tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく>

<何度もごめんなさい。 引き続き不快な表現があります。 必要なシーンなので外す事 
 が出来なくて…。  不快にさせたら、すみません。>



【花沢つくし 編  3.】


「窺っても宜しいですか?
 仮に、その松村千賀子さんと私がお付き合いしていたとして、何故、この話しを私に聞
 かせに来られたのですか?」
「松村千賀子さんの娘さんの誕生日は、出生証明書に寄ると、○○年12月28日です。
 現在、17歳です。
 こちらで調べた年数で言うと、松村千賀子さんが姿を消された年数と娘さんの年齢が重
 なるようですが…?」
「………」
「松村千賀子さんが退職されたのは、娘さんを出産された同じ年の5月…で、宜しかった 
 ですよね?」


千賀子は、類が生まれた年の5月退職だったはずだから、間違いないだろう。


「その娘さんは今、何処に…?」
「現在、入院中です。」
「………」
「ある港で自殺未遂を起こしました。」
「………何故?」
「牧野夫妻と牧野夫妻の息子さんが交通事故で亡くなった事がショックだったのでしょ
 う、病院から失踪して…。」
「今は無事、何ですか?」
「現在、意識は回復したようですが、記憶の全てを失ってしまったようです。
 所謂、記憶喪失だそうです。」


「………この手紙と出生証明書を預かっても宜しかったですか?
 家族に話さなくてはいけないでしょうから。」
「構いません。
 話しが纏まり次第で結構ですので、こちらに連絡を貰えますか?」
「承知しました。」



「類を呼んで貰えるか?」
私は秘書に伝えた。



「父さん、何?
 態々、呼び出すなんて…。」


「………類、“牧野つくし”さんを知っているか?」


類に確認しなくても分かり切っている事では有るが、態と、類に確認した。
類の調査表によれば、類の思い人…。
藤堂静さん以外で、類を闇の世界から類を救い出してくれた娘…牧野つくし。



「何?
 牧野を探して、どうするの?」


「類、この手紙を読んでくれないか?」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。