tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

慕情そして恋情…<つかつく>  19.





楓は、こんな日が来るとは思わずに居た。


つくしの本質を見ず、毛嫌いし、仕打ちし続けた。
それでも、司とつくしは、離れなかった。


そんな司が、つくしの記憶を失った事で、『やはり、司はつくしを必要としていない。』と、勝手に思い、司をNYに連れて行った。


そして、楓は、司の人格を変えてしまった。


楓は、自分のした事の罪深さに拉がれていた。


司を更生する事も、男にする事も、全てがつくしだった。


楓は、つくしに『完敗』と、自覚した。


漸く、楓は一人の親に成れたのだった。




つくしの病室の扉の向こうで楓とつくしの話しを聞いて居たのは、司と翼と椿だった。


司と翼と椿は、ディナーをしに、外に出ていたのだ。


楓とつくしの会話を聞いて居て、司は驚愕し、翼は微笑を浮かべ、椿は涙が出て止まらなかった。


楓とつくしが、分かり合えている。
つくしが高校生の頃の楓なら、考えられない事だ。


こんな日が来るとは思わなかった司と椿だった。


つくしが道明寺家を変えてくれたのだ。
椿はつくしに感謝しかなかった。


こんな日が永遠に続く事を椿は、心の中で祈っていた。




【コンコン】…其処で、司が扉をノックした。


「俺だ、入るぞ‼」
「はい、どうぞ。
 お帰りなさい。」


翼が急に、“皆が居る前で言いたい事が有る。”と、話し出した。


「父さん、母さん、お祖母さん‼
 聞いて欲しい話しが有るんだ‼
 俺、もう直ぐしたら、高校生に成るでしょ。
 まあ、父さんがNYに行った時と俺が行く事が有る場合とでは、理由が一緒って訳じゃ
 ないとは思うけど…。
 父さんは、高校卒業後、NYに行ったんだよね?
 じゃあ、俺も、高校卒業後、NYに行きたい‼
 進兄ちゃんには話しして居たんだけど…。
 実は俺、父さんの存在を知らない頃から、グローバルな仕事をして行きたいと、考えて
 居たんだ。
 今の俺の目標は、父さん‼
 お祖母さん、俺も鍛えて。
 父さんもお祖母さんが鍛えたんでしょ?」


楓と司は、苦笑いで有った。


楓は、翼なら、遣れるような気がしていた。
本質は、つくしだからだ。


道明寺家自慢の孫の『翼』。


楓は、涙を流しながら、翼の決断を喜んだ。


「お祖父さんにも伝えなければね。
 喜んで下さるわよ。」
「うん、お祖父さんとお祖母さんの二人で鍛えてよ。
 高校卒業までに、英才教育をしっかり勉強して於くから…。」


楓は、つくしに提案を伝えた。


「分かったわ。
 楽しみにしているわ。
 あっ、そうね。
 つくしさん、翼が長期休暇が入る度に、NYに来させると言うのは如何かしら?」


司は、司自身を外されて話しが進む事が許せずに居た。


「何で、俺に聞かねぇんだ?」


当然とでも言わんばかりに楓に言われてしまった司だった。


「司に言わなくても、つくしさんに伝えれば充分でしょ。」
「はぁ~??」


椿は、今の『司』と『道明寺』を根本から変えてくれたのは『つくし』。
椿は、成らば、当然の事だと思っていた。


「司、諦めなさい‼
 今や、お母様の重要人物はつくしちゃんなのよ。
 もはや、司、貴方は、道明寺家の働き蜂に成り下がっているのよ。
 今や、道明寺家の決定権は、司じゃなく、つくしちゃんよ‼」


司は、“息子の前だというのに…。”と、居た堪れないで居た。


「父さん、諦めな‼」


“息子にまで言われている俺って…。”


“今の道明寺家を支えているのは、俺だっつーの‼”と、思う司だった。


やはりの俺様、司様だった。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。