tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく> 25.


【花沢つくし 編  25.】


優紀はそのまま、自宅マンション(総二郎の持ち物件)に戻って居た。
で、其処で総二郎に電話をした。


「総二郎さん、今、大丈夫ですか?」
「優紀か?
 優紀なら、何時でもOKだよ(笑)。⤴」


必然的に照れ出す優紀。
総二郎は見えなくても、赤く染まった優紀の顔が見えるようだと、にやける。
優紀の顔は既に真っ赤か。


「もう⤴‼」


優紀の慌て振りが目に見れるようで、総二郎もにやけていた。


「で、何だ‼」
「そうでした。
 大変な事になっているんです。」
「はぁ~、また、事件かよ。」


総二郎は何を言われても良いと、覚悟決めていた。


「まあ、事件…と、言う事です。」


「どうせ、滋絡みだろ。」
「えっ‼ 
 何で分かるんですか?」
「お前なぁ~、何年、ダチやっていると思ってるんだよ?」
「ですよね。」


「で、今度は何だ?
 ちょっとの事では驚かねぇよ。」
「えっと~、今、桜子さんが滋さんに追い掛けられています。」
「はぁ~?? 
 何で、そうなってるんだよ?」
「桜子さんが、ベロっと、小声で、“彼氏に会いたくなって来ましたぁ~。”って、滋さん  
 の前で言っちゃったんです。」
「はぁ??
 で、追い掛けられているってか?」


いい加減にしろよ、滋。
帰って来て早々、俺達を引っ掛け廻しているんじゃねぇよ。


「で?」
「で、私達も白状した方が身の為かもって…。」
「………」


じゃあ、今は、優紀は一人で居るってか?


「今、優紀は何処に居るんだよ?」
「ぼっーと、突っ立って待って居ても…と、思い、マンションに戻っています。」


ビビらすんじゃねぇよ。


「分かった。
 あきらに連絡して、また、電話するわ。」
「はい。」





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。