tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく> 29.


【花沢つくし 編  29.】


桜子は結局、時間が遅くなってしまった事も有り、夢子ママから、“今日は泊まって行ってぇ~。”との申し出を断り切れず、あきらの部屋に泊まる事になった。


あきらは桜子の策士振りは見抜いていた。


「お前なぁ~。」
「何ですか?」
「滋を刺激するのもいい加減にしろ‼
 どんだけ、俺と総二郎の肝が冷えたと思ってるんだぁ~‼」
「………」


更に、あきらは追及の手を緩めず、突っ込んだ。


「態とだよな‼
 俺とのTELの時も。」


桜子は素知らぬ振りで答えた。


「何の事でしょうか?」
「お前が逃げ回ってる時、俺のTELに出たよな?」
「………」


桜子は更に、素知らぬ振りを決め込んだ。


女策士桜子 降臨‼


「何が、“いや~ん”だよ‼
 態とだよな?」
「………」


あきらは限界の様で、更に、突っ込む。


「お前なぁ~、俺がどれだけヤバかったか、分かってんのか?
 今日は、楽しませてもらわないと、割に合わないよな?」
「………(首を傾げて見せながら)」


何ちゅう、可愛い顔で首だけ傾げてんだよぅ~‼
煽んな‼


「もう良い‼」
「きゃーー!!」


何が、“きゃーー”だ。
それこそ、態とだろうが…と、桜子に煽られても、煽られている事を楽しんでいるあきらなのであった。



夜はまだまだ長いあきらと桜子であった。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。