tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく>

【花沢つくし 編  11.】


NYに戻って来た楓は、夫である道明寺会長に事の経緯を話しした。
話しを聞いた道明寺会長 保は、幼馴染である親友の花沢孝(こう)に電話した。


「やあ、孝、久し振りだね。」
「ああ、保…か? 
 久し振りだったね。
 先日は忙しい中、楓さんにパーティーに出席してもらって悪かったね。」
「否、大丈夫だよ。」


「ところで、つくしさんが実子とは、どういう事、何だ?」 
「ああ、その件か?
 保に嘘を付いても仕方ないから、正直に話すよ。
 実はな、………………………と、言う事、何だよ。」


孝は、事の経緯を包み隠さず、全てを保に話しして聞かせた。


「そうだったのか。
 なら、孝に頼みが有るんだ。
 司を日本に帰国させようと、考えている。
 司がつくしさんに接する事を許しては、もらえないだろうか?」


「それは無理だな。  
 かすみも類も司君とつくしが会う事は良くは思っていない。
 それにさっき話ししたが、つくしには過去の記憶が無い。
 今、司君につくしが会えば、苦しむ事になるんじゃないかと危惧してしまう。
 子供の心配をする事は親の性だろ。
 悪いが、いくら親友の保の頼みでも、こればかりは聞けないな。」


「やっぱり、無理か?
 いくら頼んでもか?」


「楓さんの考えが変われば…、かすみにも類にも話ししようが有るだろうが…な。
 今の現段階では難しいだろうな。」




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。