてモノも言えない状態だった。


「ねぇ、一番は、本人の問題じゃないの?
 どっちを取るかじゃなくて、『本人が如何したいか?』って、事でしょ?
 余り、本人を焦らせ無い方が良いと思うけど…。」


司も滋も、類の言葉は、『御最も‼』と、思いながらも、何方しても、司にしても、滋にしても、何方も、相手が許せない様子だった。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。