tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく> 17.


<本日も、司・類・つくしは一切、出て来ません。  お話しの都合上、必要性があります。  宜しかったら、覗いてみて下さいませ。>



【花沢つくし 編  17.】


桜子は、知り合いとの待ち合わせの為、待って居た時、あきらに会ってしまい、思わず声を掛けてしまった。


「あっ、美作さん?」
「よっ、桜子…か?
 お前、こんな所で、何してんだぁ?」


「何って…、待ち合わせに来なかったんです、相手が⤵。」
「何…?
 桜子がドタキャンされたんか?
 度胸あんな、その男。」


「放って置いて下さいよ⤵。」


ほんと、人の傷口を広げるのが好きですよねぇ~、美作さんって。


(桜子…に、限ってだがな。  by あきら)


「じゃあ、俺と食事でも行くか?」
「美作さんも待ち合わせじゃなかったんですか?」


「俺は別れた後。」
「ふ~ん、そうですか?
 オモテになって成りよりです。」
「嫌味か?
 相手とは、今、別れて来た処だ。」


俺は女とは別れたんだつっーの‼


「えっ‼」
「悪ぃ…か?」
「いえいえ、悪くありません。」


「なぁ、桜子、前々から思っていたんだけどよぅ、俺達、付き合わないか?」
「えっ??」


一世一代の俺の告白を、“えっ”で、済ませるな、“えっ”で…⤵。


「何だよ。
 俺は桜子にとって、どう映る訳?」
「私の事、女策士とか、散々詰って於いて、どういう風の吹き回しですか?」


「俺も焼きが回って来たってとこか?」
「それ、どういう意味ですか?
 失礼ですよ。」


「冗談は置いといて………、本当の処、桜子にとって、俺は有りな訳?」
「有りと言えば、有りかも知れません。」


「じゃあ、俺達、付き合おうぜ。」
「別に、良いですけど…。」








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。