tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…<総優>

【プロローグ】


優紀はつくしを通じて、F4&T2と、知り合いになった。
仲間の集まりにも、優紀も参加するようになっていった。


総二郎は、総二郎の幼馴染で総二郎の初恋の相手 日向更の高校の茶道部の後輩 優紀が、総二郎に近付いて来た事を疎ましく思っていた。


そう思っていたのに…、何時の頃からだろうか、集まりに来なければ来ないで、“何故、来ない。 避けられているのか?” と、不貞腐れ、来たら来たで、態と無視をする態度を優紀に見せていた。


優紀は、“仲間”として、総二郎と接するので、周りには優紀の気持ちが見えない。
それがかえって、総二郎をイラつかせていた。


総二郎と優紀は、高校生の時に、一度だけ、男女の関係になった事が有った。
それ以来、総二郎は女遊びをしても、優紀の残像を探してしまい、上手くコトが運ばなくなっていった。
優紀はその情事さえも無かったかのような振る舞い、と、言うよりも、何も覚えていないような振る舞い。
優紀は、全く総二郎に近付いて来ないのだ。


優紀は、総二郎から高校生の頃に言われた言葉を覚えていたからの振る舞いだというのに、総二郎は自分が言った言葉を全く忘れているのだ。


「俺のテリトリーに勝手に入って来るな。」
「俺に近付くな。」
「俺はお前みたいな子が一番、嫌い、何だ。」


酷い言い草である。


全員、大学生になったF4&T4…。


優紀は、大学生になってから、聡明さを携えて、かなり綺麗になっていった。
しかも、女子大なのに、かなりモテているらしい。


総二郎は優紀を好きになっていく自分の気持ちに気付いても、どうする事も出来なくて…。


初めて、総二郎は女性に執着する姿をF3に見せ始めていた。





もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく>

【花沢つくし 編  6.】


つくしは4月から、花沢つくしとして英徳高校3年に復帰し、英徳学園では過去の“牧野つくし”としての件は、"一切漏らすな"と、緘口令が引かれたのは言うまでもない。
花沢家だけではなく、西門家、美作家に刃向かう者は、後が無いのは周知の事実。
"誰もが漏らすまい"と、躍起になっていた。


英徳学園内では、つくしは類の妹として認識され、つくしに近付く事がF3に近付ける近道として、つくしに近付こうと、躍起になる連中が男女問わず、増えたのは言うまでもない。
類を初め、F2&桜子がつくしに近付こうする連中達から阻止する為、常につくしの傍に居るようにしていた。


そんな事とは気付いていない、"鈍感つくし”は、何時も通り、人たらし継続中である。


「つくし、F4ラウンジに行くよ。」
「あっ、お兄様、迎えに来てくれたんだぁ~。」


「あの~、花沢様、私達(わたくしたち)、つくし様の友人ですの。
 私達もご一緒して、宜しかったでしょうか?」


猫撫で声で、類に訴えるリリーズ。
類にとって、鬱陶しい事、この上ない。


無視を決め込んでも離れようとはしない。
仕舞いには、つくしにまで、取り入れられようとする始末。
類に一喝され、やっと離れて行った。


“これからが、思い遣られるよ。”と、心の中でつくしに悪態を付く、兄 類であった。



<本日も文章の関係で、ここで一旦、切らせて頂き、UPします。>



もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく>

【花沢つくし 編  5.】


父さんは、母さんに全てを話しした。
母さんは涙を流しながら、話しを聞いていた。
俺は不思議な気分だった。


「あなた、ごめんなさい。」
「何故、君が謝る?」
「………、実は、私が千賀子さんを追い出したの。」
「どういう意味だ?」
「あなたにはお付き合いをしている大切な恋人が居る事を初めから分かっていたの。
 分かっていた上で、政略結婚に従ったの。
 あなたを愛していたから…。」
「………」


「あなたとの間に、赤ちゃんが授かったと知った時、嬉しくて神様に感謝したの。
 それなのに、あなたは千賀子さんとも続いていて、千賀子さんの傍から離れられない
 と、知った時、私は嫉妬に狂いそうになったの。」
「………」


「だから(千賀子さんがお人好しと知っていたので)、千賀子さんにあなたの前から姿を 
 消してって…頼んだの。
 その時に、“辞表を社長に渡して”と、頼まれて、辞表を預かったの。
 今思えば、多分、辞表を既に、用意していたのかもしれないわね。
 まさか、千賀子さんが妊娠していたなんて知らなかったから…。」


私は千賀子から見捨てられた訳では無かったのだ。
妊娠していた千賀子を苦しめていたのは、紛れもなくこの私だったのだ。
私は千賀子から見捨てられたと、自暴自棄になっていただけだったのだ。


「母さん、今でも後悔しているので有れば、つくしに償ったら…。」
「どういう意味?」
「つくしの認知を許して、つくしを花沢の娘として、つくしを花沢で引き取るんだよ。」
「………」


「それが出来なければ、何時まで経っても、お人好しの千賀子さんには顔向け出来ないだ
 ろうね、母さんはどうする?」
「類……。」
「………そうね、そうするべきよね。」


その後、父さんとつくしはDNA鑑定の結果、<親子関係…99.9%有り>と、認証され、つくしは実子として花沢家に認知される事になった。
正式につくしは俺の妹となった。


つくしが入院している病院に家族で見舞いに行き、記憶が無いつくしに、つくしは花沢家の娘であると、説明し、つくしは受け入れてくれた。


母さんは、つくしと接するうちに、つくしという人間性に惚れ込み、今では、母さんは血の繋がった俺よりもつくしと本当の親子になっている。
嫉妬している訳では無いが、変な気分だ。


母さんとつくしが受け入れ合ってくれた事でF2&T3には事の経緯を説明し、つくしが俺の妹である事を話した。


つくしの退院後、花沢邸にF2&T3が集まり、つくしと友人関係である事を説明し、仲間として、受け入れてもらえるよう、つくしを促した。